樺山資紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
樺山 資紀
Kabayama Sukenori.jpg
生年月日 1837年12月9日天保8年11月2日
出生地 薩摩国鹿児島城加治屋町
没年月日 1922年大正11年)2月8日
死没地 日本の旗 日本 東京府
称号 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
従一位
大勲位菊花大綬章
功二級金鵄勲章
伯爵
親族 樺山愛輔(長男)

日本の旗 第14代 文部大臣
内閣 第2次山縣内閣
在任期間 1898年11月8日 - 1900年10月9日

日本の旗 第15代 内務大臣
内閣 第2次松方内閣
在任期間 1896年9月20日 - 1898年1月12日

日本の旗 初代 台湾総督
内閣 第2次伊藤内閣
在任期間 1895年5月10日 - 1896年6月2日

日本の旗 第4・5代 海軍大臣
内閣 第1次山縣内閣 (4)
第1次松方内閣 (5)
在任期間 1890年5月17日 - 1891年5月6日 (4)
在任期間 1891年5月6日 - 1892年8月8日 (5)
テンプレートを表示

樺山 資紀(かばやま すけのり、天保8年11月2日1837年12月9日) - 大正11年(1922年2月8日)は、日本武士薩摩藩士)、軍人政治家階級海軍大将栄典従一位大勲位功二級伯爵

警視総監(第3代)、海軍大臣(第45代)、海軍軍令部長(第6代)、台湾総督初代)、枢密顧問官内務大臣第15代)、文部大臣第14代)を歴任した。

経歴[編集]

薩摩国鹿児島城加治屋町二本松馬場(高見馬場方限)に薩摩藩士橋口与三次の三男に生まれ(実兄は寺田屋事件で死亡した橋口伝蔵)、覚之進と名づけられ育てられる。のちに同藩士、樺山四郎左衛門の養子となる。

薩英戦争戊辰戦争に従軍の後、明治4年(1871年)に陸軍少佐に任ぜられ、明治5年(1872年)より南清に出張、台湾出兵に従軍。西南戦争では熊本鎮台司令長官谷干城少将の下、同鎮台参謀長として熊本城を死守する。その後警視総監陸軍少将に昇進するが、海軍へ転じ、明治16年(1883年)に海軍大輔、同19年(1886年)には海軍次官となる。

国政では明治23年(1890年)から同25年(1892年)にかけての第1次山縣内閣第1次松方内閣海軍大臣をつとめる。第2回帝国議会1891年11月21日召集)において、政府提出の軍艦建造案が「海軍部内の腐敗が粛清されなければ予算は認められない」と否決されると激昂、「薩長政府トカ何政府トカ言ッテモ、今日国ノ此安寧ヲ保チ、四千万ノ生霊ニ関係セズ、安全ヲ保ッタト云フコトハ、誰ノ功カデアル。」と、薩長藩閥政府の正当性と民党の主張する「経費節減」「民力休養」を批判する趣旨の発言(いわゆる「蛮勇演説」)を行う。民党の反発により議場は騒然となり、予算は不成立となった。

日清戦争直前に海軍軍令部長に就任する。明治28年(1895年)に海軍大将に昇進する。同年5月10日、初代台湾総督に就任、台北に総督府を開庁する。

その後も枢密顧問官第2次松方内閣内務大臣第2次山縣内閣文部大臣を歴任した。なお、第2次松方内閣の内務大臣であった明治29年(1896年)11月12日、改正条約発効の準備のための改正条約施行準備委員会委員長に就任している。

明治38年(1905年)11月20日に後備役となり[1]、同43年(1910年)11月20日に退役した[2]

逸話[編集]

  • 日清戦争中、「西京丸」に乗艦した(連合艦隊司令長官伊東祐亨が慎重な性格であることを案じて督戦に行ったとされる)が、商船を改造した急ごしらえの艦船のため他の艦船より取り残され、の艦隊に狙い撃ちをされそうになった時、敵の旗艦へ突込み敵僚船が砲撃し難いようにし反転して逃げ切った(いわゆる「前退戦法」)。
  • 晩年に脳溢血で倒れ1週間意識が無くなった。当時かなりの高齢であるため、半ば諦めて皆が葬式の準備を始めたところ、むっくりと布団から身を起こしたという。この後遺症で右半身に少し麻痺が残ったが、(脳溢血が軽度であったため)リハビリもせず快復できたといわれる。

栄典[編集]


外国

親族[編集]

麹町区永田町にあった自邸はジョサイア・コンドル設計による洋館で、1930年串田孫一の父・萬蔵に売り、のちに吉田茂の手に渡り、その後参議院第二別館となった[10]

著作等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6719号、明治38年11月21日。
  2. ^ 『官報』第8227号、明治43年11月22日。
  3. ^ 『官報』第307号「授爵・叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年8月6日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第1433号「叙任及辞令」1917年5月14日。
  7. ^ 『官報』第1811号「叙任及辞令」1889年7月13日。
  8. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。
  9. ^ 『官報』第2703号「叙任及辞令」1892年7月2日。
  10. ^ 『白洲正子自伝』白洲正子、新潮社

外部リンク[編集]


公職
先代:
西郷従道
日本の旗 海軍大臣
第4・5代:1890年5月17日 - 1892年8月8日
次代:
仁礼景範
先代:
板垣退助
日本の旗 内務大臣
第15代:1896年9月20日 - 1898年1月12日
次代:
芳川顕正
先代:
犬養毅
日本の旗 文部大臣
第14代:1898年11月8日 - 1900年10月9日
次代:
松田正久
先代:
創設
日本の旗 台湾総督
初代:1895年5月10日 - 1896年6月2日
次代:
桂太郎
軍職
先代:
中牟田倉之助
Naval Ensign of Japan.svg 海軍軍令部長
第6代:1894年7月17日 - 1895年5月11日
次代:
伊東祐亨