樺山資紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
樺山 資紀
かばやま すけのり
Kabayama Sukenori.jpg
生年月日 1837年12月9日
天保8年11月12日
出生地 Flag of Japan (WFB 2000).svg 日本薩摩国鹿児島郡加治屋町
(現:鹿児島県鹿児島市加治屋町)
没年月日 (1922-02-08) 1922年2月8日(84歳没)
死没地 日本における郵船商船規則の旗 日本東京府
前職 武士薩摩藩士)
陸軍海軍軍人
称号 従一位
JPN Daikun'i kikkasho BAR.svg 大勲位菊花大綬章
JPN Kinshi-kunsho blank BAR.svg 功二級金鵄勲章
Imperial Japan-Navy-OF-9-collar.svg 海軍大将
伯爵
配偶者 樺山とも
子女 樺山愛輔(長男)
親族 橋口兼器(父)
橋口兼三(兄)
橋口伝蔵(兄)
白洲正子(孫)
樺山卓司(曾孫)

日本における郵船商船規則の旗 第14代 文部大臣
内閣 第2次山縣内閣
在任期間 1898年11月8日 - 1900年10月19日

日本における郵船商船規則の旗 第11代 内務大臣
内閣 第2次松方内閣
在任期間 1896年9月20日 - 1898年1月12日

日本における郵船商船規則の旗 第2代 海軍大臣
内閣 第1次山縣内閣
第1次松方内閣
在任期間 1890年5月17日 - 1892年8月8日

Seal of the Government-General of Taiwan.svg 初代 台湾総督
在任期間 1895年5月10日 - 1896年6月2日

Asahikage.svg 第3代 警視総監
在任期間 1881年1月14日 - 1883年12月13日
テンプレートを表示
樺山資紀の墓(染井霊園

樺山 資紀(かばやま すけのり、天保8年11月12日1837年12月9日) - 大正11年(1922年2月8日[1])は、日本海軍軍人政治家[2]階級海軍大将栄典従一位大勲位功二級伯爵薩摩藩士・真木家の三男、政治的な問題により樺山家の養子になる

警視総監(第3代)、海軍大臣(第2代)、海軍軍令部長(第6代)、台湾総督初代)、枢密顧問官内務大臣第15代)、文部大臣第14代)を歴任した。

生涯[編集]

薩摩国鹿児島城加治屋町二本松馬場(高見馬場方限)に薩摩藩士真木家の三男に生まれ、覚之進と名づけられ育てられる。のちに同藩士、樺山の養子となる。

薩英戦争戊辰戦争に従軍の後、明治4年(1871年)に陸軍少佐に任ぜられ、明治5年(1872年)より南清に出張、台湾出兵に従軍。西南戦争では熊本鎮台司令長官谷干城少将の下、同鎮台参謀長として熊本城を死守する。その後警視総監陸軍少将に昇進するが、海軍へ転じ、明治16年(1883年)に海軍大輔、同19年(1886年)には海軍次官となる。

国政では明治23年(1890年)から同25年(1892年)にかけての第1次山縣内閣第1次松方内閣海軍大臣をつとめる。第2回帝国議会1891年11月21日召集)において、政府提出の軍艦建造案が「海軍部内の腐敗が粛清されなければ予算は認められない」と否決されると激昂、「薩長政府トカ何政府トカ言ッテモ、今日国ノ此安寧ヲ保チ、四千万ノ生霊ニ関係セズ、安全ヲ保ッタト云フコトハ、誰ノ功カデアル。」と、薩長藩閥政府の正当性と民党の主張する「経費節減」「民力休養」を批判する趣旨の発言(いわゆる「蛮勇演説」)を行う。民党の反発により議場は騒然となり、予算は不成立となった。

日清戦争直前に海軍軍令部長に就任する。明治28年(1895年)に海軍大将に昇進する。同年5月10日、初代台湾総督に就任、台北に総督府を開庁する。

その後も枢密顧問官第2次松方内閣内務大臣第2次山縣内閣文部大臣を歴任した。なお、第2次松方内閣の内務大臣であった明治29年(1896年)11月12日、改正条約発効の準備のための改正条約施行準備委員会委員長に就任している。

明治38年(1905年)11月20日に後備役となり[3]、同43年(1910年)11月20日に退役した[4]大正11年2月8日薨去。享年84。

逸話[編集]

軍人名誉:樺山中将(安達吟光画、大英図書館所蔵)

樺山がまだ生家の姓を名乗り橋口覚之進だった頃、同じ薩摩藩の指宿藤次郎が見廻組に殺された。お付きだった若侍は逃げ出したが葬儀に列席すると、橋口に焼香を一番先にするよう促され、遺体に近づいたところ橋口に首をはねられた。薩摩に伝わる郷中教育では卑怯が最も嫌われるため、この行為は周囲も納得の振る舞いだった[5][6]

日清戦争中、「西京丸」に乗艦した[注釈 1]が、商船を改造した急ごしらえの船艇のため他の艦より取り残され、の艦隊に狙い撃ちをされそうになった。この時、敵の旗艦へ突込み敵僚船が砲撃し難いようにし反転して逃げ切った[注釈 2]

第2次松方内閣[注釈 3]時に、大東義徹犬養毅尾崎行雄らが、宮内庁の腐敗などを批判した雑誌『26世紀』の発行を停止させないように樺山に念押しをしに行った際、樺山は自分の首を叩きながら「これが飛んでも、発行停止などはしない、一度諸君に約束をした以上は、断じてそんなことはない」と言ったが[要出典]、結局、政府は同誌を発行禁止にした(26世紀事件)。これに関して尾崎が問い詰めたところ、樺山は言葉少なく申し開きのようなことをしただけだった[7]

晩年に脳溢血で倒れ1週間意識が無かった。当時かなりの高齢であるため、半ば諦めて皆が葬式の準備を始めたところ、むっくりと布団から身を起こしたという。この後遺症で右半身に少し麻痺が残ったが、(脳溢血が軽度であったため)リハビリもせず快復できたといわれる[要出典]。その後、食道癌を併発し、再び脳出血を起こした翌日に死去した[8]

日本統治時代の台北市には初代台湾総督の樺山に由来する樺山町があった[9]。なお、第二次世界大戦後に北京語で同じ発音の「華山」に改称されている[要出典]

麹町区永田町にあった自邸はジョサイア・コンドル設計による洋館で、1930年串田孫一の父・串田萬蔵に売り、のちに吉田茂の手に渡り、その後、参議院第二別館となった[10][11]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

著作等[編集]

  • 「朝鮮問題ニ対スル意見書」〈大久保利通関係文書(所蔵)〉、1875年(明治8年)12月、1綴、墨書。doi:10.11501/11444526、国立国会図書館近代デジタルライブラリー。
  • (差)文部卿河野敏鎌「音響速度測定ノ号砲連発ノ件」(受)大警視樺山資紀、1881年(明治14年)1月14日、東京大学文書館デジタル・アーカイブ、東京大学文書館。
  • 『英国ヨリ伊太利日記』明治20年12月25日〜明治21年2月28日(1887年–1888年)、1冊、鉛筆、doi:10.11501/11536558。〈樺山資紀関係文書〉、(その2)> 書類 > 日記。
  • 『樺山内相談話一斑』(東京:国民新聞社、1897年)聞き書き、近代デジタルライブラリーで閲覧可能。doi:10.11501/78298
  • (差)海軍大臣子爵樺山資紀『海軍技術士官養成ノ件ニ係ル約條書第九條更正』(受)文部大臣芳川顕正、1890年(明治23年)10月24日、東京大学文書館デジタル・アーカイブ、東京大学文書館。
  • 樺山資紀(台湾総督)『総督命令控』宛先 : 有地品之允(常備艦隊司令長官)、1綴、墨書、大本営罫紙、1895年(明治28年)5月23日、doi:10.11501/11898658。〈樺山資紀関係文書〉(その2)> 書類 > 日清戦争関係・台湾総督時代 > 電報・公信類。
  • 樺山資紀(台湾総督)『台湾及澎湖島戦病死者追悼祭挙行にあたり挨拶文』1綴、墨書、台湾総督府罫紙、1896年(明治29年)4月25日、doi:10.11501/11898753

〈樺山資紀関係文書〉(その2)> 書類 > 日清戦争関係・台湾総督時代 > その他。

  • 樺山資紀(鹿児島県人在京有志者総代)『島津忠重公の海軍兵学校入学に当り島津斉彬公の肖像贈呈の挨拶』1枚、墨書、1904年(明治37年)11月10日、doi:10.11501/11898823。〈樺山資紀関係文書〉(その2)> 書類 > 日清戦争関係・台湾総督時代 > 電報・公信類。

樺山資紀関係文書(その2)> 書類 > 鹿児島関係 > 島津家。

  • 樺山資紀(枢密顧問官)『転地療養願』宛先 : 桂太郎(内閣総理大臣侯爵)、1枚、墨書、1909年(明治42年)11月2日、doi:10.11501/11898302。〈樺山資紀関係文書〉(その2)> 書類 > 公務。
  • 樺山資紀『転地療養追願』宛先 : 桂太郎(内閣総理大臣)、1枚、墨書、1910年(明治43年)1月18日、doi:10.11501/11898764。〈樺山資紀関係文書〉(その2)> 書類 > 公務。
  • 華山(樺山資紀)(謄写)『甘藷翁銘 沿革』今藤宏(撰、鹿児島県十等官)、椎原国蕃(指宿郡宰)〈樺山資紀関係文書(その2)〉(書類 > 鹿児島関係 > その他、1910年(明治43年)3月20日(原典は1873年・明治6年5月)1綴、墨書。doi:10.11501/11898832、国立国会図書館。
    • 樺山 資紀『樺山資紀文書』私製、1990年。NCID BB14969470広瀬青邨文庫
  • 『樺山資紀書簡』宛先 : 牧野伸顕、1通、ペン、東京ステーションホテル用箋、〔大正〕12月7日、doi:10.11501/11898537。南洋の占領島、沿海州の件。〈樺山資紀関係文書(その2)〉書簡 > 第三者宛。
  • 華山(樺山資紀)『敗鶴翁出家称天也有自述詩五篇次韵賦贈』doi:10.11501/11899143。〈樺山資紀関係文書(その2)〉書類 > 詩歌。
  • 樺山資紀(篆額)『境域恢復紀念之碑(足立神社)』東角井福臣(謹書)、石田道三郎(撰文)、doi:10.11501/11899186。〈樺山資紀関係文書(その2)〉書類 > 書 > その他 > 図面。
  • 華山(樺山資紀)『十月課題(秋林独嘯、老馬、歳晩即事)』竹齋、向陽、松坡、2枚、墨書。doi:10.11501/11899131。〈樺山資紀関係文書(その2)〉書類 > 詩歌。
  • (差)式部長男爵三宮義胤『三十二年新年拝賀時刻及新年宴会ノ節酒饌方其他ノ件』(受)文部大臣伯爵樺山資紀、明治31年12月26日、東京大学文書館デジタル・アーカイブ、東京大学文書館。

、書写(自筆)、書写年不明[31]

参考文献[編集]

本文の典拠、主な執筆者の順。

  • 大植四郎 編 『明治過去帳』(新訂初版)東京美術、1971年、587頁。 (原著私家版1935年)
  • 伊佐秀雄「二 松隈内閣の下で」 『尾崎行雄』吉川弘文館〈人物叢書第48〉、1960年、105-108頁。doi:10.11501/2986622全国書誌番号:60009284  コマ番号0063.jp2-、公開範囲は国立国会図書館限定。
  • 白洲正子 『日本の伝統美を訪ねて』河出書房新社、2001年、214頁。 
  • 白洲正子「麹町区永田町一丁目十七番地」 『白洲正子自伝』新潮社、[要ページ番号]頁。 
  • 服部敏良 『事典有名人の死亡診断 近代編』吉川弘文館、2010年、96頁。 

関連資料[編集]

本文の典拠ではないもの。発行年順。

  • 太平洋戦争研究会「帝国海軍将官50人(伊東祐亨;樺山資紀;西郷従道;東郷平八郎 ほか)」『帝国海軍将官総覧』、ベストセラーズ〈ベストセラーシリーズ〉、2002年、「ワニの本」〈ベストセラーシリーズ〉、ISBN 4584010730NCID BA59393768
  • 岩石まさ男「樺山資紀 (連載) 」『台湾戯曲・脚本集』河原 功中島 利郎、国語普及の栞刊行会、田中 きわの、江間 常吉、臺灣總督府文教局社會課、台湾総督府情報部、皇民奉公会台北州支部健全娯楽指導班、皇民奉公会台北州支部芸能指導部、吉村 敏、幸田 青緑、佐々 成雄、長谷川 伸、緑蔭書房〈日本統治期台湾文学集成第1期 ; 10-14〉、2003年。NCID A61099967
  • 藤崎濟之助(原著)、林呈蓉(訳註)『樺山資紀蘇澳行』玉山社出版事業〈生活・台灣歴史 ; 4〉、2004年、ISBN 9867819969NCID BA91173242(中国語)
  • 藤崎 済之助、谷ケ城 秀吉(編集)『台湾全誌 : 樺山資紀』ゆまに書房〈植民地帝国人物叢書 ; 台湾編1〉、2008年、ISBN 9784843329412NCID BA86568139。復刻、初版は藤崎濟之助著, 中文館書店、1928年(昭和3年刊)。折り込図2枚。
  • 桧山 幸夫、西郷都督樺山總督記念事業出版委員會、落合 泰蔵『西郷都督と樺山総督 明治七年生蕃討伐回顧録』檜山幸夫(編・解説)、クレス出版〈台湾史研究叢書第2巻〉、2011年、ISBN 9784877336240NCID BB08112144。『西郷都督と樺山總督』(西郷都督樺山總督記念事業出版委員會著作兼発行 昭和11年刊)と『明治七年生蕃討伐囘顧録』(落合泰藏著作兼発行 大正9年刊)の複製。西郷都督と樺山総督と著者の肖像あり。折り込図2枚。
    • 「3 樺山資紀小傳」
    • 「5 西郷都督と樺山總督の記念事業實行經過」
    • 「資料篇(臺灣信報;處蕃提要(抄);樺山資紀臺灣記事;大久保利通日記(抄);處蕃趣旨書 ほか)」
  • 柏木一朗(編集・解題)「1 組織改正意見書 樺山資紀宛明治二四年五月 伊地知弘一」『兵政』伊藤博文(編纂)、檜山幸夫(総編集)、伊藤博文文書研究会、ゆまに書房〈伊藤博文文書 第96巻〉、2013年、ISBN 9784843326282NCID BB14165972宮内庁書陵部所蔵〈秘書類纂〉のうち影印復刻した『兵政』全4冊の1冊。
  • 一坂 太郎「第4章 戊辰戦争体験談(難戦苦闘の白河関—樺山資紀(戊辰当年三十一歳)ほか)」『語り継がれた西郷どん : 発掘! 維新スクラップブック』朝日新聞出版〈朝日新書655〉、2018年、ISBN 9784022737557NCID BB25611093

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 連合艦隊司令長官伊東祐亨が慎重な性格であることを案じて督戦に行ったとされる[要出典]
  2. ^ いわゆる「前退戦法」。
  3. ^ 第2次松方内閣の任期は、1896年(明治29年)9月18日–1898年(明治31年)1月12日)。

出典[編集]

  1. ^ 樺山資紀』 - コトバンク
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)「樺山資紀」の解説」
  3. ^ 『官報』第6719号、明治38年11月21日。
  4. ^ 『官報』第8227号、明治43年11月22日。
  5. ^ 白洲 2001, p. 214
  6. ^ レポート・郷中(ごじゅう)教育”. washimo-web.jp. 2022年6月21日閲覧。白洲による言及を紹介。
  7. ^ 尾崎 1960, pp. 105–108
  8. ^ 服部 2010, p. 96
  9. ^ 行政院中央大樓之使用歷程”. 行政院珍貴史料展示. 2016年9月9日閲覧。
  10. ^ 白洲, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  11. ^ 薩摩出身の海軍大臣として活躍。樺山資紀(かばやま すけのり)  1837-1922”. jinbutsukan.net. 麹町界隈わがまち人物館. 千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会. 2022年6月21日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 樺山資紀」 アジア歴史資料センター Ref.A06051174400 
  13. ^ 『官報』第180号「叙任」1884年2月7日。
  14. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  15. ^ 『官報』第2086号「叙任及辞令」1890年6月14日。
  16. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。
  17. ^ 『官報』第2855号「叙任及辞令」1922年2月9日。
  18. ^ 陸軍少将黒川通軌外六名勲二等ニ進叙」 アジア歴史資料センター Ref.A15110025500 
  19. ^ 『官報』第307号「授爵・叙任及辞令」1884年7月8日。
  20. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  21. ^ 『官報』第2398号「叙任及辞令」1891年6月29日。
  22. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年8月6日。
  23. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  24. ^ 『官報』第1433号「叙任及辞令」1917年5月14日。
  25. ^ 『官報』第2857号「叙任及辞令」1922年2月13日。
  26. ^ 『官報』第1811号「叙任及辞令」1889年7月13日。
  27. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。
  28. ^ 『官報』第2703号「叙任及辞令」1892年7月2日。
  29. ^ (大植 1971, p. 587)
  30. ^ 臺北市政府發言人室 (2007年12月17日). “東京都議員樺山卓司拜會郝市長,郝市長表示東京推動都市更新、水資源活化值得臺北市借鏡 (台語)” (中国語). 臺北市政府. 2018年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月20日閲覧。
  31. ^ 樺山資紀書簡 : 桂太郎宛”. www.wul.waseda.ac.jp. 早稲田大学図書館. 2022年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代
犬養毅
日本の旗 文部大臣
第14代:1898年11月8日 - 1900年10月9日
次代
松田正久
先代
板垣退助
日本の旗 内務大臣
第15代:1896年9月20日 - 1898年1月12日
次代
芳川顕正
先代
(新設)
日本の旗 台湾総督
初代:1895年5月10日 - 1896年6月2日
次代
桂太郎
先代
西郷従道
日本の旗 海軍大臣
第4・5代:1890年5月17日 - 1892年8月8日
次代
仁礼景範
先代
(新設)
日本の旗 海軍次官
1886年 - 1890年
次代
伊藤雋吉
先代
中牟田倉之助(→欠員)
日本の旗 海軍大輔
1883年 - 1886年
次代
(廃止)
軍職
先代
中牟田倉之助
Naval Ensign of Japan.svg 海軍軍令部長
第6代:1894年7月17日 - 1895年5月11日
次代
伊東祐亨
日本の爵位
先代
陞爵
伯爵
樺山(資紀)家初代
1895年 - 1922年
次代
樺山愛輔
先代
叙爵
子爵
樺山(資紀)家初代
1884年 - 1895年
次代
陞爵