樺山愛輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樺山愛輔
樺山愛輔

樺山 愛輔(かばやま あいすけ、慶応元年5月10日1865年6月3日) - 昭和28年(1953年10月21日)は、日本の実業家政治家伯爵

生涯[ソースを編集]

1865年薩摩藩士・樺山資紀の長男として鹿児島に生まれた。1878年米国に留学。1885年コネチカット州ウェズリアン大学に入学。[1]その後、1887年アマースト大学に編入。アマースト大学卒業後はドイツボン大学に学ぶ。実業界に入り、函館どつく日本製鋼所十五銀行などの役員を務める。1922年、父資紀(海軍大将、伯爵)の死後、爵位を襲爵した。1925年7月に貴族院議員に選任され、1946年6月まで務めた[2]1930年ロンドン海軍軍縮会議には随員として参加。太平洋戦争中は、近衛文麿原田熊雄吉田茂、盟友の松平恒雄などと連携していわゆる「ヨハンセングループ」の終戦工作に従事した。1946年枢密顧問官に就任。

20年以上の滞米経験から米国内に多くの知己を持ち、日米協会会長や国際文化振興会顧問、国際文化会館理事長、ロックフェラー財団などの国際的文化事業にも携わった。

栄典[ソースを編集]

家族[ソースを編集]

備考[ソースを編集]

壮年に至るまで政官界官職にキャリアを残していないが、鹿児島大百科事典(1981年)によれば、原因は体を壊したためとする。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Bronson Potts, David. Wesleyan University, 1831-1910: Collegiate Enterprise in New England. Yale University Press, 1992, p. 345.
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』25頁。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[ソースを編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク[ソースを編集]