白洲正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白洲 正子
誕生 (1910-01-07) 1910年1月7日
日本の旗 日本 東京府東京市麹町区
現:東京都千代田区
死没 (1998-12-26) 1998年12月26日(満88歳没)
日本の旗 日本 東京都千代田区
職業 随筆家
ジャンル 随筆
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

白洲 正子(しらす まさこ、1910年明治43年)1月7日 - 1998年平成10年)12月26日)は随筆家。 「白正子」は誤記。

経歴[編集]

人物[編集]

薩摩志士伯爵樺山家に生まれた自らの性質や、その出自を生涯を通じ強く意識(その事で夫次郎と口論となり張り手をしたこともあった)した。

幼少期より梅若流の能の舞台にあがり、に造詣が深く、青山二郎小林秀雄の薫陶を受け骨董を愛し、日本の美についての随筆を多く著す。梅原龍三郎や、晩年は護立の孫で元首相の細川護熙河合隼雄多田富雄等との交友もあった。また名人といわれた能楽師・友枝喜久夫の仕舞の会を自宅で開き、演芸研究者渡辺保も参加していた。 骨董収集家としても著名。収蔵品は武者小路公種の百人一首ほか数々の名品揃いである(愛蔵版「私の百人一首」に所収)。

姉に近藤泰子、夫は白洲次郎。長男は白洲春正、次男は白洲兼正、長女は牧山桂子。白洲信哉は孫で、兼正と小林秀雄の娘明子の子である。

白洲は世阿弥両性具有をライフワークとして多くの作品を著した。また、日本古典の再読、再評価によって後の研究者に影響を与えている[2]。白洲の作風は用語の定義など微妙な問題は曖昧にぼかす、論理的な根拠は示さずに直感で自己流の解釈を示す、厳密な解釈は避け結論は出さずに有耶無耶に終わるなど、あくまで評論家の作風であり学者の筆法とは異なる。これは白洲の作風の欠点でもあり、美点でもある[2]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『お能』昭和刊行会 1943/角川新書 1963/駸々堂出版(改訂版) 1974、新版1990
  • 『たしなみについて』雄鶏社新書 1948/河出書房新社 2013(改訂新書判)
  • 梅若実聞書』能樂書林 1951
  • 『私の藝術家訪問記』緑地社 1955
  • 『お能の見かた』東京創元社〈創元選書〉 1957
  • 『韋駄天夫人』ダヴィッド社 1957/平凡社ライブラリー 2007
  • 『きもの美 選ぶ眼・着る心』徳間書店 1962/光文社知恵の森文庫 2008
  • 『心に残る人々』講談社 1963/講談社文芸文庫 1996
  • 『能面』求龍堂 1963
  • 『世阿弥-花と幽玄の世界』宝文館出版 1964/講談社文芸文庫 1996
  • 『巡礼の旅 西国三十三ヶ所』淡交新社 1965
    • 『西国巡礼』駸々堂出版 1974/旺文社文庫 1985/風媒社 1997/講談社文芸文庫 1999 
  • 『栂尾高山寺 明恵上人講談社 1967
    • 『明恵上人』新潮選書 1974/講談社文芸文庫 1992/新潮社 1999 
  • 『古典の細道』新潮選書 1970、改版1997/講談社文芸文庫 1994/新潮社 2008
  • 『かくれ里』新潮社 1971、新版2010/講談社文芸文庫 1991
  • 『謡曲・平家物語紀行 歴史と文学の旅13・14』平凡社 1973
    • 『旅宿の花 謡曲平家物語』平凡社 1982/講談社文芸文庫 1998
  • 『ものを創る』読売新聞社 1973/新潮文庫 2013
  • 近江山河抄』駸々堂出版 1974、新版1983/講談社文芸文庫 1994
  • 十一面観音巡礼』新潮社 1975、新版2002、2010(愛蔵改訂版)/講談社文芸文庫 1992
  • 『私の百人一首』新潮選書 1976/新潮文庫 2005/新潮社(愛蔵改訂版) 2005
  • 『白洲正子が語る 能の物語 かたりべ草子6』平凡社 1984
    • 『能の物語』講談社文芸文庫 1995
  • 『道』新潮社 1979、新版2007/新潮文庫 2011、歴史紀行文
  • 『鶴川日記』文化出版局 1979/PHP研究所 2010、PHP文芸文庫 2012
  • 『日本のたくみ』新潮社 1981、新潮文庫 1985、改版1997
  • 『私の古寺巡礼』法蔵館〈法蔵選書〉 1982、新版1997/講談社文芸文庫 2000
  • 『縁あって』青土社 1982、新版1999/PHP研究所 2010、PHP文芸文庫 2012
  • 『花にもの思う春 白洲正子の新古今集平凡社 1985、平凡社ライブラリー 1997
  • 『木-なまえ・かたち・たくみ』住まいの図書館出版局 1987/平凡社ライブラリー 2000
  • 西行』新潮社 1988、新潮文庫 1996、改版2014
  • 『遊鬼 わが師わが友』新潮社 1989、新潮文庫 1998
  • 『いまなぜ青山二郎なのか』新潮社 1991、新潮文庫 1999
  • 『お能・老木の花』講談社文芸文庫 1993、再編本(能楽)
  • 『随筆集 夕顔』新潮社 1993、新潮文庫 1997
  • 『白洲正子自伝』新潮社 1994、新潮文庫 1999
  • 『風姿抄』世界文化社 1994 新版2009
  • 『日月抄』世界文化社 1995 新版2009
  • 『名人は危うきに遊ぶ』新潮社 1995、新潮文庫 1999
  • 『雨滴抄』世界文化社 1996 新版2009
  • 『風花抄』世界文化社 1996 新版2010
  • 『夢幻抄』世界文化社 1997 新版2010
  • 『両性具有の美』新潮社 1997、新潮文庫 2003
  • 『美しくなるにつれて若くなる』角川春樹事務所「ランティエ叢書」 1998、再編本(文庫判)
  • 『独楽抄』世界文化社 1998
  • 『行雲抄』世界文化社 1999
  • 『対座』世界文化社 2000-随筆・インタビュー・対話集25篇(図版多数)
  • 『舞終えて』ワイアンドエフ 2000
  • 『ほとけさま』ワイアンドエフ 2000
  • 『ひたごころ』ワイアンドエフ 2000
  • 『美は匠にあり』平凡社ライブラリー 2004、民藝論集
  • 『余韻を聞く』世界文化社 2006-手紙+随想(図版多数)
  • 『金平糖の味』新潮文庫 2010、再編本
  • 『美の遍歴』平凡社ライブラリー 2010、初期エッセイ集
  • 精選女性随筆集7 白洲正子』文藝春秋 2012、小池真理子
  • 『ほんもの 白洲次郎のことなど』新潮社 2014、新潮文庫 2016、再編本
  • 『なんでもないもの 白洲正子エッセイ集〈骨董〉』角川ソフィア文庫、2015、青柳恵介編
  • 『美しいもの 白洲正子エッセイ集〈美術〉』角川ソフィア文庫、2015、同上
  • 『かそけきもの 白洲正子エッセイ集〈祈り〉』角川ソフィア文庫 2015、同上

作品集[編集]

  • 『白洲正子著作集』 (全7巻) 青土社 1984-85
  • 『白洲正子全集』 (全14巻別巻1) 新潮社 2001-02 別巻は対話集

対談・共著[編集]

  • 『古都残影』駸々堂出版 1970、写真・浅野喜市 
  • 骨董夜話』平凡社 1975、新版1991。共著
  • 『古典夜話~けり子とかも子の対談集』 円地文子との対談、平凡社 1975、新潮文庫 2013
  • 『やきもの談義』 加藤唐九郎と対談、駸々堂出版 1976、風媒社 1997
  • 比叡山回峰行』駸々堂出版 1976、写真・後藤親郎
  • 『瀧』駸々堂出版 1977、写真・永瀬嘉平 
  • 世阿弥を歩く』権藤芳一共著、駸々堂出版 1978、写真・土村清治
  • 『魂の呼び声-能物語 名作文庫9』平凡社 1978、画・松野秀世
  • 『雪月花』神無書房 1991、写真・前田真三入江泰吉
  • 『老木の花 友枝喜久夫の能』求龍堂 1989、写真・吉越立雄、大倉舜二
  • 『姿 井上八千代友枝喜久夫渡辺保共著、求龍堂 1993
  • 『対話 「日本の文化」について』神無書房 1993
  • 『おとこ友達との会話』新潮社 1997、新潮文庫 2005、対談集
  • 『花日記』藤森武写真、世界文化社 1998
  • 『器つれづれ』藤森武写真、世界文化社 1999
  • 『衣匠美』藤森武写真、世界文化社 2000
  • 『白洲正子への手紙 二人が遺した文筺から』 田島隆夫(織師)との書簡、文化出版局 2000
  • 『日本の伝統美を訪ねて』河出書房新社 2001、河出文庫 2009、対談集
  • 『縁は異なもの』 河合隼雄との対談、河出書房新社 2001、光文社知恵の森文庫 2007
  • 『花供養』 多田富雄との対談、藤原書店 2009
  • 『魂の居場所を求めて』 前登志夫共著・対談、河出書房新社 2014

ビジュアルブック[編集]

  • 草づくし (とんぼの本)新潮社 1985、吉越立雄写真
  • お能の見方 (とんぼの本)新潮社 1993、改訂版2008、吉越立雄写真
  • 白洲正子 私の骨董 求龍堂 1995、藤森武写真
  • 白洲正子の世界 平凡社〈コロナ・ブックス〉 1997、写真・インタビュー
  • 日本の神々 (とんぼの本)新潮社 1998 
  • 白洲正子の旅 平凡社〈別冊太陽 日本のこころ〉 2000
  • 白洲正子の世界 二十一世紀への橋掛かり 平凡社〈別冊太陽〉 2000
  • 白洲正子 “ほんもの”の生活 (とんぼの本)新潮社 2001
  • 白洲正子美の種まく人 (とんぼの本)新潮社 2002
  • 白洲正子と楽しむ旅 (とんぼの本)新潮社 2003
  • 白洲正子と歩く京都 (とんぼの本)新潮社 2008。牧山桂子編
  • 白洲正子のすべて (和樂ムック)小学館 2008
  • 白洲正子 十一面観音の旅 平凡社〈別冊太陽 太陽の地図帖〉 2010。青柳恵介監修、奈良・大和路篇・京都・近江ほか篇の2冊
  • 白洲正子 祈りの道 (とんぼの本)新潮社 2010。白洲信哉編
  • 白洲正子のきもの (とんぼの本)新潮社 2012。牧山桂子・青柳恵介・八木健司編

伝記・評論[編集]

  • 『白洲正子を読む』求龍堂 1996、作家論集+対談
  • 『臨時増刊ユリイカ 白洲正子』 青土社、1999年2月号
  • 『白洲正子 文藝別冊』 河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉、2000年2月号/増補新版2014年8月号
  • 『いまなぜ白洲正子なのか』 川村二郎東京書籍、2008/新潮文庫、2011
  • 『次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家』 牧山桂子、新潮社 2007/新潮文庫、2009
  • 『武相荘のひとりごと』 牧山桂子、世界文化社 2012。※同社では姉妹篇を多数刊
  • 『白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人』 牧山桂子・青柳恵介・須藤孝光 新潮社、2008
  • 『白洲家の日々 娘婿が見た次郎と正子』 牧山圭男 新潮社、2012/新潮文庫、2015
  • 『かたじけなさに涙こぼるる 祈り 白洲正子が見た日本人の信心』 白洲信哉/写真・野呂希一、世界文化社、2010
  • 『白洲正子 ひたすら確かなものが見たい』 挾本佳代、平凡社、2013
  • 『白洲正子 日本文化と身体』 野村幸一郎、新典社選書、2014

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連人物

外部リンク[編集]