友枝喜久夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ともえだ きくお
友枝 喜久夫
死没 (1996-01-03) 1996年1月3日(87歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 喜多流シテ方能楽師
著名な実績 観世寿夫記念法政大学能楽賞受賞
熊本県近代文化功労者

友枝 喜久夫 (ともえだ きくお。1908年9月25日 - 1996年1月3日) は昭和期に活躍した喜多流能役者。特に三番目物を中心としてすぐれた境地を見せ、「最後の名人」の名をほしいままにした。

熊本県熊本市で、熊本藩お抱えの能役者の家に生まれる。済々黌卒業。父友枝為城及び喜多流十四世宗家喜多六平太に師事。老境に入って目を病み半ば失明状態となったため、1990年の『景清』を最後に能を舞うことはなかったが、最晩年まで仕舞によって舞台に立ちつづけた。

白洲正子随筆『老木の花』が有名。

長男が友枝昭世

関連書籍[編集]

  • 白洲正子著 吉越立雄大倉舜二撮影『老木の花 友枝喜久夫の能』求竜堂 1989
  • 白洲正子、渡辺保著 吉越立雄撮影『姿 井上八千代・友枝喜久夫』求竜堂 1993
  • 渡辺保『能のドラマツルギー 友枝喜久夫仕舞百番日記』角川書店 1995 のち文庫

DVD[編集]

  • 『能楽名演集 能「頼政」/能「弱法師」』NHKエンタープライズ 2006
  • 『能楽名演集 能「楊貴妃」/能「居囃子 草子洗小町」』NHKエンタープライズ 2009
  • 『能楽 世阿弥・観阿弥 名作集 「班女」』NHKエンタープライズ 2013

関連項目[編集]