多田富雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多田 富雄(ただ とみお、1934年3月31日 - 2010年4月21日)は、日本免疫学者、文筆家である。東京大学名誉教授。妻の多田式江は医師。大叔父に詩人多田不二がいる。

来歴・人物[編集]

茨城県結城市出身。旧制茨城県立水海道中学校(現・茨城県立水海道第一高等学校)・茨城県立結城第二高等学校を経て、千葉大学医学部進学、在学中に安藤元雄江藤淳らとともに同人雑誌『purete』に詩などを寄稿。千葉大学医学部第二病理学教室に勤務、1964年医学博士(千葉大学、題は「遷延感作ウサギにおける抗体産生の変貌」 。のち教授、1977年東京大学医学部教授、1995年定年退官、東京理科大学生命科学研究所所長。[1]1971年抑制(サプレッサー)T細胞を発見するなど免疫学者として優れた業績を残す(現在ではサプレッサーT細胞の存在には疑問符がつけられている)。野口英世記念医学賞、朝日賞1981年[2]文化功労者1984年)を受賞[1]瑞宝重光章2009年)。

50代になって執筆活動を多く行い始め、『免疫の意味論』(青土社1993年)で大佛次郎賞[1]、『独酌余滴』(朝日新聞社1999年)で日本エッセイスト・クラブ賞、『寡黙なる巨人』(集英社2007年)で小林秀雄賞を受賞。

の作者としても知られ、自ら小鼓を打つこともあった[1]謡曲作品に脳死の人を主題にした『無明の井』、朝鮮半島から強制連行された人を主題とした『望恨歌』、アインシュタインの相対性理論を主題とした『一石仙人』、広島の被爆を主題とした『原爆忌』がある。

2001年5月2日、滞在先の金沢にて脳梗塞を起こし、一命は取り留めたが声を失い、右半身不随となる。だが執筆意欲は衰えず、著作活動を続けた[1]。晩年まで文京区湯島に在住した。

2006年4月から厚生労働省が導入した「リハビリ日数期限」制度につき自らの境遇もふまえて「リハビリ患者を見捨てて寝たきりにする制度であり、平和な社会の否定である」と激しく批判し、反対運動を行った。2007年12月には『わたしのリハビリ闘争 最弱者の生存権は守られたか』(青土社)を刊行した。

2007年には親しい多くの知識人とともに「自然科学とリベラル・アーツを統合する会」を設立し、自ら代表を務めた。

2010年4月21日、前立腺癌による癌性胸膜炎のため死去[1]。76歳没。関連著作が、没する前後にはいくつか出版された。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『イタリアの旅から-科学者による美術紀行』(誠信書房、1992→新潮文庫、2012)
  • 『免疫の意味論』(青土社、1993)
  • 『ビルマの鳥の木』(日本経済新聞社、1995→新潮文庫、1998)
  • 『生命の意味論』(新潮社、1997)
  • 『独酌余滴』(朝日新聞社、1999→朝日文庫、2006)
  • 『私のガラクタ美術館』(朝日新聞社、2000)
  • 『免疫の「自己」と「非自己」の科学』(日本放送出版協会[NHKブックス]、2001)
  • 『脳の中の能舞台』(新潮社、2001)
  • 『懐かしい日々の想い』(朝日新聞社、2002)
    • 改題再編 『生命の木の下で』(新潮文庫、2009)
  • 『歌占 多田富雄全詩集』(藤原書店、2004)
  • 『能の見える風景』(藤原書店、2007)
  • 『寡黙なる巨人』(集英社、2007→集英社文庫、2010)
  • 『わたしのリハビリ闘争』(青土社、2007)
  • 『ダウンタウンに時は流れて』(集英社、2009)
    • 改題再編 『春楡の木陰で』(集英社文庫、2014)
  • 『落葉隻語 ことばのかたみ』(青土社、2010)
  • 『残夢整理 昭和の青春』(新潮社、2010→新潮文庫、2013)
  • 『寛容のメッセージ』(青土社、2013)

共著[編集]

  • 白洲正子を読む』(青柳恵介安土孝河合隼雄他、求龍堂、1996)
  • 『生命へのまなざし』(青土社、1996→新装版、2006)、対談集
  • 『免疫学個人授業』(南伸坊、新潮社、1997→新潮文庫、2001)
  • 『パラドックスとしての身体―免疫・病い・健康』TASC(たばこ総合研究センター) 編(河出書房新社 1997)
  • 『生命をめぐる対話』(大和書房、1999→ちくま文庫、2012)、対談集
  • 『人間の行方-二十世紀の一生、二十一世紀の一生』
    山折哲雄文藝春秋[文春ネスコ]、2000)
  • 『「私」はなぜ存在するか-脳・免疫・ゲノム』 (中村桂子養老孟司哲学書房、2000)
  • 『アポロンにしてディオニソス 橋岡久馬の能』 (写真森田拾史郎、アートダイジェスト、2000)
  • 『老いとは何か』 (福原義春対談、求龍堂、2001)
  • 『邂逅』(鶴見和子、藤原書店、2003)
  • 『懐かしい日々の対話』(大和書房、2006) 対談集
  • 『露の身ながら いのちへの対話 往復書簡』
     (柳澤桂子、集英社、2004→集英社文庫、2008)
  • 『言魂』(石牟礼道子 藤原書店、2008)
  • 『花供養』(白洲正子・笠井賢一編 藤原書店、2009)

編著[編集]

  • 今村仁司)『老いの様式』(誠信書房)
  • 河合隼雄)『生と死の様式』(誠信書房)
  • 中村雄二郎)『生命』(誠信書房)
  • 『あらすじで読む名作能50 ほたるの本』(監修、世界文化社、2005)
  • 『人間 日本の名随筆 別巻90』(作品社、1998)

監修[編集]

  • (萩原清文)『好きになる免疫学』(講談社、2001)

参考文献[編集]

  • 上田真理子 『脳梗塞からの再生 免疫学者・多田富雄の闘い』(文藝春秋、2010)
  • 現代思想 免疫の意味論 多田富雄の仕事』(2010年7月号、青土社
  • 『季刊環.42号 特集・多田富雄の世界』(2010年夏号、藤原書店
  • 『多田富雄のコスモロジー 科学と詩学の統合をめざして』(藤原書店編集部編、2016)

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]