多田不二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多田 不二(ただ ふじ、1893年12月15日1968年12月17日)は、日本詩人

略歴[編集]

茨城県出身。1919年東京帝国大学文学部心理学科卒。日本放送協会に勤務、松山支局長を務めた。室生犀星らの「感情」の同人となる。1917年詩話会結成に参加。20年「悩める森林」を発表。「帆船」を主宰し、第2詩集「夜の一部」を刊行したが次第に詩作から離れた[1]多田富雄の大叔父に当たる。

著書[編集]

  • 『悩める森林 多田不二詩集』感情詩社 1920
  • 『心理学と児童心理』(婦人知識叢書)実業之日本社 1924
  • 『夜の一部』(現代詩人叢書 新潮社 1926
  • 『多田不二著作集 詩編』潮流社 1997
  • 『多田不二著作集 児童文学・評論篇』潮流社 1998
  • 『神秘の詩の世界 多田不二詩文集』講談社文芸文庫 2000

脚注[編集]

[ヘルプ]