室生犀星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
室生 犀星
(むろう さいせい)
Saisei Muro 01.jpg
1948年撮影[注釈 1]
誕生 室生 照道
1889年8月1日
石川県の旗 石川県金沢市
死没 (1962-03-26) 1962年3月26日(72歳没)
東京都の旗 東京都港区虎ノ門
墓地 野田山墓地(石川県金沢市)
職業 詩人小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 長町高等小学校中退
活動期間 1913年 - 1962年
ジャンル 小説俳句随筆
主題 近代抒情詩
文学活動 理想主義
代表作 『愛の詩集』(1918年
『抒情小曲集』(1918年
性に目覚める頃』(1933年
あにいもうと』(1953年
杏っ子』(1957年
かげろうの日記遺文』(1958-59年
蜜のあはれ』(1959年
主な受賞歴 文芸懇話会賞(1935年
菊池寛賞1941年
読売文学賞1957年
毎日出版文化賞1959年
野間文芸賞1959年
配偶者 室生とみ子1895年 - 1959年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
室生犀星生誕地跡石碑(室生犀星記念館・金沢市)

室生 犀星(むろう さいせい、本名: 室生 照道〈てるみち〉、1889年明治22年〉8月1日 - 1962年昭和37年〉3月26日)は、日本詩人小説家。別号に「魚眠洞」、「魚生」、「殘花」、「照文」。石川県金沢市生まれ。別筆名に「秋本健之」。

姓の平仮名表記は、「むろう」が一般的であるが、犀星自身が「むろう」「むろお」の双方の署名を用いていたため、現在も表記が統一されていない。室生犀星記念館は「「むろお」を正式とするが、「むろお」への変更を強制するものではない」としている。[1][注釈 2]

経歴[編集]

1889年明治32年)、金沢市裏千日町に生まれる[2]加賀藩足軽頭だった小畠家の小畠弥左衛門吉種とその女中であるハルという名の女性の間に私生児として生まれた[注釈 3]。生後まもなく、生家近くの雨宝院(真言宗寺院)住職だった室生真乗の内縁の妻赤井ハツに引き取られ、ハツの私生児として照道の名で戸籍に登録された。住職の室生家に養子として入ったのは7歳のときであり、この際室生照道を名乗ることになった。私生児として生まれ、実の両親の顔を見ることもなく、生まれてすぐに養子に出されたことは犀星の生い立ちと文学に深い影響を与えた。「お前はオカンボ(を意味する金沢の方言)の子だ」と揶揄された犀星は、生みの母親についてのダブルバインド(二重束縛)を背負っていた。『犀星発句集』(1943年)に収められた

「夏の日の匹婦の腹に生まれけり」

との句は、犀星自身50歳を過ぎても、このダブルバインドを引きずっていたことを提示している。

1895年(明治28年)9月金沢市立野町尋常小学校入学。1896年(明治29年)2月室生真乗の養嗣子となる。1898年(明治31年)3月実父小畠吉種死去。このあと実母ハルは行方不明となる。1899年(明治32年)3月野町尋常小学校を卒業。1900年(明治33年)4月金沢高等小学校に入学。1902年(明治35年)長町高等小学校を3年で中退し[3][注釈 4]、義母の命令により[4]、義兄真道の勤務する金沢地方裁判所に給仕として就職[注釈 5]1903年(明治36年)頃より裁判所の上司に河越風骨[注釈 6]、赤倉錦風といった俳人があり手ほどきを受け[注釈 7]、文学書に親しみ始める。俳句会への出席および新聞への投句を始め[注釈 8]1904年(明治37年)10月8日付け『北國新聞』に初掲載。第四高等学校教授藤井乙男(紫影)が俳句欄の選者であった[注釈 9]。この時の照文(てりふみ)[5] 。その後短歌などにも手を染める。1905年(明治38年)勤務先で回覧雑誌をつくる。1906年(明治39年)『文章世界』3月創刊号に小品の文章が初入選する。使用した号は、室生殘花。また、北國新聞その他に俳句が掲載され始める。なお、犀星を名乗ったのはこの年からである。犀星という筆名は、当時金沢で活動をしていた漢詩人の国府犀東に対抗したもので、犀川の西に生まれ育ったことからと言う。犀星が育った雨宝院は犀川左岸にあり、犀星はこの川の風情と、上流に見える山々の景色とをことの外愛した。1907年(明治40年)『新聲』7月号に児玉花外の選により詩「さくら石斑魚に添へて」が掲載される。この頃から詩作も始める。1908年(明治41年)5月同郷の友人である表棹影、尾山篤二郎、田辺孝次らと「北辰詩社」結成。初の小説「宗左衛門」が『新聲』8月号に掲載される。第八高等学校に転出した藤井乙男の後任大谷繞石と識る[2]1909年(明治42年)1月金石登記所に転任。2月尼寺に下宿する。北原白秋から強い影響を受け、「かもめ」「海浜独唱」を作詩。4月表棹影病没。この頃徴兵検査を受けるが、丙種合格。9月裁判所退職。10月福井県三国町の『みくに新聞』に就職するが、社長と衝突[注釈 10]。12月に退社し、金沢に戻る。

1910年(明治43年)1月京都旅行。藤井紫影の紹介で上田敏を訪問する。福井を経て金沢に戻り、2月金沢の『石川新聞』に入社するが、2ケ月ほどで退社。5月裁判所時代の上司であった赤倉錦風を頼り上京し、下谷根岸の赤倉家に止宿する。さらに、北原白秋、児玉花外を訪問。赤倉の薦めで、東京地方裁判所の地下室での裁判関係の筆耕に通う[6]。7月本郷根津片町で下宿開始。このあと谷中三崎町、千駄木林町などを移り住む。1911年(明治44年)7月生活上の困苦と夏の暑さのため帰郷。10月再び上京し、駒込千駄木町に下宿。その後は、幾度も帰郷・上京をくりかえす。1912年(明治45年)1月北原白秋を訪問する[6]。7月帰郷。北原白秋や『スバル』の発行編集人江南文三あて詩を送付。「青き魚を釣る人」ほかが『スバル』10月号に掲載される[注釈 11][7]。1912年(大正元年)12月、尾山篤二郎が金沢で創刊した雑誌『樹蔭』に参加する。1913年大正2年)2月、半年ぶりに上京し[6]根津権現裏に下宿。藤澤淸造、安野助太郎、廣川松五郎らと交流し、佐藤春夫山村暮鳥を知る。一方で、北原白秋に認められ白秋主宰の詩集『朱欒(ざんぼあ)』に寄稿し、1月の創刊号から第5号廃刊まで毎号掲載される。ほかに『詩歌』、『創作』、『秀才文壇』、『女子文壇』にも詩を発表する。なお、同年春に『朱欒』掲載の抒情詩に感激した未知の萩原朔太郎から手紙を受け取り、終生の親交をもつ。夏から秋にかけて郷里に滞在[6]。11月上京[6]。12月『女子文壇』の編集を引き受けるも1ケ月でやめる。1914年(大正3年)2月前橋に萩原朔太郎を訪ね、利根河畔の旅館一明館に3月8日まで滞在する[6]。このとき聖書を読む。前橋より上京[6]。4月尾山篤二郎と「北辰詩社」を復活させ、詩と短歌を有料で添削指導する。この頃、恩地孝四郎と識る。また高村光太郎を訪問する[6]。5月頃、尾山と共著詩歌集『靑き甕』を企画する[6]。6月萩原と山村暮鳥とともに「人魚詩社」を結成する。8月帰郷[6]。9月創造社刊行の『創造』に掲載した「急行列車」が原因となり該当誌が発売禁止となる[注釈 12]。同月雑誌『地上巡禮』が創刊され、発行元の巡禮詩社の社友となる。同月雑誌『異端』が創刊され、同人となる。11月自宅である金沢市千日町に「詩の會」を設立し、有料で詩の添削を始める。この頃、『詩歌』、『創作』、『風景』、『アララギ』、『異端』、『地上巡禮』などに詩を発表する。1915年(大正4年)1月金沢で『遍路』が創刊され、詩の選者となる。3月山村、萩原と『卓上噴水』を創刊して、編集を担当するが、第3号で廃刊となる。4月多田不二と識る。5月8日萩原を金沢に迎え、17日まで滞在。多田、小畠貞一らと歓待する[6]。5月上京し、本郷千駄木町に下宿する。萩原の紹介で、竹村俊郎を知る。また、北原らと交遊する[6]。この頃、『詩歌』、『地上巡禮』、『遍路』、『處女國』、『ARS』、『秀才文壇』、『創造』、『卓上噴水』などに詩および感想文を発表する。10月、前橋に、萩原を訪問する。1916年(大正5年)には、トルストイドストエフスキーの作品を読む。4月山村の編集により雑誌『LE PRISME』創刊。室生が発行名義人となる。6月萩原とともに「感情詩社」を設立し、同人誌『感情』を創刊。再び共同主宰し、室生も編集運営に当たる[7][注釈 13]。7月田端の沢田方へ「感情詩社」とともに移転し、『感情』第2号、第3号を「抒情小曲集」として特集、金石時代以来の詩60篇を掲載。9月「抒情小曲集」に感激した谷崎潤一郎が来訪。また、佐藤惣之助百田宗治ら多数の詩人と知り合う。11月『文章世界』の「詩壇九人集」に参加する[注釈 14]1917年(大正6年)1月メエゾン鴻の巣での各グループ詩人懇談会に出席[6]。2月萩原の詩集『月に吠える』が出版されるが、発売禁止問題が起り、室生が警視庁に出頭する[注釈 15]。雑誌『感情』で「室生犀星特集號」を特集。3月南葛飾の北原白秋を訪問[6]。5月群馬県梨木鉱泉へ行く。帰路、萩原と伊香保温泉に谷崎潤一郎を訪問[6]。7月下旬熱病罹患し数日間病臥[6]。8月養父重病のため帰郷。看護してのち帰京。この頃、近所に越してきた北原白秋と頻繁に往来[6]。9月23日養父真乗死去。家督を継ぎ寺院および家財を整理する。このあいだに、文通交際中であった浅川とみ子(実名とめ)と婚約[注釈 16]。10月初旬帰京[6]。11月「詩話會」が設立され、会員となる[6]1918年(大正7年)1月第一詩集『愛の詩集』を感情詩社より自費出版[注釈 17][注釈 18]日夏耿之介詩集の「転身の頌の會」に出席し、芥川龍之介福士幸次郎と識る。月末帰郷。2月13日生家小畠家にて浅川とみ子と結婚式を挙げ、まず新妻を置いて上京、月末とみ子も上京し、田端の沢田方に新居を持つ。散文、評論の執筆を積極的に始める。4月『新らしい詩とその作り方』を刊行。9月『抒情小曲集』を感情詩社から自費出版[注釈 19]。亡父一周忌法要に帰郷。10月詩話會委員となる[6]1919年(大正8年)には中央公論に『幼年時代』、『性に目覚める頃』等を掲載し、注文が来る作家になっていた[注釈 20]。この年、2月「詩話會」発行の年刊詩集『日本詩集』編集委員に就任。5月『第二愛の詩集』を刊行[注釈 21]。6月10日に『愛の詩集』出版記念会が本郷燕樂軒で開催されて、北原、芥川、加能作次郎ら32名が出席した。10月田端571番地に転居。11月、雑誌『感情』が32号で終刊となる。1920年(大正9年)『中央公論』、『新潮』、『雄辯』、『文章世界』、『改造』、『文章倶楽部』、『太陽』、『解放』などに30篇以上の小説を執筆。1月小説集『性に眼覺める頃』刊行[注釈 22]。これは最初の小説集となった。2月『感情同人詩集』を編集発行。4月、『中央公論』に「結婚者の手記」を発表し、3月に単行本として刊行。同月、初の新聞小説である「海の僧院」を39回『報知新聞』に連載。また、『雄辯』に発表した「蒼白き巣窟」が部分削除処分となる。4月「美しき氷河」、6月「古き毒草園」を『中央公論』に発表。5月約半月の間帰郷。この頃から魚眠洞、魚生と号する。8月詩集『寂しき都會』刊行。9月「香爐を盗む」を『中央公論』に発表。11月短篇集『蒼白き巣窟』刊行[注釈 23]1921年(大正10年)40篇以上の小説を執筆。このうち7回は『中央公論』への掲載。1月号「おれん」、3月号「萬華鏡」、4月号「影絵のごとく」、6月号「芋掘藤五郎」、都市と田園号「植物物語」、四百号記念号(秋季大附録号)「孔雀と痴人」、12月号「お小姓兒太郞ほか二篇」。2月短篇集『古き毒草園』刊行。3月短篇集『香爐を盗む』刊行。3月から4月にかけて「蝙蝠」33回を『大阪毎日新聞』、『東京日日新聞』に連載。5月長男豹太郎誕生。6月短篇集『鯉』、短篇集『美しき氷河』刊行[注釈 24]。同月、伊香保温泉に遊び、帰途前橋に萩原を訪問。7月「金色の蠅」を『報知新聞』に連載。8月上旬萩原と赤倉温泉に遊ぶ[6]。同月「詩話會」委員となる。9月短篇集『蝙蝠』刊行。1922年(大正11年)小説も詩も多作。2月詩集『星より來れる者』刊行。3月『室生犀星詩選』刊行。同月千家元麿らと詩誌『嵐』を創刊。6月詩集『田舎の花』刊行。同月24日長男死去。同月中篇小説『走馬燈』刊行。7月夫人と湯ヶ島温泉に萩原を訪ね、同道して北原白秋を訪問[6]。11月短篇集『幼年時代』刊行。12月亡児追悼の作品集『忘春詩集』刊行。1923年(大正12年)1月短篇集『萬花鏡』刊行。4月詩集『青き魚を釣る人 抒情小曲』刊行。7月アルス社より『抒情小曲集』を再び刊行[注釈 25]。8月27日長女朝子誕生。9月1日関東大震災罹災。

10月1日一家で金沢に転居し、池田町を経て上本多町川御亭に住む。12月川岸町に転居。この年、中野重治堀辰雄を知る[6]1924年(大正13年)大阪の文化社が3月『肉の記録』を、大阪の萬有社が4月『肉を求むる者』をそれぞれ無断出版したことを知り、6月訴訟のため上京。この月萬有社より『彼等に』が刊行される。同月号『新潮』に「山河老ゆる」を発表。なお、このあいだ5月に芥川を金沢に迎える[6]。7月、堀辰雄を金沢に迎える[6]。9月詩文集『高麗の花』刊行。1925年(大正14年)1月金沢より上京し、田端613番地に仮寓する。2月田端608番地に移り、家族を迎える。3月童話集『翡翠』刊行。4月田端523番地に転居。5月初旬、詩話會同人と湯ヶ島方面に遊ぶ[6]。6月初の随筆集『魚眠洞随筆』刊行。この年、堀、中野、窪川鶴次郎西沢隆二、宮木喜久雄、太田辰雄らの若い詩人や栗田三蔵らが来訪。近所に移ってきた萩原と頻繁に往来[6]1926年(大正15年)4月下旬、詩話會同人と伊豆方面に遊ぶ。中野重治、堀辰雄、窪川鶴次郎らによる同人雑誌『驢馬』の創刊を後援する。6月小曲集『野いばら』刊行。9月次男朝巳誕生。10月詩話會解散に当り、声明書に署名。この年、秋本健之の筆名で『日本詩人』などに詩を発表[6]德田秋聲を知る。1927年昭和2年)1月、この月より『驢馬』同人との「パイプの會」、德田秋聲を囲む「二日會」に出席し始める。5月萩原その他の人々と『昭和詩選』の編集に当たる。6月詩集『故郷圖繪集』、随筆集『庭を造る人』刊行[注釈 26]。12月「詩人協會」設立の発起人となる。この年芭蕉に関する散文を『文藝春秋』、『サンデー毎日』などに発表。この年俳句、短歌の発表多し。1928年(昭和3年)1月『愛の詩集』第三版刊行。詩人協會創立総会に出席し、評議員となる。3月日本文芸家協會寄託による第2回文藝賞(「渡辺賞」)受賞。4月末養母赤井ハツ死去し、金沢に戻る。5月評論集『芭蕉襍記』刊行[注釈 27]。6月田端の家を引き払い軽井沢で避暑。さらに9月軽井沢より金沢に移る。池田町に仮寓し、山田屋小路に移る。同月、詩集『鶴』刊行[注釈 28]。11月上京し、大森谷中に移る。この年文芸時評、映画時評の発表多し。1929年(昭和4年)2月随筆集『天馬の脚』刊行[注釈 29]。4月初の句集『魚眠洞發句集』を刊行[注釈 30]。5月帰郷。7月改造文庫で『新選室生犀星集』刊行。9月春陽堂から『芥川龍之介・室生犀星篇』(明治大正文学全集第45巻)刊行。11月第一書房から萩原朔太郎編による『室生犀星詩集』刊行。12月旧『驢馬』同人懇親会。同月、改造文庫『室生犀星詩集』刊行。なお、この年改造8月号「浮気な文明」、文藝春秋9、10月号「私の白い牙」などで近代的手法による表現を試みた。1930年(昭和5年)5月生田春月自殺。追悼のための合同詩文集『海図』に寄稿。同月短篇集『生ひ立ちの記』刊行。6月詩集『鳥雀集』刊行。9月随筆集『庭と木』刊行。10月改造社から『久保田万太郎・長与善郎・室生犀星集』(現代日本文学全集第44篇)刊行。この年の前後に山崎泰雄、津村信夫、衣巻省三、乾直恵、伊藤新吉、立原道造らを知る[注釈 31]1931年(昭和6年)6月から8月にかけて『都新聞』に芥川をモデルとした「靑い猿」を連載[注釈 32]。7月軽井沢に別荘建築。1932年(昭和7年)3月長篇『靑い猿』刊行。4月大森区馬込町東に新築転居。明治大学に講師として招かれるも、講義1回で中止となった。9月随筆集『犀星随筆』刊行。また詩集『鐵集』を刊行し、これを自ら「最後の詩集」と称した。1933年(昭和8年)2月詩集『十九春詩集』刊行。8月「ハト」を『中央公論』に、「哀猿記」を『改造』に発表。11月随筆集『茱萸の酒』刊行[2]。12月京都放送局で講演放送する[6]

かつて1920年からしばらく小説の第1次の多作期があり、さらに1930年代に入り第2次の多作期となり、1934年(昭和9年)には、「あにいもうと」を中心にいわゆる「市井鬼もの」を書き始めた。1月「文藝懇話會」設立、会員となる。4月「鶴千代」(のちに「山犬」と改題)を『新潮』に発表。5月「洞庭記」を『中央公論』に発表、『鉛筆詩集』を含む随筆集『文藝林泉』刊行[注釈 33]。7月「醫王山」を『改造』に、「あにいもうと」を『文藝春秋』に発表。『文藝』8月号に「詩よ君とお別れする」を発表し詩との訣別を宣言したが、実際にはその後も多くの詩作を行っている。9月「神かをんなか」を『文藝』に「チンドン世界」を『中央公論』に発表。同月、別版『抒情小曲集』刊行。11月「神々のへど」(のちに「續あにいもうと」と改題)を『文藝春秋』に発表。1935年(昭和10年)1月短篇集『神々のへど』刊行[注釈 34]。自伝小説「弄獅子」を『早稲田文學』に1月号より6回、「女の圖」を『改造』その他に5回にわたり分載、その他「悪い魂」を『文藝』1月号に、「会社の圖」を『新潮』2月号に、「笄蛭圖」を『文藝春秋』4月号に発表。2月随筆『慈眼山随筆』、短篇集『哀猿記』刊行[2]。3月創設された 旧・芥川賞選考委員となる[注釈 35]。6月評論「復讐の文學」を『改造』に発表し、反響を呼ぶ。同月短篇集『女ノ圖』刊行。同月『犀星發句集』刊行[注釈 36]。7月「あにいもうと」で第1回文藝懇話會賞を受賞。8月23日より「聖處女」を『朝日新聞』に12月25日完結で78回連載。9月『随筆文學 犀星随筆集』刊行。12月長篇『復讐』(「人間街」を改題)刊行。1936年(昭和11年)1月「文藝懇話會」の機関誌『文藝懇話會』発刊。編集同人に参加。2月長篇『聖處女』[注釈 37]、詩集『十返花』刊行[注釈 38]。「龍宮の掏児」を『文藝春秋』3月号に発表。4月随筆集『薔薇の羮』刊行[注釈 39]。6月純粹小説『弄獅子』刊行。6月随筆集『印刷庭苑』刊行。8月「あにいもうと」が木村荘十二監督、ピー・シー・エル映画製作所製作、東宝配給で映画化され封切。9月非凡閣より『室生犀星全集』刊行開始[注釈 40]。10月「詩歌懇話會」設立。会員となる。1937年(昭和12年)「女の一生」を紫式部學會出版の「趣味と教養、研究と教養」の雑誌『むらさき』2月号より19回連載する。4月中旬から5月初旬にかけて朝日新聞の依嘱により、満州旅行。大連奉天哈爾濱、朝鮮を経て帰国し、京都に滞在してから帰京。5月『室生犀星篇』(現代長篇小説全集第4巻)刊行。7月より、立原道造が室生邸の軽井沢避暑中の留守を預かり[8]、ここから勤務先に通い始める[9][10]。9月随筆集『駱駝行』刊行。10月10日より長篇「大陸の琴」を61回にわたり『東京朝日新聞』に連載。1938年(昭和13年)1月新潮文庫より『あにいもうと』刊行。2月『大陸の琴』刊行。「波折」を『中央公論』2月号に発表。5月「詩人懇話會」設立され、会員となる。同月『室生犀星文學讀本・春夏の巻』刊行。7月春陽堂文庫で『犀星短篇集』刊行。9月長篇『女の一生』刊行。同月、自伝小説『作家の手記』刊行[注釈 41]。11月『室生犀星文學讀本・秋冬の巻』刊行。同月新潮文庫から『室生犀星詩選集』刊行。同月、とみ子夫人が脳溢血に倒れる。以後、半ば身体の自由を失う。1939年(昭和14年)3月短篇集『波折』刊行。また、解散されていた「詩歌懇話會」の基金を引き継いで「詩人賞委員會」が設立され、同月その委員に就任。4月より第1回「詩人賞」授賞をめぐり雑誌『改造』誌上で北原白秋と論争になる。同月作品文庫で随筆集『あやめ文章』刊行。9月から翌年にかけて、讀賣俳壇の選者担当。10月短篇集『つくしこひしの歌』刊行。10月初旬萩原とともに講演のため水戸へ赴く[6]。10月から12月にかけて、「よきひと」14回を『週刊朝日』に連載。1940年(昭和15年)3月長篇『よきひと』刊行。5月短篇集『乳房哀記』刊行。6月短篇集『美しからざれば哀しからんに』刊行。9月随筆集『此君』刊行。12月短篇集『戰死』刊行。『婦人之友』11月号に初の王朝小説「荻吹く歌」を発表。1941年(昭和16年)『婦人之友』1月号に「遠つ江」を発表。3月短篇集『信濃の歌』刊行。4月『戰死』により第3回菊池寛賞受賞。同月長篇『戰へる女』刊行。『新女苑』5月号から「泥雀の歌」を10回連載。7月短篇集『蝶・故山』刊行。8月随筆集『花霙』刊行[注釈 42]。9月短篇集『王朝』刊行[注釈 43]。12月短篇集『甚吉記』刊行[注釈 44]。同月「哈爾浜詩選」を含む自選作品集『定本室生犀星詩集』刊行。12月胃痛を覚える[2]

抒情小曲集の「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの/よしや/うらぶれて異土(いど)の乞食(かたい)となるとても/帰るところにあるまじや」の詩句が有名である。この句の通り、文壇に盛名を得た1941年が最後の帰郷となり、以後は代わりに犀川の写真を貼って故郷を偲んでいたという。

1942年(昭和17年)「えにしあらば」を『中央公論』3月号に発表。4月、胃潰瘍のため本所横網同愛病院に20日あまり入院。4月童話集『鮎吉・船吉・春吉』刊行[注釈 45]。5月11日、萩原朔太郎死去。同月自伝小説『泥雀の歌』刊行[注釈 46]。6月より『萩原朔太郎全集』編集。6月短篇集『筑紫日記』刊行。同月短篇集『蟲寺抄』刊行[注釈 47]。7月短篇集『乙女抄』刊行[注釈 48]。夏の間、萩原朔太郎、佐藤惣之助の2人の亡友を追悼する長篇「我友」を執筆。12月短篇集『瞼のひと』刊行[注釈 49]。同月随筆集『殘雪』刊行[注釈 50]1943年(昭和18年)1月短篇集『木洩日』刊行。童話集『三吉物語』、『山の動物』刊行[注釈 51]。3月短篇集『萩の帖』刊行[注釈 52]。同月『佐藤惣之助全集』全2巻を編集。4月および7月に『芥川龍之介の人と作』上巻、下巻を刊行。6月随筆集『日本の庭』刊行[注釈 53]。7月詩集『美以久佐』[注釈 54]、長篇『我友』(のちに『名木』と改題)刊行[注釈 55]。8月詩集『いにしへ』刊行。同月『犀星発句集』刊行[注釈 56]。9月少年向け詩集『動物詩集』刊行。12月詩集『日本美論』(のちに『夕映梅花』と改題)刊行。同月短篇集『神國』刊行。1944年(昭和19年)3月から4月にかけて『中部日日新聞』に「山吹」38回を連載。3月小説集『餘花』刊行[注釈 57]。一家で軽井沢に疎開し、1949年(昭和24年)まで住む。1945年(昭和20年)7月次男朝巳が金沢第九師団に入隊。8月終戦。9月次男除隊帰宅。10月長篇『山吹』刊行。

戦後は小説家としてその地位を確立、多くの作品を生んだ。

1946年(昭和21年)1月『人間』創刊号に詩を発表。同月随筆集『信濃山中』刊行。2月『山ざと集』刊行。8月『童話三吉ものがたり 附動物詩集』刊行[注釈 58]。この年、さらに『潮流』、『別冊文藝春秋』、『東京新聞』、『光』、『婦人公論』、『高原』、『蝋人形』、『子供の広場』などに詩を発表。また『文藝春秋』、『新小説』、『新女苑』、『群像』、『新生』などに小説を発表。1947年(昭和22年)1月短篇集『玉章』刊行。『新女苑』1月号より「みえ」を12回連載。2月詩集『旅びと』刊行。3月短篇集『山鳥集』刊行。10月短篇集『世界』刊行。同月詩集『逢ひぬれば』刊行。『群像』10月号に「祭服」を発表。1948年(昭和23年)3月童話集『オランダとけいとが』刊行。4月長篇『みえ』刊行。同月短篇集『童女菩薩』刊行。5月アテネ文庫より自伝小説『童笛を吹けども』刊行。6月4日「唇もさびしく」(のちに「宿なしまり子」と改題)を『北海道新聞』、『西日本新聞』に70回連載。10月短篇集『氷った女』刊行。11月日本藝術院会員となる。同月童話集『五つの城』刊行。同月長女朝子結婚。1949年(昭和24年)9月軽井沢での疎開生活を終えて帰京し、再度大森馬込に住む。6月自伝小説『室生犀星』刊行。8月随筆集『泥孔雀』刊行。また「消えたひとみ」を『群像』8月号に発表。1950年(昭和25年)「奥医王」を『風雪』4月号に、「俗調『膝』悲曲」を『文學界』5月号に、「刀身」を『群像』7月号に発表。1951年(昭和26年)「餓人伝」を『文學界』3月号に発表。8月『萩原朔太郎全集』刊行に際し、編集企画を担当する。「誰が屋根の下」を『改造』9月号に発表。9月新潮文庫『室生犀星詩集』刊行。1952年(昭和27年)2月、水谷八重子らにより『あにいもうと』が大阪歌舞伎座で上演される。「黒髪の宿」を『中央公論』5月号に、「野に臥す者」を『小説公園』12月号に発表。1953年(昭和28年)1月長女、夫と別居し室生家に戻る。「お天気博士」を『群像』1月号に、「貝殻川」を『文學界』4月号に、「生涯の垣根」を『新潮』8月号に発表。1954年(昭和29年)1月川島胃腸病院に1ケ月以上入院。退院後、自宅にて静養。「鞄(ボストン・バッグ)」を『新潮』1月号に発表。入院生活に取材した「黄と灰色の問答」を『群像』4月号に発表。5月に『性に眼覚める頃』が『麥笛』と改題されて豊田四郎監督東宝配給にて映画化される。「蝶紋白」を『文藝』6月号に発表。同月、角川書店『昭和文学全集 佐藤春夫・室生犀星集』刊行。「妙齢失はず」を『婦人朝日』8月号より17回連載。12月夫と別居中であった長女、協議離婚のうえ室生家に復籍。1955年(昭和30年)随筆「女ひと」を『新潮』1月号より6回連載。2月短篇集『黒髪の書』刊行。「ワシリイの死と二十人の少女達」を『文藝』7月号に発表。8月筑摩書房から『現代日本文学全集第27巻 菊池寛・室生犀星集』刊行。10月随筆集『女ひと』刊行。「めたん子傳」を『文學界』10月号に発表。「横着の苦痛」を『文藝』10月号に発表。1956年(昭和31年)1月短篇集『少女野面』刊行。「舌を噛み切った女」を『新潮』1月号に発表。2月短篇集『舌を噛み切った女』刊行。3月長篇『妙齢失はず』刊行。同月随筆集『續女ひと』刊行。「三人の女」を『週刊新潮』5月1日号より15回連載。5月、『舌を噛み切った女』が菊五郎劇団により歌舞伎座で上演される。9月長篇『三人の女』刊行。10月随筆集『誰が屋根の下』刊行。「陶古の女人」を『群像』10月号に発表。「鴉」を『婦人朝日』11月号に発表。11月19日から「杏っ子」271回を『東京新聞』に連載[注釈 59]。12月短篇集『陶古の女人』刊行。1957年(昭和32年)「夕映えの男」を『婦人公論』1月号に発表。「つゆくさ」を『文藝春秋』6月号に発表。6月短篇集『夕映えの男』刊行。7月詩集『哈爾浜詩集』刊行。「遠めがねの春」を『新潮』8月号に発表。10月長篇『杏っ子』を刊行。「名もなき女」を『小説新潮』11月号に発表[2]

娘朝子をモデルとした1957年(昭和32年)10月刊行の半自叙伝的な長編『杏っ子』その他の業績により、1958年(昭和33年)1月に昭和32年度第9回読売文学賞を受賞。「わが愛する詩人の伝記」を『婦人公論』1月号より12回連載。2月随筆集『刈藻』刊行。3月短篇集『つゆくさ』刊行。「黄色い船」を『中央公論』5月号に発表。5月『杏っ子』が成瀬巳喜男監督、東宝配給で映画化。「二十歳の燦爛」を『別冊小説新潮』7月号に発表。「かげろうの日記遺文」を『婦人之友』7月号より13回連載。9月『山吹』が菊五郎劇団により歌舞伎座で上演される。「歯の生涯」を『それいゆ』10月号に発表。11月から新潮社『室生犀星作品集』を全12巻で刊行開始[注釈 60]。12月『我が愛する詩人の伝記』(なお、佐藤惣之助の遺族の抗議により該当項目削除)刊行[2]

1959年(昭和34年)「蜜のあはれ」を『新潮』1月号より4回連載。「生きるための橋」を『群像』1月号に発表。3月次男朝巳結婚。同月定本自筆本句集『遠野集』刊行。「借金の神秘」を『小説新潮』4月号に発表。5月短篇集『生きるための橋』刊行。同月随筆集『硝子の女』刊行。同月『平安遷都』(河出書房現代人の日本史第4巻)刊行。同月古稀にあたって日本文芸家協会より祝辞、記念品を贈られ、名誉会員となる。その詩業に対して現代詩人会より感謝状と記念品とを贈られる。「衢のながれ」を『中央公論』6月号に発表。「なやめる森」を『新潮』8月号に発表。8月詩集『昨日いらっしって下さい』刊行。「火の魚」を『群像』10月号に発表。10月長篇『蜜のあはれ』刊行。10月18日妻とみ子死去。前年1957年12月刊行の評論『わが愛する詩人の伝記』で11月に第13回毎日出版文化賞を受賞。同年11月に刊行された、古典を基にした長篇『かげろふの日記遺文』により、同年12月、第12回野間文芸賞を受賞した。なお、同賞祝賀会の席上で、この賞金を基にした室生犀星詩人賞の創設、「犀星文学碑」の建立[注釈 61]、『室生とみ子遺稿句集』の刊行の企画が発表され[注釈 62]、このうち詩人賞は翌1960年(昭和35年)年12月に第1回授賞が滝口雅子『青い馬』、『鋼鉄の足』に対して行われた[2]

1960年(昭和35年)「黄金の針」を『婦人公論』1月号より12回連載。「告ぐるうた」を『群像』1月号より6回連載。3月短篇集『火の魚』刊行。同月、『かげろうの日記遺文』菊五郎劇団により歌舞伎座で上演される。「字をぬすむ男」を『小説新潮』4月号に発表。5月、旧「驢馬」同人を中心に「驢馬の会」が生れて第1回の集いあり[注釈 63]。7月長篇『告ぐるうた』刊行。「怒れる三本の鉤(のちに「三本の鉤」と改題)を『新潮』9月号に発表。9月随筆集『生きたきものを』刊行。「我が草の記」を『群像』10月号に発表。10月『新潮社日本文学全集第24巻 室生犀星集』刊行。「帆の世界」を『小説新潮』12月号に発表。12月短篇集『二面の人』刊行。1961年(昭和36年)1月「タールの沼」を『新潮』1月号に、4月『黄金の針』刊行。「簪マチ子」を『別冊文藝春秋』6月号に発表。「渚」を『群像』7月号に発表。「はるあはれ」を『新潮』7月号に発表。7月短篇集『草・簪・沼』刊行。夏、軽井沢にあって身体不調。9月肺炎で臥床する。「末野女」を『小説新潮』9月号に発表。10月港区虎の門病院に検査入院。11月退院。同月、「私の履歴書」を『日本経済新聞』に掲載。同月『講談社日本現代文学全集第61巻 室生犀星集』刊行。12月第2回「室生犀星詩人賞」を富岡多恵子辻井喬に贈る[2]

1962年(昭和37年)、「明治の思ひ」を『小説新潮』1月号に発表。「われはうたへどやぶれかぶれ」を『新潮』2月号に発表。2月小説『はるあはれ』刊行。2月25日に書かれ『婦人之友』4月号に掲載された「老いたるえびのうた」が絶筆となる。3月1日虎の門病院入院[注釈 64]。19日より意識不明。肺癌のため虎の門病院で死去。従四位に叙せられ勲三等瑞宝章を贈られる。28日密葬、29日青山葬儀場にて無宗教による葬儀[11]。葬儀委員長中野重治[12][2]1962年(昭和37年)5月金沢市中川除町に文学碑建立。10月18日、金沢郊外の野田山墓地に埋葬された[6]。「犀星忌」は3月26日。生前刊行された単行本は、260冊に及ぶ[13]犀川大橋から桜橋までの両岸の道路は「犀星のみち」と呼ばれる。

全集・著作集[編集]

  • 室生犀星全集 (全13巻別巻1 非凡閣 1936年-1937年)
  • 室生犀星作品集 (全12巻 新潮社 1958年-1960年)
  • 室生犀星全集 (全12巻・別巻2 新潮社 1964-68年)
  • 室生犀星童話全集 (全3巻 創林社 1978年)
    • 詩歌では、「全詩集」が筑摩書房(限定版と普及版で全1巻、1962年)と、冬樹社(全3巻、1978年)で出版された。
  • 室生犀星全王朝物語(上下巻、作品社、1982年)
  • 室生犀星句集 魚眼洞全句(北国出版社、1977年)
    いずれも娘・室生朝子編、いくつかの「詩集」を編み「晩年の父犀星」をはじめ多数の関連著作を出版している。

作品[編集]

室生犀星の像(金沢市)
室生犀星記念館(金沢市)

詩集[編集]

  • 『愛の詩集 第一詩集』感情詩社、1918年 のち角川文庫
  • 『抒情小曲集 第2詩集』感情詩社、1918年
  • 『第二愛の詩集 第四詩集』文武堂書店、1919年
  • 『寂しき都会』聚英閣、1920年
  • 『星より来れる者』大鐙閣、1922年
  • 『田舎の花』新潮社、1922年
  • 『忘春詩集』京文社、1922年
  • 『青き魚を釣る人 抒情小曲』アルス、1923年
  • 『高麗の花 詩文集』新潮社、1924年
  • 『故郷圖繪集』椎の木社、1927年
  • 『鶴』素人社書店、1928年
  • 『魚眠洞発句集』武蔵野書院、1929年
  • 『鳥雀集 拾遺抒情詩』第一書房、1930年
  • 『鐵(くろがね)集』椎の木社、1932年
  • 『十九春詩集』椎の木社、1933年
  • 『犀星発句集』野田書房 1935年
  • 『十返花 詩歌集』新陽社 1936年
  • 『泥雀の歌』実業之日本社 1942年
  • 鉛筆詩集(単行本なし)
  • 『美以久佐(みいくさ)』千歳書房、1943年
  • 『詩集 いにしへ』一條書房、1943年
  • 『動物詩集』日本繪雑誌社、1943年
  • 『日本美論』昭森社、1943年 - 戦後に『夕映梅花』と改題され再刊
  • 『山ざと集』生活社、1946年
  • 『信濃山中』全国書房、1946年
  • 『旅びと』臼井書房、1947年
  • 『逢ひぬれば』富岳本社 1947
  • 『室生犀星詩集』自選 岩波文庫、1955年 他に新潮文庫・ハルキ文庫で刊
  • 『哈爾濵詩集』冬至書房 1957年
  • 『遠野集 定本犀星句集』五月書房 1959年
  • 『女ご(をみなご)のための最後の詩集』(単行本なし、『続女ひと』所収)
  • 『昨日いらつしつて下さい』五月書房 1959年(『女ごのための最後の詩集』での増補作)
  • 『晩年』(『昨日いらつしつて下さい』以降の作品群。単行本未収録。筑摩版『室生犀星全詩集』に収録)
  • 『室生犀星全詩集』筑摩書房 1962年

小説[編集]

  • 『或る少女の死まで』1919年
  • 『結婚者の手記 あるひは「宇宙の一部」』新潮社、1920年
  • 性に眼覚める頃』新潮社、1920年 のち角川文庫、新潮文庫
  • 『蒼白き巣窟』新潮社、1920年
  • 『鯉』春陽堂、1921年
  • 『古き毒草園』隆文館、1921年
  • 『蝙蝠』隆文館、1921年
  • 『香炉を盗む』隆文館、1921年
  • 『美しき氷河』新潮社、1921年
  • 幼年時代』金星堂、1922年 のち旺文社文庫
  • 『走馬灯』新潮社、1922年
  • 『万花鏡』京文社、1923年
  • 『肉の記録』文化社 1924年
  • 『翡翠』寳文館、1925年
  • 『青い猿』春陽堂、1932年
  • 『神々のへど』山本書店、1935年 - 普及再版で改題『兄いもうと』(「あにいもうと」が映画・ドラマ化)
  • 『女ノ図』竹村書房、1935年
  • 『哀猿記』民族社、1935年
  • 『弄獅子』有光社(純粋小説全集 第8巻)、1936年
  • 『聖処女』新潮社 1936年 のち角川文庫
  • 『女の一生』むらさき出版部、1938年
  • 『大陸の琴』新潮社、1938年
  • 『つくしこひしの歌』実業之日本社、1939年
  • 『波折』(小説集)竹村書房、1939年
  • 『乳房哀記』鱒書房、1940年
  • 『戦死』(小説集)小山書店、1940年
  • 『王朝』実業之日本社、1941年
  • 『戦へる女』明石書房、1941年
  • 『蝶・故山』桜井書店、1941年
  • 『甚吉記』愛宕書房、1941年
  • 『鮎吉船吉春吉』小学館、1942年
  • 『瞼のひと』偕成社、1942年
  • 『蟲寺抄』博文館、1942年
  • 『乙女抄』偕成社、1942年
  • 『筑紫日記』小学館、1942年
  • 『山の動物』(童話)小学館、1943年
  • 『萩の帖』全国書房、1943年
  • 『木洩日』六芸社、1943年
  • 『神国』全国書房、1943年
  • 『我友』博文館、1943年
  • 『余花』昭南書房、1944年
  • 『三吉ものがたり』新洋社、1946年
  • 『山の動物』小学館、1946年
  • 『作家の手記』養徳社、1946年
  • 『信濃の歌』清水書房、1946年
  • 『女の図』大日本雄弁会講談社、1947年
  • 『世界』(小説集)東京出版、1947年
  • 『玉章』共立書房、1947年
  • 『山鳥集』桜井書店、1947年
  • 『オランダとけいとが』(童話集)小学館、1948年
  • 『五つの城』東西社、1948年
  • 『みえ』実業之日本社、1948年
  • 『童笛を吹けども』弘文堂書房、1948年
  • 『童女菩薩』酣灯社、1948年
  • 『狩衣』玄文社、1948年
  • 『氷った女』クラルテ社、1948年
  • 『或る少女の死まで』岩波文庫、1952年
  • 『あにいもうと・山吹』角川文庫、1953年
  • 『黒髪の書 犀星近作集』新潮社、1955年
  • 『幼年時代・あにいもうと』新潮文庫、1955年
  • 『妙齢失はず』新潮社、1956年
  • 『三人の女』新潮社、1956年
  • 『陶古の女人』三笠書房、1956年
  • 『舌を噛み切った女』河出新書、1956年 のち新潮文庫
  • 『少女の野面』鱒書房(コバルト新書)、1956年
  • 杏つ子』新潮社、1957年 のち文庫
  • 『夕映えの男』大日本雄弁会講談社、1957年
  • 『つゆくさ』筑摩書房、1958年
  • 『生きるための橋』実業之日本社、1959年
  • 蜜のあはれ』新潮社、1959年
  • 『かげろふの日記遺文』講談社、1959年 のち角川文庫
  • 火の魚』中央公論社、1960年 - 『蜜のあはれ』を装丁した栃折久美子をモデルとした小説[14]
  • 『告ぐるうた』講談社、1960年
  • 『二面の人』雪華社、1960年
  • 『草・簪・沼 小説集』新潮社、1961年
  • 『古事記物語』小学館(少年少女世界名作文学全集)、1962年
  • 『はるあはれ』中央公論社、1962年
  • 『宿なしまり子』角川書店、1962年
  • 『われはうたへどもやぶれかぶれ』講談社、1962年

評論・随筆[編集]

  • 『新らしい詩とその作り方』文武堂書店、1918年
  • 『魚眠洞随筆』新樹社、1925年
  • 『庭を造る人』改造社、1927年
  • 『天馬の脚』改造社、1929年
  • 『庭と木』武蔵野書院、1930年
  • 『茱萸の酒』(随筆集)岡倉書房、1933年
  • 『文芸林泉』(随筆集)中央公論社、1934年
  • 『慈眼山随筆』竹村書房、1935年
  • 『復讐』竹村書房、1935年
  • 『随筆文学 犀星随筆集』三笠書房、1935年
  • 『印刷庭苑 犀星随筆集』竹村書房、1936年
  • 『薔薇の羮』改造社、1936年
  • 『駱駝行』(随筆集)竹村書房、1937年
  • 『作家の手記』河出書房、1938年
  • 『あやめ文章』作品社、1939年
  • 『一日も此君なかるべからず 室生犀星随筆集』人文書院、1940年
  • 『花霙』豊国社、1941年
  • 『芭蕉襍記』三笠書房、1942年
  • 『残雪』竹村書房、1942年
  • 『日本の庭』朝日新聞社、1943年
  • 『乳房哀記』コバルト社、1946年
  • 『信濃山中』全国書房、1946年
  • 『残雪』清水書房、1946年
  • 『泥孔雀 随筆』沙羅書房、1949年
  • 『随筆 女ひと』新潮社、1955年、のち文庫、岩波文庫
  • 『続随筆 女ひと』新潮社、1956年、のち文庫
  • 『誰が屋根の下』(随筆)村山書店、1956年
  • 『李朝夫人』村山書店、1957年
  • 『我が愛する詩人の伝記』中央公論社、1958年、のち角川文庫、新潮文庫、中公文庫
    • 『中央公論』で連載中に佐藤惣之助の遺族から抗議があり、佐藤の章は未収録。
  • 『刈藻』清和書院、1958年
  • 『現代人の日本史 平安遷都』河出書房新社、1959年
  • 『硝子の女』(随筆)新潮社、1959年
  • 『室生犀星集』日本書房(現代知性全集)、1960年
  • 『翡陶』有信堂、1960年
  • 『生きたきものを』中央公論社、1960年
  • 『黄金の針 女流評伝』中央公論社、1961年
  • 『四角い卵』(随筆)新潮社、1962年
  • 『好色』筑摩書房、1962年
  • 『憑かれたひと 二つの自伝』冬樹社、1972年
  • 『庭をつくる人』ウェッジ(文庫判)、2009年
  • 『天馬の脚』ウェッジ(文庫判)、2010年

新版文庫[編集]

  • 『犀星王朝小品集』岩波文庫、1984年
  • 『かげろうの日記遺文』講談社文芸文庫、1992年、改版2012年
  • 『蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ』講談社文芸文庫、1993年
  • 『加賀金沢・故郷を辞す』講談社文芸文庫、1993年
  • 『あにいもうと・詩人の別れ』講談社文芸文庫、1994年
  • 『抒情小曲集・愛の詩集』講談社文芸文庫、1995年
  • 『室生犀星集 童子』ちくま文庫・文豪怪談傑作選 2008年
  • 『哈爾浜詩集・大陸の琴』講談社文芸文庫 2009年
  • 『深夜の人・結婚者の手記』講談社文芸文庫 2012年
  • 蜻蛉日記 現代語訳』岩波現代文庫 2013年 - 元版は河出書房『王朝日記随筆集』ほかに収録
  • 『わが肌に魚まつわれり―室生犀星百詩選』宮帯出版社 新書 2016年
  • 『我が愛する詩人の伝記』講談社文芸文庫、2016年8月

校歌作詞[編集]

交友[編集]

派生関連本[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 笑顔を撮影されるのを嫌った。
  2. ^ 「室生」の歴史的仮名遣いによる表記は「むろふ」である。1986年内閣告示の「現代仮名遣い」では、「歴史的仮名遣いでオ列の仮名に「ほ」または「を」が続くものはオ列の仮名に「お」を添えて書く」としており、「むろふ」はこれに該当しないので、「現代仮名遣い」の原則にしたがえば表記は「むろう」となる。
  3. ^ 吉種は、加賀藩で百五十石扶持、足軽組頭をつとめ、廃藩ののちは剣術道場を開いた。
  4. ^ 学業成績不良が原因。奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.95
  5. ^ 勤め始めは月給一円五十銭。福永武彦「室生犀星伝」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.237-252
  6. ^ 検事局の監督書紀。奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.101
  7. ^ 能筆の俳人の監督書紀。奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.101
  8. ^ 北聲會という俳句の月例会に参加した。奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.103
  9. ^ ホトトギス派の句人でもあった。奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.103
  10. ^ 相場新聞であったものを室生は文芸新聞にしてしまい、社長に譴責された。福永武彦「室生犀星伝」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.237-252
  11. ^ 「ふるさとは遠きにありて思ふもの」で知られる「小景異情」は第5号掲載作品。
  12. ^ 卑猥語をローマ字表記した詩語を用いたのを当局に知られた。
  13. ^ 1919年(大正8年)11月までに計32号刊行した。
  14. ^ 高村光太郎、山村暮鳥、加藤介春、三木露風、福士幸次郎、日夏耿之介、白鳥省吾富田砕花、室生の9名。
  15. ^ 刊行後の2月21日、内務省から、納本された『月に吠える』の発行者を呼び出す通知があり、室生が出頭。収録詩のうち「愛隣」を削除すること、そのまま書店配布すれば発売禁止にするという「厳しい命令でもあり、比較的同情ある注意(前田夕暮)」がある。製本の遅れで流通前であったため、「愛隣」とそれに続く「恋に恋する人」を削除し、断り書きをつけて店頭に出した。
  16. ^ 金沢で小学校教師をしていた。歌や俳句をつくり、かねてから文通があった。福永武彦「室生犀星伝」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.237-252
  17. ^ 亡父への献呈。
  18. ^ 三田文學』誌上で野口米次郎による丁寧な批評と紹介を受ける。室生犀星『庭を造る人』改造社、1927年 pp.209-210
  19. ^ 北原白秋、萩原朔太郎、田邊孝次による序文あり。
  20. ^ 同年「幼年時代」の原稿を『中央公論』編集長滝田樗陰あて送付したところ、滝田の来訪あり。『中央公論』8月号に「幼年時代」、10月号に「性に眼覚める頃」、11月号に「或る少女の死まで」が掲載され、小説家として有名になった。
  21. ^ 恩地孝四郎による装幀。
  22. ^ 瀧田哲太郎への献呈。
  23. ^ 恩地孝四郎による装幀。
  24. ^ 恩地孝四郎による装画。
  25. ^ 北原白秋への献呈。
  26. ^ 岸田劉生による装幀。
  27. ^ 藤井紫影による序文。下島勳による表紙題簽。室生自身による装幀考案。
  28. ^ 福士幸次郎による序文。恩地孝四郎による装幀。
  29. ^ 下島空谷による題簽。室生自身による装幀。
  30. ^ 下島勳による題簽。室生自身による装幀。
  31. ^ 立原は、昭和10年代の或る日、室生の詩集について、『抒情小曲集』を採るか、『愛の詩集』を採るか、そのどちらを採るかで、その人間の文学は決定されるのだ、と中村真一郎に語り、自分は断乎として『愛の詩集』を採ると述べた。中村真一郎「詩人の肖像」『日本の詩歌15 室生犀星』中公文庫、1975年 p.405
  32. ^ 恩地孝四郎による題簽・挿繪、室生自身による中扉。
  33. ^ 室生自身による装幀。
  34. ^ これはのち9月に『兄いもうと』と改題し普及版刊行。
  35. ^ 1942年(昭和17年)まで続けた。
  36. ^ 下島勳による題簽。室生自身による装幀。
  37. ^ 恩地孝四郎による装幀、挿畫。
  38. ^ 10歳の子供による題簽。室生自身による装幀。
  39. ^ 11歳の子供による題簽。室生自身による装幀。
  40. ^ 全14巻。1937年10月完結。
  41. ^ 山﨑斌による装幀。畦地梅太郎による文刻。
  42. ^ 室生自身による装幀。
  43. ^ 折口信夫による序文「王朝語」。下島勳による題簽。室生自身による装幀。
  44. ^ 下嶋勲による題簽。
  45. ^ 恩地孝四郎による装幀。大石哲路による挿畫。
  46. ^ 室生自身による装幀。
  47. ^ 室生自身による装幀。
  48. ^ 室生自身による装幀。
  49. ^ 室生自身による装幀。
  50. ^ 室生自身による装幀。
  51. ^ 立野道正、大石哲路による挿絵。
  52. ^ 室生自身による装幀。
  53. ^ 巻末「著者紹介」に日本文學報國會會員と表示。
  54. ^ 室生自身による装幀。
  55. ^ 恩地孝四郎による題字。
  56. ^ 室生自身による装幀。
  57. ^ 室生自身による装幀。
  58. ^ 恩地孝四郎装幀・扉・カット。靑木淸による挿絵。
  59. ^ 翌1957年(昭和32年)8月18日まで。
  60. ^ 1960年(昭和35年)5月に完結。
  61. ^ 1960年(昭和35年)6月に軽井沢二手橋畔に用地選定、1961年(昭和36年)7月に「切なき思ひぞ知る」の詩を刻した詩碑が完成。なお、妻の一周忌にちなみ「昭和三十五年十月十八日」の日附が刻まれた。
  62. ^ 1960年(昭和35年)3月『とみ子發句集』が刊行され知人に贈られた。
  63. ^ 佐多稲子、西沢隆二、宮木喜久雄、窪川鶴次郎、伊藤新吉、中野重治、原泉、室生犀星、室生朝子ら。中村真一郎「詩人の肖像」添付写真解説『日本の詩歌15 室生犀星』中公文庫、1975年 p.407
  64. ^ 見舞客のうち、福永武彦は面談して、辞去する際次にどこにいくつもりなのか、室生が気にしている有様だったが、中村真一郎は、「男なんかに会ってもしようがない。」と室生が娘に言ったため、ついに入室できなかった。福永武彦「室生犀星伝」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.237-252、中村真一郎「詩人の肖像」『日本の詩歌15 室生犀星』中公文庫、1975年 pp.396-411

出典[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。富山新聞、2010年8月5日
  2. ^ a b c d e f g h i j 吉田精一「室生犀星年譜」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.455-480
  3. ^ 本校母体の沿革
  4. ^ 奥野健男「青き魚―室生犀星の詩的故郷―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.95
  5. ^ 室生犀星の「本名」と「号」の読み方と、犀星の随筆『夏の夕』の読み方を知りたい。国立国会図書館レファレンス協同データベース(2018年3月1日閲覧)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 伊藤信吉「年譜」『日本の詩歌15 室生犀星』中公文庫、1975年 pp.412-415
  7. ^ a b 室生犀星 - 『デジタル版日本人名大辞典Plus』講談社コトバンク
  8. ^ 小川和佑「立原道造年譜」『現代詩読本 立原道造』思潮社、1978年 p.238
  9. ^ 小山正孝「年譜 立原道造」『日本の詩歌24 丸山薫、田中冬二、立原道造、田中克己、蔵原伸二郎』中央公論社、1968年 pp.421-422
  10. ^ 「立原道造年譜」『日本詩人全集28 伊東静雄、立原道造、丸山薰』新潮社、1968年 pp.223-224
  11. ^ 福永武彦「室生犀星伝」『現代日本文学館21 佐藤春夫・室生犀星』文藝春秋、1968年 pp.237-252
  12. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)p.326
  13. ^ 奥野健男「室生犀星の文学 ―評価の方法―」『日本文学研究資料叢書 近代詩』有精堂出版、1984年 p.76
  14. ^ 番組エピソード 文豪の世界への誘い 〜大作家の作品のドラマ化〜 -NHKアーカイブス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]