下島勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下島 勲(しもじま いさお、1870年9月20日明治3年8月25日) - 1947年昭和22年)5月30日)は、日本の医師、俳人。号は空谷(くうこく)。

略歴[編集]

長野県伊那郡原村(現・駒ケ根市)出身。上京後苦学して商業学校、ついで東京慈恵医院医学校を卒業し軍医となる。日露戦争などに従軍して陸軍一等軍医となり、1907年軍隊を退く。東京の田端に医院・楽天堂を開業。書画・俳句などを通じて芥川龍之介室生犀星久保田万太郎菊池寛板谷波山萩原朔太郎ら多くの文士・彫刻家・画家などと親交を深めた。芥川とは特別懇意になり主治医としてその最後を看取った。また郷里の伊那に埋もれていた井上井月を紹介した[1]。甥に下島連がいる。

著書[編集]

編著[編集]

脚注[編集]