清家雪子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清家雪子
生誕 不明
職業 漫画家
活動期間 2010年 -
代表作秒速5センチメートル
『まじめな時間』
月に吠えらんねえ
受賞 アフタヌーン四季賞
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞
テンプレートを表示

清家 雪子(せいけ ゆきこ)[1]は、日本漫画家

漫画版『秒速5センチメートル』や『まじめな時間』などの作品で知られ、2013年から2019年まで『月刊アフタヌーン』(講談社)誌上で『月に吠えらんねえ』を連載[2]

来歴[編集]

愛知県出身[3]。漫画家を志す前は、日本史の研究者を目指して大学院で日本中近世史を専攻していた[4][5]。そのことが、資料の収集や読み込みに活かされているという[6]

月刊漫画誌『アフタヌーン』主催「アフタヌーン四季賞」の2000年夏のコンテストにて、応募作の『孤陋』(ころう)が大賞を獲得[7](当時23歳[8])。のち、新海誠のアニメーション映画『秒速5センチメートル』の漫画化作品にあたる同名の漫画『秒速5センチメートル』を『アフタヌーン』誌上で2010年7月号から連載[9]。これがデビュー作となった[10]。同作は翌2011年末ごろまでに累計13万部の売り上げを記録[11]。続く連載作で初のオリジナル連載作品でもあった『まじめな時間』は同誌主催「アフタヌーン四季賞」の大賞を獲得した[12]

2013年から第3作目にあたる『月に吠えらんねえ』を同誌11月号より連載[13]。翌2014年に1巻・2巻がそれぞれ4月・10月に単行本化されている[14]萩原朔太郎北原白秋三好達治室生犀星など近代詩歌をモチーフとした作品で詩壇からも注目される。

2017年、『月に吠えらんねえ』で第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。

作品[編集]

出典:Amazon.co.jp

  • 『秒速5センチメートル』(講談社)、全2巻
  • 『まじめな時間(1)』(2012年・講談社) ISBN 978-4-06-387823-3
  • 『まじめな時間(2)』(2012年・講談社) ISBN 978-4-06-387840-0
  • 『月に吠えらんねえ』(講談社)、全11巻

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 清家雪子のプロフィール』 - コミックナタリー
  2. ^ 萩原朔太郎ら詩人をキャラ化!アフタで清家雪子が新連載』 2013年9月25日 コミックナタリー
  3. ^ 歴代受賞作品, 文化庁メディア芸術祭. “新人賞 - 月に吠えらんねえ | 受賞作品 | マンガ部門 | 第20回 2017年” (日本語). 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 2021年1月12日閲覧。
  4. ^ 穂村弘 (2020). あの人と短歌. NHK出版 
  5. ^ NHK短歌』2017年4月号「穂村弘、対して談じる。」
  6. ^ ユリイカ』2016年8月号、清家雪子インタビュー(インタビュアー:黒瀬珂瀾)。
  7. ^ 月に吠えらんねえ / 清家雪子』 - アフタヌーン
  8. ^ 月刊アフタヌーン 2000年9月号』 : 四季賞2000年夏のコンテスト最終選考結果発表(p.303)
  9. ^ 5 Centimeters Per Second Gets Manga Adaptation』 2010年5月24日 アニメ・ニュース・ネットワーク(英語)
  10. ^ 『秒速5センチメートル』(清家雪子、新海誠):既刊一覧講談社コミックプラス
  11. ^ 新海誠監督作品『秒速5センチメートル』、インターナショナル版Blu-ray登場』 2011年11月17日 マイナビニュース
  12. ^ マンガ版『秒速5センチメートル』の作者による、真正面から「死」を描いた幽霊物語【アフタヌーン四季賞大賞受賞作】』 2013年11月19日 ダ・ヴィンチニュース
  13. ^ 『秒速5センチメートル』『まじめな時間』の清家雪子が送る新連載『月に吠えらんねえ』、近代詩歌俳句の詩人たちが暮らす「⟨(シカク:詩歌句)街」でのお話です。』 2013年9月25日 アフタヌーン
  14. ^ 『[http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20141009/E1412809191599.html 月食の余韻に浸ったまま読みたい明治浪漫マンガ『月に吠えらんねえ』 2014年10月9日 エキサイトレビュー

外部リンク[編集]