金沢弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金沢弁による「いなりうどん」の説明。金沢百番街にて。

金沢弁(かなざわべん)は、石川県金沢市およびその近郊で話されている日本語の方言である。北陸方言加賀方言の一種。金沢言葉(金沢ことば)とも言うが、「金沢言葉」は特に旧市街の花街を中心に発達した接客言葉を指す。

概要[編集]

他の北陸の諸方言と同様、近畿方言の影響を受けつつ、雪国の城下町という特性のなかで発達してきた方言である。そのため、文法や語彙には近畿方言と共通するものが少なくない。北陸有数の大都市として繁栄した歴史から、敬語表現や柔らかな表現がよく発達している。一方で、濁音「が」の多用などから、小京都という華やかな街のイメージとのギャップもあって、耳障りな言葉と受け止められることがある[1]

金沢は加賀藩のお膝元だったため、金沢弁は能登国越中国など加賀藩領だった地域の方言に大なり小なり影響を及ぼした。富山弁(特に呉西地方)の表現の多くが金沢弁と共通するのはそのためである。現在も、金沢市が県内の経済的・文化的中心地であること、県内の有力地方紙である北國新聞が熱心に普及活動をしていることなどから、金沢弁は地域共通語として県内のほぼ全域で通用しやすい。ただし、金沢弁とはあくまで金沢という石川県内の一地域の方言であり、「石川県の方言=金沢弁」と一括りにするのは誤りである。

音声[編集]

  • 語頭以外のガ行音は鼻濁音になる。
  • 近畿方言と同じく、「目ぇ」「手ぇ」など1音節語を伸ばす傾向がある。
  • アクセントは京阪式アクセント東京式アクセントの中間的なアクセントである。例えば、「犬」では京阪式と同じく「い」にアクセントがくるが、「山」では東京式と同じく「ま」にアクセントがくる。はたまた「風」では、京阪式や東京式では平板に発音するのに対して、金沢弁では「ぜ」にアクセントを付けて発音する。詳しくは加賀弁#アクセントを参照。
  • 語尾や会話の区切りで「ほんで→ほんでぇえ(=それで)」「〜やけど→〜やけどぉお(=〜だけど)」のようなうねるような抑揚が現れる。北陸方言特有の現象で、「間投イントネーション」や「ゆすりイントネーション」などと呼ばれる。共通語化が進む若い世代でも「あのね→あのぉんねぇ」や「えっとね→えっとぉんねぇ」のように多用される。
  • 指示語の「そ」が「ほ」になることがある。「そーや→ほーや(=そうだ)」「そして→ほして」など。
  • 高齢層では「か」と合拗音「くゎ」の区別が残っている。「かじ(家事)」と「くゎじ(火事)」など。

代表的な表現[編集]

道路標示にみられる金沢弁の例(石川県小松市国道360号、2010年撮影)
金沢市内の商店にて。「よりまっし」ではなく「よるまっし」となっている。
  • 男性は「」、女性は「」を語尾に付けることが多い。「がいや、がいね」「わいや、わいね」「ぞいや、ぞいね」など。
  • 準体助詞の「の」が「」になる。石川県から新潟県にかけての方言の特徴で、土佐弁とも共通する。
(例)ほんなががいいがか?=そんなのがいいのか?
  • 〜しまっし=〜しなさい
金沢弁の代表ともいえる接尾語で、柔らかな命令を表す。尊敬の助動詞「まさる」の命令形「まされ」が音便化したもの。「まさる」は高齢層でしか聞かれなくなったが、「まっし」には共通語の命令表現に置き換えられないニュアンスがあるため、若い世代でも比較的使われ続けている。五段活用動詞では連体形、それ以外では連用形に接続するが、戦後になって共通語の「連用形+なさい」の影響から五段活用動詞でも「連用形+まっし」に一本化されつつある(例:頑張るまっし・頑張んまっし→頑張りまっし、行くまっし→行きまっし)。年配世代では「頑張りまっし」のような表現は誤った金沢弁だと考える人もいる。「しまっし(い)ね」「しまっしま」などと語尾が変化することがあり、後者ほど強い言い方。
くだけた命令表現には「〜しね」「〜しねま」「〜し」「〜しーま」「〜しーや」などが使われる。よって「早くしなさいね」は「早く死ね」と同音の「はよしね」となるが、実際には「死ね」という音を避けて「はよせんかいね」と言う方が多い。
(例)起きなさい=起きまっし、起きね、起きねま、起き、起きーま、起きーや
  • がや、がね=だよ、のだ
「能登べっちゃに加賀がやがや」と言われる、金沢を含む加賀地方の方言の特徴的な終助詞。中年以下ではくだけて「がんや」「がん」「げー」などとも言い、さらに「げー」から転じた「げん」が若い世代を中心に多用されている(新方言)。「げん」は金沢以外では小松市などでも多用される。「がん」や「げん」は前の音と融合することがある。「するがん→すらん、するげん→すれん」「行くがん→行かん、行くげん→行けん」「食べたげん→食べてん」「好きなげん→好きねん」など。
(例)「食べとるがや、食べとるがね、食べとるげん、食べとれん」=「食べてるよ、食べてるんだ」、「しとるがやろ、しとるげんろ、しとれんろ」=「してるんだろ」、「食べとるげんわいやダラ!」=「食べてるってんだよバカ!」
  • じーうぇー
強調を表す金沢独特の終助詞。「じー」は意外な気持ちや驚きの気持ちなどを表し、「うぇー」は得意げな気持ちを表す。「じー」は若者の間でも根強く使われるが、「うぇー」は語感の悪さから徐々に衰退しつつある[2]。「じー」は「ぜ」の変形、「うぇー」は「わい」か「え」の変形であるとされる。
(例)いいネクタイしとるじー(いいネクタイしてるねえ)、いいネクタイしとるうぇー(いいネクタイしてるでしょ)
  • やよ
金沢弁の断定の助動詞は近畿方言と同じ「や」であるが、主に若い女性の間で、語尾に「よ」を加えて柔らかさを出すことがある。
  • け?=かい?
疑問の終助詞。「か」よりも親しみや優しさが込められた表現で、男女とも多用する。「しとっけ?(=しているかい?)」や「してくれっけ?(=してくれるかい?)」のように「け」の前は促音化しやすい。京都市や大阪市など近畿地方の一部では「け」を男性的で荒っぽい表現とするため、金沢出身者と近畿地方出身者が話をする際に「け」で誤解を生むことがある。
  • あそばせ
花街の接客言葉では「お上がりあそばせ」「いらしておいであそばせ」のような「あそばせ言葉」が多用される。京都の公家言葉を取り入れたもので、伝統的な「金沢言葉」の代表的な表現。「おいであそばせ」は「おいだすばせ」とも発音される。

語彙[編集]

あ行[編集]

  • あいそない、あいそんない
「物足りない」「さびしい」の意味。「愛想がない」から。
  • あたる
「ボーナスがあたる」のように、「もらえる」という意味で使われる。語形自体は共通語の「当たる」と同じなので、金沢弁と気付かずに使っている人が多い。
  • いじくらしい、いじっかしい
「しつこい」「ウザイ」などの意味。使用範囲が広く、不快に感じた時には多くの場面で使われる。あまりにも使用されるため、金沢弁と気付かずに使っている人が多い。「いじっかしい」は若い世代の言い方。
  • いんぎらーと
身体を楽にして、ゆったりとくつろぐ様。よく似た言葉に「おんぼらーと」があり、そちらは「ゆったりと存分に」という意味。
  • えんじょもん
よそ者。漢字で書くと「遠所者」。
  • おいでる
「居る・行く・来る」の尊敬語。共通語の「おいでになる」に似ているため、金沢弁とは気付かずに公共の場でも使っている人が多い。
(例)「明日、おいでますか」

か行[編集]

  • かたがる
傾く。方言と気付かずに使っている人が多い。
(例)「壁の絵ぇ、かたがっとるぞ」
  • がんこ(な)
意思の固い「頑固」でなく、「とても」「とてつもなく」「すごく」の意味。若者の間で一時期、「がんこ」と「ムカつく」や「腹立つ」などを合わせて「がんこムカつく」などと言うことが流行った。県内他地域や若い世代の同義語として、「たった」あるいは「たっだ」がある。
  • きんかんなまなま
道路の雪が踏み固められ凍って、表面がつるつるになる状態。路面凍結。暖冬傾向が続き、道路の融雪装置が普及した現在、路面凍結は日常風景でなくなり、それを言い表す「きんかんなまなま」も死語になりつつある[3]
(例)「寒いさけ、きんかんなまなまやろうし、気ぃつけて行きまっし」
  • 校下(こうか)
小学校の通学区域、つまり学区のこと。富山県でも同様に用いる。町内会子ども会の地区別組織、地区の運動会や市中の盆踊り、さらには政治家の後援団体もこの「校下」単位で行われることがある。「子供が日頃お世話になっている小学校の下(もと)で団結する」という意識で使われてきたが[4]、最近は「小学校の下(した)」と捉えられ、「学校の配下支配、学校主導」に繋がるとして「校区」と言い換える動きも出てきた。稀に中学校の学区も校下と呼ばれるが、小学校の校下に比して地域活動の区分となることは少ない。
  • ごぼる
雪や泥に足がはまること。金沢以外にも、雪の多い地方に広く分布する表現。

さ行[編集]

  • しみ渡り、そら渡り
田畑などに降り積もった雪が放射冷却による寒さで表面上が固まり、その上を歩く遊び。
  • しょ(う)もない、しょ(う)むない
「塩も無い」、すなわち「味気がない」の意味。主に塩分が足りず料理が口に合わない時に言うことが多い。「あいそも(む)ない」に近い意味で、物事で要素が足りず面白くない時にも使う。対義語は「くどい」(塩辛い)で、共通語の「くどい」とはニュアンスが異なる。
(例)「この味噌汁しょむないなー」「えー、くどいやろ」

た行[編集]

  • 題目(だいめ)
歌詞を数える数量詞。日本全国で石川県と富山県でしか通じない言葉であるが、学校の音楽の授業でも「○題目」と習うため、金沢弁と気付かずに使っている人が多い。用語の「題目」が由来である(金沢は宝生流の土地である)とも、仏教用語の「題目」が由来であるとも言われる。
(例)「それでは2題目を歌いましょうね」
  • だら
「アホ」や「バカ」にあたる蔑称。「だらま」や、愛情を込めて「だらぶち」などとも言う。「足らず」が語源とされ、山陰地方の「だらず」と共通する。近畿地方の「あほんだら」に関係するとも言われる。メディアの影響で「ばか」や「あほ」も併用されるようになった現在では、「ばか」や「あほ」は強い罵倒、「だら」は軽い罵倒(人によっては逆)という新たな使い分けが生まれている[5]
  • つるつるいっぱい
コップなどに注がれた飲み物が表面張力ギリギリまで注がれた様を言う。富山県や福井県でも使用。

な・は・ま行[編集]

  • はがいしい、はがやしい
「悔しい」と「もどかしい」が混ざり合ったような意味。「歯がゆい」が変形したもの。若者の間では「はんげしいー」「はんげー」「はげー」「はっがーい」などとも省略される[6]
  • めもらい
麦粒腫。富山県や福井県でも使用。金沢弁と気付かずに使っている人が多い。

や・ら・わ行[編集]

  • りくつ(な)
共通語の「理屈」には「理屈っぽい」のようなマイナスの意味合いがあるが、金沢弁では「よくできた」「巧みな」というプラスの意味で使われる。
(例)「最近の家はこんなに早う建ってしもうがけ。りくつなー」

挨拶語・相づち語[編集]

  • どんながや、どんながやいね=どういうこと(わけ)だい
相手を問いただす言葉。白山麓では「でぇーげ?」、旧辰口町では「でぇーん?」と言う。
  • きのどくな=ありがとう
かつて互いに貧しかった暮らしの中で、施しを受け、相手を慮って言った言葉で、「申し訳ない」という気持ちを込めた感謝を表す。「きのどくに」「きーどくなー」と発音することもある。「ありがとう」を意味する金沢弁には他にも「あんやと」や「ごきみっつぁんな(丁寧な言い方)」などがある。
  • おゆるっしゅ=よろしく
  • ほーや、ほーやね=そうだ、そうだね
親しい仲間内の会話で使われるあいづち。「ほーやほーや」と繰り返されることもある。
  • おいや、おいね=そうだよ、そのとおり
あいづち。「あなたの言うことに大いに同意する」というニュアンスで、強く発音される。
  • なーん、なーも、なーんも、なーむ
軽く否定する表現。はっきりした「いいえ」ではなく、イエス・ノーをうやむやに言う時や、相手の質問をはぐらかす時などにも使う。「何も」が変形したもので、「なーん」以外は年配層に多い言い方。富山県でも使用。
  • えーな、あーん?
金沢出身者の自然な発話でよく使われる表現。「えーな」は主に男性が、軽く腹立たしい気持ちを表明するのに使う。「あーん?」は男女とも使う表現で、共通語の「なーに?」「何よ?」に近いニュアンスを表す[7]

金沢弁の例[編集]

  • 金沢市森本での高齢女性と中年男性の会話[8]。「〜まさる」や「〜みす」など、伝統的な金沢弁の敬語が使われている。
「ばあちゃん、どこ行きまさらんけ?」(ばあちゃん、どこへお行きになるんだい?)
「きゃ、まい日でごぜーみすさけ、尾山の別院にまいんに行きみす」(今日はいい日でございますから、尾山[9]の別院に参りに行きます)
「ほりゃ、いい心がけやね。ごせっかくな」(それは良い心がけだね。ご精が出ますね)
「おあんさんは、どこけ?」(お前さんは、どこだい?)
「わしゃげすびたのかんぬきがいたなったもんで、痔かとおもて医者に診てもろがや」(私は尻の穴が痛くなったもので、痔かと思って医者に診てもらうんだ)
「ほんながけ、うらも冬の時分のしんばりが治らんで、今でも膏薬塗っとりみす」(そうなのかい、私も冬の時分のしもやけが治らなくて、今でも膏薬を塗っております)
  • 八百屋の店主と客の会話例[10]
「あー、まいどさん。今日はまたさぶい日になりみして」(ああ、こんにちは。今日はまた寒い日になりまして)
「おいねー。ほやさけ、今日は鍋にすっかなとおもて」(ええ。だから、今日は鍋料理にするかなと思って)
「ほんな、この白菜こーてくまっし」(それなら、この白菜を買っていらっしゃい)
「あんまりでかいが要らんわ」(あまり大きいのは要らないよ)
「こっでいーか。あんやとねー、いつもねー、きのどくなー」(これでいいかい。ありがとうね、いつもね、ありがとうね)

金沢弁を使った言葉遊び[編集]

  • 「ネジ、ねーじぃ?」(ネジがないじゃないか?)
  • 「ネガ、ねーがんねーがぁ?」(ネガがないんじゃないの?)
  • 「シマシマにしまっしまー」(しま模様にしなさいよ)
  • 「医者に言われてん、腸捻転ねんてー」(医者に言われたんだ、腸捻転なんだって)
  • 「男おっとこないし、女おんな!」(男の居場所がないから、女は居るな!)
以上は「でえげっさあ」の歌『金沢ことば』の中で聞くことができる。

金沢弁を取り入れた作品[編集]

  • 『加賀ばやし』:盆踊りにも使われる軽妙な新民謡。金沢の茶屋街で歌われていた『金沢なまり(作者不詳)』という歌を改作したもの。作詞・梅木勝吉、作曲・飯田景応。
  • 『金沢ホーヤネ』:金沢百万石まつりの「百万石踊り流し」用に1990年に創作された新民謡。
  • 『金沢ことば』:地元フィールフォークグループ「でえげっさあ」の歌。歌詞に金沢弁がふんだんに織り込まれている。
  • 石川サンバ』:石川テレビ放送創立40周年を記念して制作された「石川さん」のテーマ曲。
  • 『廓のおんな』:井上雪によるノンフィクション小説。伝統的な金沢弁が丁寧に描写されている。
  • 『ヒラリ君』:北國新聞で連載されている4コマ漫画。連載途中から、登場人物が金沢弁で話すようになった。
  • 花嫁のれん』:2010・2011年に東海テレビ制作、FNS系列にて放送された昼帯連続ドラマ。登場人物の一部が金沢弁を話している。
  • 花咲くいろは』:石川県の架空の温泉旅館を舞台にしたテレビアニメ。輪島巴という登場人物が共通語と金沢弁のバイリンガルで、金沢市出身の能登麻美子が声を当てた。
  • 変ゼミ』:TAGROによる漫画。加藤あんなという登場人物が金沢弁を使用し(途中から共通語に変わる)、アニメ版では金沢市出身の新谷良子が声を当てた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新 頑張りまっし金沢ことば』144-145頁。
  2. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』16-19頁。
  3. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』44-45頁。
  4. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』82-83頁。
  5. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』20-21頁。
  6. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』10頁。
  7. ^ 『新 頑張りまっし金沢ことば』10-12頁。
  8. ^ 『頑張りまっし金沢ことば』228頁。
  9. ^ 金沢中心部のこと。
  10. ^ 加藤和夫「石川県」、『月刊言語』2003年1月号、大修館書店。

参考文献など[編集]

  • 北國新聞社編集局『頑張りまっし金沢ことば』第1版第1刷(1995年、北國新聞社)
  • 加藤和夫『新 頑張りまっし金沢ことば』第1版第2刷(2006年、北國新聞社)
  • Savage, Colin (2009). 金沢弁の本 - The Dialect of Kanazawa. London (UK) and Los Angeles (USA): Lulu Publishing Inc.

関連項目[編集]

  • ツエーゲン金沢 - 金沢弁をチーム名に採用したサッカークラブチーム。
  • じわもん - 家庭で食されるおかずのことをいう金沢弁の言葉。
石川県内の他の方言

外部リンク[編集]