伊予弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊予弁(いよべん)は、愛媛県で話されている日本語の方言である。四国方言の一つ。

概要[編集]

特に四国地方北陸地方では、古い京言葉(現代の京都市内では使われていないほど古い表現)が残っているケースが多くみられるが、愛媛県においても同様のことが言える。ただし同じ伊予弁でも南予のそれは九州方言の影響が強まり、近畿方言の影響が強い中予・東予のものとは大きな相違が見られる。この南予方言も大洲市を中心とした大洲方言と宇和島市を中心とした宇和島方言とに分けられる。また、語句レベルでは御荘弁(現愛南町)もある[1]

土佐弁広島弁などにも類似語彙・表現が見られるが、土佐弁より伊予弁の方が一般的に語調にソフトな表現が使用される傾向がある(同じ語句を用いる表現でも、土佐弁特有のイントネーションや語尾がないために優しく感じる)。テンポもややスローであることから一見、穏和な方言と見られがちだが、中には皮肉めいた表現も多数存在する。また広島弁とは語彙・表現とも似るが、アクセントにかなりの差異がある。

アクセントは、全国的にみてもかなり複雑な分布を示している。東予方言讃岐式(京阪式の亜種)、中予方言京阪式大洲方言は型の区別のない一型式アクセント宇和島方言東京式アクセントとなっている。アクセントに関して言えば、東予方言は香川県の方言に近く、このアクセントは京都や大阪の京阪アクセントと異なった方向に変化を遂げたものと考えられている。また、宇和島方言は高知県西南部の方言に近く内輪東京式アクセントを使う(中輪東京式とみる学者もいる)。周辺方言のうち、徳島県と高知県の京阪式アクセントは、若干古風な、江戸時代中期〜後期の近畿地方で行われていたものに近い京阪式アクセントである。このため、中予方言は、地理的に近い方言と比べると、むしろ現代の大阪や京都に比較的近いアクセントが使用される[2]

会話表現の例[編集]

  • 「ほうじゃけん、~」「ほじゃきん、~」「ほやけん、~」→「だから、~」 - 「~やけん(きん)」など変形として使用される。
  • 「~んよ」「~なんよ」「~よ」→「~なのですよ」
  • 「~ぞなもし」「~なもし」→「~ですよ、ねぇ」
  • 「(家に)おる」→「(家に)いる」
    会話で「おる?」と問うと「おるよ」、「おろ」、「おろわい」等と回答される。丁寧な表現は「おいでる」→「いらっしゃる」、「おいでますか」→「いらっしゃいますか」。
  • 「いんでこーわい」「かえってこーわい」 →「帰宅させていただきます」「かえります」
    他地域からの来訪者にとっては、誤解しかねない表現の一つ。他地域的なニュアンスで捉えると「いぬ(帰るの古表現)」+「来る」「帰る」+「来る」であるため、「帰ってからもう一度出直してくる」と捉えがちだが、ほとんどの場合、帰宅した人物がその日戻ってくることはない。何故なら、「いんでこーわい」「かえってこーわい」はすなわち、「会話をうち切って帰宅を知らせる」挨拶に他ならないからだ。言われた場合は帰宅の挨拶を交わしてその場を立ち去るのが正しい。
    また、単に「いんで」(「いね」)とか「いんでもろて」と単体で使うと「帰れ」とか「追い帰せ」ということになる(「いんで」→「帰って」、「いんでもろて」→「かえってもらって(かえっていただいて)」)。「いんだ」と過去形にすると「帰った」となる。この場合の丁寧な表現は「お帰りた」もしくは「お帰りになった」
  • 「~をかく」→「~を引く」・「~を運ぶ」
  • 「つかーさい」→「ください」
    東予方言では「つかーさい」であるが、南予方言では「やんなはい」となる。「~つか」名詞のあとに「つか」をつなげて、「~ちょうだい」の意味で使う。
  • 「つむ」→「~を切る」 -「髪をつむ」、「爪をつむ」等
  • 「だんだん」→「ありがとう」 - 旧表現
  • 「がいに~」「がいな~」 →「ものすごく~、ものすごい~」
  • 「かぁ(蚊)」「きぃ(木)」「はぁ↑(歯)」「はぁ↓(刃)」等短音単語の語尾が長母音化。(ただし、南予ではあまり起こらない)
  • 「いなげな」→「おかしな、変わった、変な、風変わりな」
  • 「うさした」→「無くした」 「うさす」→「無くす(紛失する)」
  • 「しまう」→「片づける」
  • 「まがる」→「触る(触れる)」「まがるなや」→「さわるなよ」
  • 「まぞう」→「償う」、「弁償する」命令形は「まぞえ」となる。 
  • 「いろう」、「いらう」→「まがる」と類似。
  • 「せられん」→「するな」、「しないでください」
  • 「おしな」→「やってみたらどうですか」、「やってみなさい」
  • 「ほうしこ」→「土筆(つくし)」   
  • 「とりのこ用紙」→「模造紙」          

伊予弁に関連した人物・作品など[編集]

  • 村上ショージ - 吉海町(現今治市)出身
  • 友近 - 松山市出身
  • 本田朋子 - 松山市出身、フジテレビアナウンサー。2007年3月18日放送の『晴れたらイイねッ!Let'sコミミ隊』で少しだけ伊予弁を話す。
  • 坊っちゃん - 松山を舞台にした夏目漱石の青春小説
  • 漱石先生ぞな、もし - 夏目漱石をテーマにした半藤一利のエッセイ
  • 坂の上の雲 - 主に松山出身の軍人秋山好古真之兄弟と、俳人正岡子規などの人たちが伊予弁を話す。
  • 大番 - 獅子文六のヒット小説。宇和島近郊出身の設定である主人公の相場師が特徴的な伊予方言を使う。
  • 陰陽座 - 日本のヘヴィメタルバンド。メンバーの出身地である南予地方の方言を取り入れた楽曲(「がいながてや」「おらびなはい」「舞いあがる」など)がある。
  • がんばっていきまっしょい - 松山が舞台の映画及びドラマ。映画は1998年、磯村一路監督、田中麗奈主演。ドラマは2005年7月〜9月、関西テレビ放送で放送された。ともに伊予弁が用いられている。
  • 死国 - 1999年公開の映画。舞台は高知県のため土佐弁がメインであるが、愛媛県のフィルムコミッションの協力などから、ところどころで伊予弁が聞かれる。
  • タルト - 愛媛の郷土菓子であるタルトをモチーフにした、愛媛生まれのキャラクター。伊予弁を話す。
  • LUNKHEAD - 愛媛県新居浜市出身のロックバンド。上京した後もMCなどで伊予弁を多用するほか、「帰り途」や「僕らは生きる」などの楽曲も伊予弁で歌われている。
  • 47都道府犬 - 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。愛媛県は、蜜柑がモチーフの愛媛犬として登場。『~ぞなもし』『飲んでつかーさい』など話す。声優は、愛媛県出身の水樹奈々
  • Another - 綾辻行人のミステリー小説を原作としたアニメ。主人公のクラスメイト・猿田昇が語尾に「~ぞな」と付けて話す。伊予弁が使われた理由は、脚本の檜垣亮とキャラクターデザインの石井百合子が愛媛県出身であったため。
  • 探偵小説シリーズ - 古野まほろのミステリー小説。松山市がモデルの架空の都市、実予が舞台で作中では実予弁とされる。主人公の水里あかねは帝都(東京がモデル)出身で、実予に転校してきており、実予弁に翻弄される一幕も。
  • 永井浩二 - 愛媛県在住の一般のネット配信者。配信中に「なんぞこれ」を初めとする伊予弁を多用し、ネット上で頻繁に伊予弁が使われるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 最新ひと目でわかる全国方言一覧辞典 ISBN 9784053002990。伊予路てくてく(NHK松山放送局)。
  2. ^ 金田一春彦著作集8―国語学編8― 154-155,158-162。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]