陰陽座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
陰陽座
出身地 日本の旗 日本 大阪
ジャンル ヘヴィメタル[1][2]
フォーク・メタル[1][2]
パワーメタル
シンフォニックメタル
プログレッシブ・メタル
ゴシックメタル
活動期間 1999年 -
レーベル キングレコード
マンドレイク・ルート
岩神
公式サイト 陰陽座公式サイト
メンバー 黒猫ボーカル
瞬火ベース・ボーカル)
招鬼ギターコーラス
狩姦(ギター・コーラス)
旧メンバー 斗羅ドラムスパーカッション

陰陽座(おんみょうざ)は、日本ヘヴィメタルバンド1999年に大阪で、瞬火黒猫招鬼狩姦によって結成された。「妖怪ヘヴィメタル」をキャッチフレーズとしており、ジューダス・プリーストなどの王道的ヘヴィメタルに影響を受けた洋のサウンドに、古雅な日本語・伊予弁による歌詞、妖怪をメインとした和の世界観を融合させた独特の音楽性を特徴とする。

来歴[編集]

1999年結成。6月20日に大阪 西九条BRAND NEWにて初ライヴ『降臨』決行。

2001年12月16日メジャー・デビューを飾るマキシシングル『月に叢雲花に風』を発売。

2002年アイアン・メイデンのトリビュートアルバム(日本盤のみ)に、唯一の日本人アーティストとして参加した。また2003年にはジューダス・プリーストのトリビュートアルバムにも参加(同作でも唯一の日本勢)。

2004年5月29日にはロックバンドとしては世界初となる能楽堂(東京・銕仙会能楽研修所)での公演を実現させる。同年9月23日リリースの『組曲「義経」〜悪忌判官』でも世界初能楽堂の舞台においてプロモーションビデオを撮影した。

2004年9月から12月にかけて42都道府県を巡るツアーを敢行。

2005年9月下旬から10月初旬にかけて初めてのヨーロッパツアーを実施。

2006年2月25日初となるホールライブ『珠玉の宴』を中野サンプラザにて決行。

2006年5月下旬から11月下旬の約半年をかけて、ヨーロッパ2箇所を含む全都道府県でのライヴを行なうというツアーを実施。途中、黒猫の突発的な病気による公演延期などがあったものの、全公演が完遂された。

2008年リリースの『魑魅魍魎』、2009年リリースの『相剋/慟哭』に於いてそれぞれアルバム、シングル部門で初のウィークリーTOP10入りを記録した。同年3月10日に公式サイトで斗羅の脱退が発表された。

2010年7月から10月にかけて全国ツアー『続・生きることとみつけたり!!』を敢行。宮崎公演にて日本2周目を達成。 2006年の全都道府県ツアーが終わった直後からの、「一度で廻るのが難しければ何年かけても少しずつ廻ればいつかすべての都道府県にいける」という密かな野望が実を結ぶこととなった。

2012年初のホール全国ツアー『絶界の鬼子母神』を敢行。2部構成になっており、第1部ではコンセプトアルバムの組曲(全12曲)をMC一切無しで演奏した。

音楽性とコンセプト[編集]

「妖怪ヘヴィメタル」がキャッチコピーおよびコンセプト。ヴィジュアル面においては、狩衣平安装束浴衣などの和装、黒髪の長髪といった現代的要素が省かれた古来の日本的な装いで統一されている。

これらの特徴ゆえいわゆる色物と扱われたり、またネオ・ヴィジュアル系や海外におけるジャパニメーションブームとの関連が語られることもある。しかし、あくまでヘヴィメタルと妖怪を融合した独自の音楽性とコンセプトを一貫しており、それは厳格なまでに徹底されたものである[3]

サウンド[編集]

端正かつ叙情的な王道のヘヴィメタルを志向しており、男女ツインヴォーカルによる表現の振れ幅の広さは特筆に値する。特に女性ボーカル黒猫の美声には定評があり、陰陽座が誇る希代の歌姫と称されている[4]

リーダーの瞬火が最も影響を受けたと語っているのがジューダス・プリースト[5]である。ほかにはデストラクションアナイアレイター[6]。また、日本的なロックの先達として人間椅子を挙げている[7]

歌詞[編集]

古語漢語を多用した古風な文語調の歌詞をメインとしている。なお『文車に燃ゆ恋文』では、鎮魂歌を「レクイエム」、『式を駆る者』においてはを「カルマ」と歌った楽曲などが存在してはいるものの、基本的には日本語以外の言語は極力排除されている。文語調以外にも、瞬火招鬼狩姦らの出身地である愛媛県の方言を交えた土俗的かつ郷土的な歌詞もみられる。

現代では殆ど使用されていない語句や、独自の当て字が多いため難読ではあるが、言葉の響きと意味の両立が重視されており、その詞風は極めて独特のものである。

世界観においては、説話・伝承に散見される妖怪を中心に題材としている。陰陽座にとっての「妖怪」は単なる伝説上の生物ではなく、「人間のあらゆる感情を投影する存在」という意味があるのだとか[4]

そのほかには、源義経森蘭丸伊達政宗といった武将、第六天魔王風神雷神スサノオといった神々など、幅広くも一貫して非現代的で古雅な日本文化が題材とされている。

これら歴史上の妖怪や武将をテーマとしているのは元々、瞬火が個人的に興味のあることだったため。しかし、海外のヘヴィメタルバンドが竜や魔法や騎士をテーマとしているので、図らずとも陰陽座の世界観がそれらを対比的に日本に置き換えたものになったのだとか[7]

また、現代の作品からの本歌取りなども展開している。陰陽座の『○○忍法帖』シリーズは、山田風太郎の『忍法帖シリーズ』をオマージュとしており、『眩暈坂』と『桜花の理』は京極夏彦の作品を題材としている。『奇子』は手塚治虫の同名の作品が基になっている。

バンド活動[編集]

すでに全都道府県を2周しているという事実が物語るように、生粋のライヴバンドとして全国ツアーを積極的に行っている。アンコールを行う回数が多いことでも知られ、ツアーライブでは4回、5回もアンコールをするのが恒例となっている。また、ツアー千秋楽ではアンコール終盤になって激しい曲を立て続けに5曲演奏することが通例となっており、バンドはそれを「極楽地獄」と呼ぶ。

また、ファンは「式神」と呼ばれており、公式ファンクラブの名前は「式神倶楽部」である。

メンバー[編集]

正規メンバー[編集]

陰陽座結成以前から黒猫がもともとこの名前を使用していたため、他のメンバーもそれに倣いにちなんだ名前を名乗っている。

元メンバー[編集]

  • 斗羅(とら) - ドラムスパーカッション
    本名は河塚篤史。結成時からサポートメンバーとして参加、その後正式加入するも2009年に脱退。再びサポートメンバーとなったが、2011年春のツアー(東日本大震災の影響で中止となった)以降はツアー、音源共に参加していない。現在はポストロックバンドNESSで活動中。2015年4月、Concerto Moonに加入している。

サポートメンバー[編集]

石川和智 - ドラムス

全国ツアー2011『谺』に参加。

土橋誠 - ドラムス・パーカッション

2011年、リリースのアルバム『鬼子母神』より参加、2012年の全国ツアーよりサポートドラムスを務める。2014年の『青天の三日月』、2016年の『愛する者よ、死に候え』ミュージックビデオに出演している。元Waive

阿部雅宏 - ピアノキーボード

土橋と同様『鬼子母神』の製作に携わり、以降もサポートキーボーディストとして参加。

エピソード[編集]

  • 2003年1月22日、4枚目のアルバム『鳳翼麟瞳』を発表した際、当初は所属レーベルであるキングレコード側からレーベル初のコピーコントロールCDの導入が提案された。これについて瞬火が「新たな時代のスタンダードになるかもしれない手法に対して臆することなく行動を起こそうというその〝心意気〟を買ってこれを承諾するのだから、万一この施策が途中で頓挫したり、陰陽座だけが〝実験台〟になって終わったりするようなことがあった場合、即刻通常のCDに戻して発売し直してほしい」という条件を出した上でこれを承諾・契約する[8]。しかし、消費者側からのCCCDに対する各レコード会社への非難は多く、以降キングレコードからCCCDが発売されることはなかった。その結果『鳳翼麟瞳』は通常CDとして再発売され、それまでの時点で陰陽座としては最高の売上を記録した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 初収録アルバム 備考
Indies 2000年4月3日 桜花ノ理 MOCR-0003 圏外 百鬼繚乱 CD-R・廃盤、初回盤のみボーナストラック収録
1st 2001年12月16日 月に叢雲花に風 KICM-1042 圏外 煌神羅刹 メジャーデビュー作品
2nd 2002年12月25日 妖花忍法帖 KICM-1066 57位 鳳翼麟瞳
3rd 2003年6月4日 鳳翼天翔 KICM-1073 69位
4th 2003年10月1日 醒(めざめ) KICMCM-1090 30位 陰陽珠玉/稀少連結
5th 2004年1月27日 睡(ねむり) KICM-1091 40位 夢幻泡影
6th 2004年9月23日 組曲「義経」〜悪忌判官 KICM-1117 30位 臥龍點睛
7th 2004年10月27日 組曲「義経」〜夢魔炎上 KICM-1118 32位
8th 2004年11月26日 組曲「義経」〜来世邂逅 KICM-1119 33位 初回プレス盤のみボックスケース仕様
9th 2005年4月27日 甲賀忍法帖 KICM-1134 31位
10th 2007年6月27日 黒衣の天女 KICM-1207 14位 魔王戴天
11th 2008年8月6日 紅葉(くれは) KICM-1239 15位 魑魅魍魎
12th 2009年1月21日 相剋/慟哭 KICM-1267 13位 金剛九尾
13th 2009年8月26日 蒼き独眼 KICM-1287 17位
14th 2011年2月9日 紺碧の双刃 KICM-1329 23位 龍凰珠玉
15th 2014年3月19日 青天の三日月 KICM-1509 19位 雷神創世
16th 2018年1月10日 桜花忍法帖 KICM-1819 15位 覇道明王

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
1st(Indies) 1999年12月25日 鬼哭転生 MOCR-0001 (1999年12月25日発売 魍魎の匣)
MOCR-01RM (2002年1月10日再発 Mandrake Root)
KICS-1053 (2004年1月7日再発 キングレコード)
圏外 インディーズ作品
2nd(Indies) 2000年12月24日 百鬼繚乱 MOCR-0004 (2000年12月24日発売 魍魎の匣)
MOCR-04RM (2002年2月1日再発 Mandrake Root)
KICS-1054 (2004年1月7日再発 キングレコード)
3rd 2002年1月10日 煌神羅刹 KICS-927 49位 メジャーデビューアルバム
4th 2003年1月22日 鳳翼麟瞳 KICS-994 23位
5th 2004年3月3日 夢幻泡影 KICS-1066 27位
6th 2005年6月22日 臥龍點睛 KICS-1182 20位
7th 2007年7月25日 魔王戴天 KICS-1314 13位
8th 2008年9月10日 魑魅魍魎 KICS-1385 9位
9th 2009年9月9日 金剛九尾 KICS-1484 13位
10th 2011年12月21日 鬼子母神 KICS-1733 13位
11th 2014年9月24日 風神界逅 KICS-3104 10位 同時発売
12th 2014年9月24日 雷神創世 KICS-3105 11位
13th 2016年11月30日 迦陵頻伽 KICS-3439 7位
14th 2018年6月6日 覇道明王 KICS-3715 11位

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
1st 2002年7月24日 封印廻濫 KICS-961 63位 インディーズ時代の楽曲の再録音に新曲2曲を追加

ライヴアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
1st 2003年6月25日 赤熱演舞 KICS-1021 68位
- 2006年2月8日 盤之特典 - 特典 陰陽珠玉初回限定盤ボーナスディスク
2nd 2006年6月7日 陰陽雷舞 KICS-1245/46 35位
- 2012年9月5日 鬼拵雷舞 - 特典 絶界演舞 完全限定プレス盤特典 Live CD

2012年3月20日〜4月20日 ツアー『絶界の鬼子母神』各公演に於いて収録

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
1st 2006年2月8日 陰陽珠玉 KICS-91216/7(初回限定盤)
KICS-1216/7(通常盤)
14位 初回限定盤にはボーナスディスクにライブCD『盤之特典』付属
2nd 2010年12月22日 陰陽大全 KIZC-101 - 13 48位 鬼哭転生から金剛九尾までの10枚のスタジオアルバム

アルバム未収録楽曲全集CD『稀少連結

ビデオクリップ全集DVD『活動履歴

収録のボックスセット

3rd 2013年12月4日 龍凰珠玉 KICS-1990/1 18位 新曲2曲と『甲賀忍法帖(龍凰Remix)』収録

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
初回限定盤 通常盤
1st 2002年1月10日 百鬼降臨伝〜陰陽座単独活動絵草紙〜 KICS-1021 7位 2001年9月15日に東京は目黒 THE LIVE STATIONにて収録、インディーズ時代のライヴ
2nd 2003年6月25日 白光乱舞 KIBM-46 40位 2003年1月26日に名古屋 E.L.L.にて行われた『鳳翼麟瞳』発売記念ツアー『鳳凰の翼で舞い、麒麟の瞳で睨み付けろ!!』から収録
3rd 2005年3月2日 我屍越行 KIBM-90078 KIBM-78 圏外 2004年秋冬全国ツアー『我が屍を越えて行け』より最終公演となった2004年12月9日SHIBUYA-AXでのライヴ
4th 2005年8月22日 幽玄霊舞 NBD-7025/26 NBD-25 限定販売 陰陽座公式ファンクラブ「式神倶楽部」、陰陽座公式庵頁、携帯庵頁、および陰陽座のライヴ会場のみでの限定販売
5th 2006年6月21日 珠玉宴舞 KIBM-90108/09 KIBM-108/09 40位 2006年2月25日に行われた中野サンプラザでの『珠玉の宴』を完全収録
6th 2008年1月23日 天下布舞 KIBM-90158/59 KIBM-158/59 44位 2007年9月8日に行われた『天下布武』ツアー千秋楽、Zepp Tokyo公演を収録
7th 2010年4月21日 龍凰輪舞 KIBM-90240/41 KIBM-240/41 24位 2009年12月29日に行われた『龍凰輪舞』ツアー千秋楽、東京 JCB HALL公演を収録
8th 2010年7月1日 式神雷舞 NBD-65 限定販売 2009年8月22日 代官山Unitにて収録

陰陽座公式ファンクラブ「式神倶楽部」、陰陽座公式庵頁、携帯庵頁、および陰陽座のライヴ会場のみでの限定販売

9th 2012年9月5日 絶界演舞 KIBM-90324/25 KIBM-324/25 6位 2012年4月22日 東京NHKホールに於いて収録、完全限定プレス盤特典に「鬼拵雷舞」
10th 2013年12月13日 式神謳舞 NBD-79 限定販売 陰陽座公式ファンクラブ「式神倶楽部」、陰陽座公式庵頁、携帯庵頁、および陰陽座のライヴ会場のみでの限定販売
11th 2015年9月9日 風神雷舞 KIXM-205(Blu-ray)
KIBM-516~517(DVD)
KIXM-205(Blu-ray)
KIBM-516〜517(DVD)
5位
7位
2014年12月7日東京 TOKYO DOME CITY HALLにて収録
12th 2015年9月9日 雷神雷舞 KIXM-206(Blu-ray)
KIBM-518~519(DVD)
KIXM-206(Blu-ray)
KIBM-518〜519(DVD)
6位

6位

2015年2月22日東京 TOKYO DOME CITY HALLにて収録
13th 2017年6月14日 絶巓鸞舞 KIXM-281(Blu-ray)
KIBM-657~658(DVD)

6位
2016年12月23日横浜 パシフィコ横浜国立大ホールにて収録

バンドスコア[編集]

  1. 『陰陽魂譜』(2003年6月23日)
  2. 『鬼哭転生』(2004年1月14日)
  3. 『夢幻泡影』(2004年3月26日)
  4. 『臥龍點睛』(2005年8月20日)
  5. 『珠玉魂譜』(2008年11月21日)
  6. 『金剛九尾』(2010年8月8日)
  7. 『鬼子母神』(2013年10月15日)
  8. 『風神界逅』(2015年7月14日)
  9. 『雷神創世』(2015年7月14日)

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
月に叢雲花に風 TBS系「桂芸能社ポンッ!」エンディングテーマ
毎日放送系「P.S.〜Pop Shake」エンディングテーマ
妖花忍法帖 テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」ファイティングミュージック(エンディングテーマ)
日本テレビ系「爆笑問題のススメ」2003年10月度エンディングテーマ
組曲「義経」〜悪忌判官 テレビ朝日系「完売劇場」エンディングテーマ
甲賀忍法帖 UHF系アニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』オープニングテーマ
黒衣の天女 テレビ朝日系「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
紅葉 日本テレビ系「ルート88」エンディングテーマ
相剋 ニンテンドーDSソフト「犬神家の一族」オープニングテーマ
慟哭 ニンテンドーDSソフト「犬神家の一族」エンディングテーマ
蒼き独眼 ぱちんこCR戦国乱舞大当たりラウンド曲
紺碧の双刃 ぱちんこCR戦国乱舞〜紺碧の双刃〜 テーマソング
青天の三日月 ぱちんこCR戦乱BurST!臥龍の刻時選択可能曲
愛する者よ、死に候え SLOT バジリスク 〜甲賀忍法帖〜Ⅲ テーマソング
桜花忍法帖 UHF系アニメ『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』オープニングテーマ


書籍[編集]

  1. 『百の鬼が欧州を行く』(2006年2月28日)
  2. 『魔王草紙』(2007年12月14日)
  3. 『絶界の鬼子母神』(2011年11月15日)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
近藤廣行 雲は龍に舞い、風は鳳に歌う』『甲賀忍法帖』『甲賀忍法帖 (LIVE Ver.)』『紅葉』『黒衣の天女』『紺碧の双刃』『睡』『醒』『組曲『義経」〜悪忌判官』『組曲「義経」〜来世邂逅』『蒼き独眼
中井庸友 『鳳翼天翔』『妖花忍法帖』
不明 『月に叢雲花に風』『青天の三日月

主なライブ[編集]

  • 1999年 - 『降臨』『産聲』『鼓動』『跫音』『囁鬼』『絶馨』『仰餓』『飛唱』
  • 2000年 - 『宮毘羅』『伐折羅』『迷企羅』『安底羅』『安頁邇羅』『珊底羅』『因達羅』『波夷羅』『摩虎羅』『真達羅』『招杜羅』『毘羯羅』『魍魎の前奏曲』『涅槃の協奏曲』『冥府の交響曲』『荼毘の奏鳴曲』『玉響の狂詩曲』『蠱惑の小夜曲』『百鬼の行進曲』『輪廻の夜想曲』『鋼鉄の輪舞曲』
  • 2001年 - 『二十一世紀の精神異形者』『天』『龍』『夜叉』『乾闥婆』『阿修羅』『迦樓羅』『緊那羅』『摩護羅迦』『時国天』『増長天』『広目天』『多聞天』『千手観音』『極楽地獄』
  • 2002年 - 『煌神羅刹三都大戦 ~東京の陣~』『煌神羅刹三都大戦 ~名古屋の陣~』『煌神羅刹三都大戦 ~大阪の陣~』『春の麗らの百鬼夜行』全国ツアー2002夏『彼の岸喚ぶは夏狂言』
  • 2003年 - アルバム『鳳翼麟瞳』発売記念ツアー『鳳凰の翼で舞い、麒麟の瞳で睨み付けろ!!』
  • 2003年 - 全国単独公演ツアー『ならば、罷り通る!!』
  • 2003年 - 全国ツアー2003年夏『白光赤熱、夏越の神楽』
  • 2003年 - 陰陽座今年最後の大暴れ『然ればこそ覚醒ん』
  • 2004年 - 全国ツアー2004年春『空なればこそ耀かん』
  • 2004年 - 『耀の果ての陰と陽』
  • 2004年 - 全国ツアー2004年秋冬『我が屍を越えてゆけ』
  • 2005年 - 陰陽座ファンのための特設サイト「陰陽座隠れ里」プレミアムライヴ
  • 2005年 - 全国ツアー2005年夏『臥した龍の點を睛せ!』
  • 2005年 - 全国ツアー2005年冬『龍頭龍尾~陰の巻・陽の巻』
  • 2006年 - 陰陽座ツアー2006 『生きることとみつけたり!』
  • 2007年 - 全国ツアー2007『天下布武』
  • 2007年 - 全国ツアー2007『天下布武-冬の陣-』
  • 2008年 - 陰陽座 2008ツアー"魑魅魍魎が夜を行く"
  • 2009年 - しきがみのつどい2009~Decade~
  • 2009年 - 全国ツアー2009『三国伝来玉面金剛九尾の狐』
  • 2009年 - 陰陽座 結成十周年記念公演『龍凰輪舞』
  • 2010年 - 全国ツアー2010『続・生きることとみつけたり!!』
  • 2011年 - 全国ツアー2011『谺』
  • 2012年 - 絶界の鬼子母神
  • 2012年 - 全国ツアー2012 『夏鶯の聲に酔う也』
  • 2013年 - しきがみのつどい2013
  • 2013年 - 2013東名阪ツアー『冬の三都に馳せ侍ふ也』
  • 2014年 - 陰陽座全国ツアー2014『風神』
  • 2015年 - 陰陽座全国ツアー2015『雷神』
  • 2015年 - KING SUPER LIVE 2015
  • 2015年 - 全国ツアー2015『斯くて其の魂に太陽を見る也』
  • 2016年 - 絶巓の迦陵頻伽
  • 2017年 - 全国ツアー2017『頻伽の聲に応ずるが如し』
  • 2017年‐しきがみのつどい2017

ラジオ[編集]

  • 『陰陽座の妖気な百鬼夜行』(CBCラジオ、2002年10月 - 2003年3月 黒猫、瞬火 準レギュラーで招鬼、狩姦、斗羅)
  • 『HOT ROCKIN'』(NACK5、2004年4月 - 2011年3月 黒猫、瞬火のみ)
  • 『陰陽座・黒猫のねこまんまRADIO』(TOKYO FM、2015年10月7日 - 2017年3月 黒猫のみ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 陰陽座 - おんみょうざ - キューブミュージック・2014年3月3日閲覧。
  2. ^ a b Onmyouza reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月21日閲覧。
  3. ^ 陰陽座 | 激ロック インタビュー・2014年3月10日更新。
  4. ^ a b |||陰陽座公式庵頁|||・2017年11月12日閲覧。
  5. ^ アキューム”. アキューム. 2015年5月18日閲覧。
  6. ^ スラドミ!”. 2015年5月18日閲覧。
  7. ^ a b 陰陽座が明かす、妖怪をコンセプトに掲げる理由「海外のバンドが竜や魔法や騎士なら、こっちは妖怪だ」 - Real Sound|リアルサウンド・2017年11月12日閲覧。
  8. ^ 瞬火 (2004年7月31日). “瞬火のまったり徒然草 (HTML)” (日本語). 2008年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]