磯村一路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いそむらいつみち
磯村一路
生年月日 (1950-11-30) 1950年11月30日(67歳)
出生地 日本の旗日本岐阜県
民族 日本人
ジャンル 映画監督、脚本家
活動期間 1979年 -
主な作品
あさってDANCE
がんばっていきまっしょい
解夏

磯村 一路(いそむら いつみち、1950年11月30日 - )は日本映画監督脚本家アルタミラピクチャーズ専務取締役。岐阜県出身。

来歴・人物[編集]

岐阜県立岐阜高等学校早稲田大学第一文学部社会学専修卒業。

早稲田大学卒業後はデザイン会社に勤務するかたわら、新宿のジャズ喫茶などで映画の上映会を主催していた。その上映会のゲストで来ていた若松孝二監督に声をかけられ、1977年から助監督として若松に師事[1]神代辰巳崔洋一高橋伴明監督らの作品にも携わる。

1979年、『レイプゾーン/犯しの履歴書』で監督デビュー。以後は、ピンク映画の監督と平行して助監督、製作主任を務める[2]1989年に、『ギャツビー 僕らはこの夏ネクタイをする!』で一般作品を初監督(1990年公開)。1993年桝井省志プロデューサー、周防正行監督らとともにアルタミラピクチャーズを設立。1996年の周防監督作品『Shall we ダンス?』では、イギリスロケのプロデューサーを担当している。

1998年の『がんばっていきまっしょい』は、主演の田中麗奈らに対するものも含め、その年の映画賞を総なめした。緻密な演出、深い情感をたたえた作品に評価が高い。

インタビューでは、「やはり僕から見ると女性というのは永遠に謎で、撮れば撮るほどわからないところが面白いんです」と話している[1][3]

主な作品[編集]

映画[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

  • 『のぞき』(1983年
  • 『マゾヒスト』(1985年
  • 『シンデレラ・エクスタシー 黒い瞳の誘惑』(1988年
  • 弘兼憲史シネマ劇場『黄昏流星群』(2002年)

プロデューサー[編集]

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 『大激突』(1993年)- 監督
  • 『闇金の帝王 銀と金2』(1994年)- 脚本・監督
  • 『特攻レディース 夜露死苦!』(1994年)- 脚本

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]