周防正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すお まさゆき
周防 正行
周防 正行
生年月日 (1956-10-29) 1956年10月29日(64歳)
出生地 日本の旗 日本東京都目黒区[1]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1982年 -
配偶者 草刈民代(1996年-)
著名な家族 従兄:周防義和
主な作品
ファンシイダンス』(1989年)
シコふんじゃった。』(1991年)
Shall we ダンス?』(1996年)
それでもボクはやってない』(2007年)
終の信託』(2012年)
舞妓はレディ』(2014年)
 
受賞
放送映画批評家協会賞
外国語映画賞
1997年Shall we ダンス?
日本アカデミー賞
最優秀作品賞
1992年『シコふんじゃった』
1996年『Shall we ダンス?』
最優秀監督賞
1992年『シコふんじゃった』
1996年『Shall we ダンス?』
最優秀脚本賞
1992年『シコふんじゃった』
1996年『Shall we ダンス?』
ブルーリボン賞
作品賞
1992年『シコふんじゃった』
監督賞
1992年『シコふんじゃった』
2007年『それでもボクはやってない』
その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
外国語映画賞
1996年『Shall we ダンス?』
ロンドン映画批評家協会賞
外国語映画賞
1998年『Shall we ダンス?』
シカゴ映画批評家協会賞
外国語映画賞
1996年『Shall we ダンス?』
フロリダ映画批評家協会賞
外国語映画賞
1996年『Shall we ダンス?』
ラスベガス映画批評家協会賞
外国語映画賞
1996年『Shall we ダンス?』
サテライト賞
外国語映画賞
1996年『Shall we ダンス?』
備考
紫綬褒章(2016年)
テンプレートを表示

周防 正行(すお まさゆき[2]1956年10月29日 - )は、日本映画監督脚本家太田出版監査役[3][4]

来歴[編集]

東京都目黒区に生まれ[1]、その後川崎で過ごす。幼少時は野球好きで、野球をするために中学はわざわざ遠方の武蔵工業大学附属中学校・高等学校に進学した。しかし中学2年生の時に肘を痛めて野球の道は断念した[1]。高校卒業後に2年間浪人生活を送る[1]1981年立教大学文学部仏文科在学中に非常勤講師として来ていた蓮實重彦の講義「映画表現論」に出会い、卒業後映画監督を目ざす[5]。学生時代は、バイトで金を貯めては独自に8ミリ映画作りをする日々を送った[6]

当時映画界は斜陽産業で映画会社の社員採用試験がなかったが、そんな状況でもピンク映画が作品を量産していたことから、周防はどうにかその撮影現場に入る方法はないかと思案していた。大学4年生の頃とある劇団の女優の紹介で運良く高橋伴明と知り合い、「助監督にして下さい」と頼んで承諾をもらった[注 1]。その後イメージフォーラム映像研究所に進みながら、高橋・若松孝二井筒和幸といった監督のもとで助監督として修行を積む[1]

ピンク映画の制作に携わり、5年後の1984年小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画『変態家族 兄貴の嫁さん』で監督デビュー[注 2]。『朝日新聞』で蓮實がその年のベスト5にあげた。これがピンク映画以外の業界人にも作品を見てもらえるきっかけとなり、ピンク映画以外の映像製作の仕事を依頼されるようになった。その後はカラオケビデオ[注 3]など色々な映像制作で経験を積んだ。

その後、矢島周平名義にてピンク映画にかかわるが、1989年の『ファンシイダンス』で一般映画に進出。1992年シコふんじゃった。』、1998年Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞。1992年には山路ふみ子文化財団特別賞も受賞。

1993年にはアルタミラピクチャーズの設立に参加[7]1997年7月、「Shall we ダンス?」の全米配給で関係の生まれたミラマックスと、以後の映画製作に関するファーストルック契約を結ぶ[8](現在は失効)。2007年に太田出版の監査役に就任[4]。映画「マルサの女」のメイキングビデオの演出を行った関係で故・伊丹十三監督の名前を冠した伊丹十三賞の選考委員を行っている。

2008年、『それでもボクはやってない』が2007年度キネマ旬報ベスト・テン日本映画部門の1位に選ばれる[9]2009年草刈民代とともに第2回プラチナ夫婦アワードを受賞[10]

2011年6月に発足した新時代の刑事司法制度特別部会の委員に選ばれ「取り調べの全面可視化」「証拠の全面開示」「人質司法改善すること」を主張[11]

2013年、『終の信託』で毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞した[12]。翌2014年、山路ふみ子映画賞において第31回文化賞を受賞した[13]

2016年、春の紫綬褒章を受章[14]

2018年3月13日より、立教大学相撲部の名誉監督に就任している[15]

その他[編集]

好きな映画監督は、小津安二郎。「もし小津監督の存命時に会えていたとしても、憧れすぎてそばに行けないほど緊張したと思う」と語っている[6]

個人的に印象に残っている俳優として笠智衆を挙げている。大学時代から「年を取ったら笠智衆のような年寄りになりたい」と思っているとのこと。「マルサの女2」のメイキングビデオの演出を務めた周防は、本編に出演した笠をメイキング映像としてどうしても撮りたくなり、メイキングのカメラマンに頼んで自らビデオカメラで撮影させてもらった[6]

本人曰く「子供の頃から周りの人に喜んでもらったり笑ってもらえることが自分の幸せ。その笑いのコツを学んできたことが映画監督をやる上で役に立っている」とのこと[6]

「Shall we ダンス?」のアメリカのキャンペーンの時に、有名女優のローレン・バコールライザ・ミネリとダンスし感激した[6]

幼少の頃の野球好きから、現在でも東京ヤクルトスワローズの熱狂的ファンである[1]。また幼少時は、野球選手に興味を持つと同時にお寿司屋さんにも憧れていた[6]

作品[編集]

監督[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • 有頂天「カラフルメリィが降った日」(1990年)

製作[編集]

出演[編集]

著書[編集]

小説[編集]

  • シコふんじゃった。(1991年12月、太田出版
  • Shall we ダンス?(1996年9月、幻冬舎

エッセイ・ノンフィクション[編集]

  • 『Shall weダンス?』アメリカを行く(1998年2月、太田出版)
  • スタジアムへ行こう!―周防正行のスポーツ観戦記(2000年9月、角川書店
  • インド待ち(2001年3月、集英社
  • アメリカ人が作った『Shall we dance?』(2005年4月、太田出版)
  • それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!(2007年1月、幻冬舎
  • 周防正行のバレエ入門(2011年4月、太田出版)
  • それでもボクは会議で闘う―ドキュメント刑事司法改革(2015年4月、岩波書店)

対談・インタビュー・寄稿[編集]

  • 古田式(2001年5月、太田出版) - 古田敦也との共著
  • ファンの皆様おめでとうございます(2002年4月、大巧社) - 若松勉との共著
  • 「なぜ小津だったのか」-『小津安二郎 大全』(2019年3月 朝日新聞出版)収録

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみにもし高橋に断られたら、山本晋也に頼みに行くつもりだったとのこと。[6]
  2. ^ この5年間の下積み時代の周防の年収はたった30万~40万円ほどで、本人曰く「この作品は、5年間の低賃金の恨みつらみをこめて好き勝手に作った(笑)」とのこと。
  3. ^ 歌詞と共に流れるドラマ仕立ての映像。曲が流れる約4分間に物語をどう作るか、歌に合わせて別れなら別れでどんな映像に持っていくかを考える。周防は「映像制作のいいトレーニングになった」としている。[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 渡辺俊雄 (2011年11月14日). “渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「周防正行監督・Shall we ダンス?」”. BSコラム. NHKBSオンライン. 2015年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月17日閲覧。
  2. ^ 大辞泉”. 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  3. ^ 会社概要 - 太田出版
  4. ^ a b 太田出版、監査役に周防正行監督 売上高8億6657万円で増収 - 文化通信・2007年12月19日
  5. ^ 立教大学
  6. ^ a b c d e f g h さくらももこのエッセイ「さるのこしかけ」の周防正行+さくらももこによる巻末お楽しみ対談より。
  7. ^ 周防正行(SUO MASAYUKI) - アルタミラピクチャーズ
  8. ^ 『「Shall we ダンス?」アメリカを行く』p.365
  9. ^ 日本映画1位「それでもボクはやってない」 キネマ旬報”. 朝日新聞 (2008年1月10日). 2013年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  10. ^ 周防正行監督、妻・草刈民代に頭あがらず? 『プラチナ夫婦アワード』受賞”. eltha. オリコン (2009年11月17日). 2013年6月22日閲覧。
  11. ^ 2014年4月23日中日新聞朝刊33面「冤罪の危険省みられていない〜捜査側可視化骨抜きの恐れ」
  12. ^ ひと:周防正行さん 毎日映画コンクールで大賞受賞”. 毎日新聞 (2013年1月18日). 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  13. ^ 受賞者一覧、山路ふみ子文化財団、2014年11月20日閲覧。
  14. ^ “704人26団体 紫綬褒章に映画監督の周防正行さん、囲碁棋士の石田芳夫さんら”. 産経新聞. (2016年4月28日). http://www.sankei.com/life/news/160428/lif1604280007-n2.html 2016年4月28日閲覧。 
  15. ^ 周防監督立教大学相撲部就任インタビュー”. 立教大学相撲部. 2018年3月22日閲覧。
  16. ^ “第43回日本アカデミー賞「翔んで埼玉」が最多12部門で優秀賞!「閉鎖病棟」「キングダム」が追う”. 映画.com. (2020年1月15日). https://eiga.com/news/20200115/13/ 2020年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]