田中登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか のぼる
田中 登
生年月日 (1937-08-15) 1937年8月15日
没年月日 (2006-10-04) 2006年10月4日(満69歳没)
出生地 日本の旗 日本 長野県
死没地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ

田中 登(たなか のぼる、1937年8月15日 - 2006年10月4日)は、日本映画監督

経歴[編集]

長野県出身。

明治大学文学部卒業後、日活に入社。日活がロマンポルノ路線に転向するとその一翼を担い、1972年『花弁のしずく』で監督デビュー。耽美的で凝った演出が高い評価を受け、1975~1978年に3本がキネマ旬報ベストテン入り。神代辰巳と並ぶロマンポルノのエース監督と目され、前後して東映の大作にも外部招聘された。映像へのこだわりは常軌を逸することもあり、『発禁本「美人乱舞」より 責める!』では、中島葵を裸で縛ったまま氷雪の池に放り込んで激怒させたと、浦戸宏の著書で回想されている。その後も意欲的なポルノ作品を次々と発表したが、1981年にフリーになって以降は、2時間ドラマの演出などテレビの仕事が中心となった。

2006年10月4日午前9時50分、急性動脈瘤解離のため神奈川県相模原市の病院で死去。69歳。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 黒岩重吾シリーズ 女の熱帯(毎日放送、1980年)
  • 木曜ゴールデンドラマ (よみうりテレビ)
    • 霧の国際空港殺人事件(1981年)
    • 北のめぐり逢い(1982年)
    • その夜は忘れない(1982年)
    • 愛の報い(1983年)
    • 死者をして語らしめよ!(1983年)
    • 主婦・万引き(1983年)
    • 通り魔を弁護した女(1985年)
  • 火曜サスペンス劇場 (日本テレビ)
    • 父と子の炎(1981年)
    • 蝶たちの殺意(1983年)
    • 愛する妻への遺書(1985年)
    • 傍観者殺人事件(1986年)
    • 禁じられた結婚(1987年)
    • 殺人街道シリーズ(1988-1990、1992-1993年)
    • 窓の女(1989年)
    • 松本清張スペシャル・捜査圏外の条件(1989年)
    • 裏口入学殺人事件(1991年)
    • 刑事・鬼貫八郎シリーズ(1993-1994、1999、2001-2002、2004年)
    • 弁護士・朝日岳之助シリーズ(1995-1997、1999-2005年)
    • 指名手配(1998年)
    • 孤独な果実(2000年)
    • 取調室16(2001年)
    • 松本清張スペシャル・鬼畜(2002年)
    • 産婦人科医・南雲綾子 産む女、産まない女(2003年)
    • 年下のひと(2005年)
  • 月曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 悪女の手記(1982年)
    • 白い悪魔が忍びよる(1984年)
    • 金属バット殺人事件(1985年)
  • 土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 鬼火 仮面の男と湖底の女(1983年)
    • 真珠郎(1983年)
    • 処刑教師(1984年)
    • 異常の太陽(1986年)
    • 嫉妬(1986年)
    • 死体を置いていかないで(1996年)
  • 松本清張サスペンス (関西テレビ)

書籍[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]