それでもボクはやってない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
それでもボクはやってない
I Just Didn't Do It
監督 周防正行
脚本 周防正行
製作 亀山千広
関口大輔
佐々木芳野
製作総指揮 桝井省志
出演者 加瀬亮
瀬戸朝香
もたいまさこ
山本耕史
鈴木蘭々
光石研
野間口徹
大森南朋
田中哲司
正名僕蔵
高橋長英
小日向文世
役所広司
音楽 周防義和
撮影 栢野直樹
編集 菊池純一
製作会社 フジテレビジョン
アルタミラピクチャーズ
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 2007年1月20日
上映時間 143分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.0億円[1]
テンプレートを表示

それでもボクはやってない』は、2007年(平成19年)1月20日に公開された日本映画

概要[編集]

周防正行による、『Shall we ダンス?』以来10年ぶりの新作映画。前作の封切り後、時間をかけて続けた地道な調査活動を踏まえ、自ら「どうしても作りたかった」という、日本の刑事裁判人質司法に疑問を投げかける社会派の作品である。監督は、2002年(平成14年)に東京高等裁判所で逆転無罪判決が出た西武新宿線痴漢冤罪事件をきっかけに痴漢冤罪に関心を持ち始めた。自ら取材した数多くの冤罪事件の実在エピソードを作品中にちりばめるなど、痴漢冤罪事件を通じて、人質司法など、日本の被疑者取調べと刑事裁判の人権軽視の実態を映像化している。

2007年(平成19年)8月には、第80回アカデミー賞外国語映画部門に日本代表作品としてエントリーされた。また、同年5月には、スイスジュネーブで開催された国連の拷問禁止委員会に合わせて現地で上映され、委員の過半数が映画を鑑賞したという。

本作品のモデル
主人公のモデルとなった一人に2005年(平成17年)、JR横浜線の電車内で女性に痴漢を働いたとされて東京都迷惑防止条例違反で逮捕・起訴された男性がいる(のち、訴因変更で強制わいせつ罪に格上げされた[2])。男性は無罪を主張したが、2007年(平成19年)の一審で懲役1年6ヵ月の実刑判決を言い渡された。
男性は控訴上告したが、2008年(平成20年)12月最高裁判所は上告を棄却し、実刑判決が確定した。この事件に関しては、テレビ朝日報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル』(痴漢事件で涙の収監「それでもパパはやってない」 = 2009年(平成21年)10月25日付放送)にて放送された。
また、本作の前半部に出てくる人権派の裁判官は、木谷明がモデルとなっている[3]

ストーリー[編集]

フリーター金子徹平は、朝の通勤通学ラッシュに大混雑する電車で就職面接に向かう際、女子中学生に痴漢と間違えられて、有無を言わさず駅員室に連行されてしまう。無実の罪を被って示談で済ませるという妥協案を拒み、あくまで濡れ衣を晴らそうとした徹平は、まもなくやってきた警官に逮捕・連行され、更には起訴されてしまう。

「被害者」の少女に事実確認することもできず、刑事たちは彼の無実の弁明を信じようとはしない。心が折れかけた徹平だが、彼の無実を信じる家族や親友、元彼女らの運動で、元判事の荒川弁護士や市民団体の助力を得て、徹平は証拠を固めて裁判で真実を明らかにしようとする。

しかし、検察の立証が不十分との心証を形成していた若手の担当裁判官、大森判事が突如異動となり、当初から検察よりの心証を形成している室山判事が担当裁判官となったことで、裁判の行方には暗雲が立ちこめ始める。さらに、自身の部屋から痴漢もののアダルトビデオが発見されるなどの裁判に不利な証拠が見つかり、ますます状況は不利な立場になっていく。目撃者の女性を探し出し証人尋問を行う、再現ビデオの製作などの努力もむなしく、徹平は有罪判決を受けてしまう。

徹平は判決に控訴し、これからも身の潔白を証明するために戦い続ける。

キャスト[編集]

  • 金子徹平(加瀬亮) - 主人公。
  • 荒川正義(役所広司) - 徹平の主任弁護人で元裁判官。
  • 須藤莉子(瀬戸朝香) - 徹平の弁護人。当初は痴漢事件の弁護を嫌がっていた。
  • 金子豊子(もたいまさこ) - 徹平の母。
  • 斉藤達雄(山本耕史) - 徹平の親友。
  • 青木富夫(竹中直人) - 徹平の住むアパートの大家。
  • 大森光明(正名僕蔵) - 徹平の裁判を当初担当していた元東京地方裁判所裁判長。裁判途中で転勤となる。この直前、彼が出した無罪判決2件が東京高裁で破棄されている。木谷明がモデル。
  • 室山省吾(小日向文世) - 大森に代わって徹平の裁判を担当した裁判長。
  • 古川俊子(柳生みゆ) - 徹平に痴漢をされたと訴えた女子中学生。事件後、電車が怖くなり、乗れなくなる。
  • 土井陽子(鈴木蘭々) - 徹平の元彼女。
  • 小倉繁(野間口徹) - 徹平の大学時代の先輩。
  • 佐田満(光石研) - 別の痴漢冤罪事件の被告人。一審で無罪判決を受けるが、検察が控訴し、二審で逆転有罪判決を受ける。
  • 佐田清子(清水美砂) - 佐田の妻。
  • 広安敏夫(大和田伸也) - 佐田の控訴審を担当した東京高裁裁判長。
  • 田村精一郎(益岡徹) - 徹平の母から相談された弁護士。
  • 浜田明(田中哲司) - 徹平が呼んだ当番弁護士。アティカス法律事務所所属。
  • 市村美津子(唯野未歩子) - 徹平の無実を知る目撃者。
  • 月田一郎(田口浩正) - 徹平が現行犯逮捕された際の目撃者。
  • 西村青児(徳井優) - 警視庁岸川警察署の留置場担当の警察官。徹平が保釈された際には、労い、担当刑事が不起訴だと思っていたことを伝えた。
  • 山田好二(大森南朋) - 岸川署警部補刑事)。徹平の取り調べを担当。手の付着物検査もせずに「正直に認めればすぐに出られる。略式で罰金を払えば釈放だ」と言い自白を迫った。裁判ではそれを否定するという嘘の証言を行った。
  • 和田精二(田山涼成) - 山田の上司。
  • 三井秀男(本田博太郎) - 留置場での同房者。
  • 新崎孝三(尾美としのり) - 徹平の公判立会検事。
  • 宮本孝(北見敏之) - 徹平の捜査を担当した東京地方検察庁副検事。「いつまでも否認してただで済むと思うなよ」「絶対に落としてやるからな」などと自白を迫り、起訴した際には「裁判しても無罪はないよ」と脅した。
  • 板谷得治(高橋長英)- 裁判の傍聴人。
  • 北尾哲(山本浩司)- 同上。
  • 平山敬三(石井洋祐) - 城北急行電鉄岸川駅駅員。話を聞くと言い徹平を駅員室へ誘導したが、実際には話を聞かずに警察を呼んだ。
  • 広瀬邦彦(野元学二) - 特例判事補。
  • 本田大輔
  • 高橋和勧
  • 矢島健一
  • 今井茂雄
  • 林田麻里
  • 菅原大吉
  • 鈴木浩介
  • 桂木悠希

スタッフ[編集]

受賞[編集]

2007年(平成19年)度の以下の映画賞を受賞する。

書籍[編集]

備考[編集]

周防は2017年のインタビューで、上述のオチにした理由について、周防はこのオチにした理由について、「あれが現実だから。裁判が最後に真実を明らかにするという幻想を打ち砕きたくて、みんなに、本当に嫌な思いで映画館を出てほしかったんです。日本の刑事裁判はこれほど酷いものだということをきちんと伝えたかった」と述ている。

また、人質司法については、「以前は、東京地裁は『否認していると勾留23日間』という現実があったのですが、今は否認しているからといって必ずしも勾留するわけではなく、2日ほど警察にいて、そのあと検察に送致。そこで検察官が勾留請求しても裁判所が却下するケースが増えているようです」とし(「痴漢冤罪#冤罪被害の問題点」も参照)、この年の上半期に相次いだ「痴漢被疑者による線路への逃走」に触れ「ホーム上に誰かを突き落とすことになったり、線路に飛び降りて危険な目にあったり、誰かに取り押さえられたら痴漢の犯人だという証拠を与えてしまうことになるので、絶対やらないで。今は勾留期間も短くなっているので、(身分を明かして弁護士を呼ぶなどの)ちゃんとしたプロセスを踏んでほしい」と呼びかけている[4]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 横浜線事件(町田事件)
  3. ^ 周防正行『それでもボクはやってない』(幻冬舎 、2007年) ISBN 9784344012738
  4. ^ “周防正行に聞く、痴漢に疑われたら真っ先にすべきこと”. J-WAVE NEWS (J-WAVE). (2017年6月14日). https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/06/post-199.html 2018年10月3日閲覧。 
  5. ^ しかし、高橋はその後2015年12月26日に窃盗及び建造物侵入の容疑で逮捕されたため、コンビ解散及び当時所属していた事務所を解雇されている(詳細は本人の項も参照)。