長田達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おさだ たつや
長田 達也
生年月日 1952年
出生地 日本の旗 日本 山梨県山梨市牧丘町
職業 照明技師
活動期間 1971年 -
活動内容 1971年:照明助手
1983年:技師昇進

長田 達也(おさだ たつや、1952年 - )は、日本の照明技師である。

人物・来歴[編集]

1952年(昭和27年)、山梨県山梨市牧丘町に生まれる。

1971年(昭和46年)、照明助手としてテレビ映画、独立プロダクションの作品に参加。1983年(昭和58年)、森崎東監督作品で初めて技師を手掛けた。

撮影現場では照明だけでなくさまざまな提案をする照明マンとしても有名で、周防正行監督や矢口史靖監督のブレインとしても活躍している。

1997年(平成9年)、『shall we ダンス?』で第20回日本アカデミー賞 最優秀照明賞を受賞。以後、2002年(平成14年)『陰陽師』、2004年(平成16年)『壬生義士伝』、2008年(平成20年)『それでもボクはやってない』、2010年(平成22年)『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』『舟を編む[1]の5作品で優秀照明賞を受賞。

照明担当作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月20日閲覧。

関連項目[編集]