高橋和勧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 和勧(たかはし かずゆき、1966年8月23日 - )は、日本俳優映画監督内閣官房地域活性化伝道師。所属事務所は嵐レコード。身長187cm、血液型AB型。

経歴・人物[編集]

東京都杉並区出身。大阪上宮高校を卒業しミナミの盛り場を中心に壮絶で波乱万丈な人生を送る[要出典]その後、個人にて1996年Y・T企業コンサルタント(大蔵省近畿財務局承認)を設立。[要出典]

ふるさとは愛媛県温泉郡中島 (愛媛県)町、本島長師。同胞である金子正次の影響で業界入り。[要出典]

飲食業金融業多角経営からの転身である。特技は琉球古武術

現在は、俳優業、社会活動、地域創造、家紋、瀬戸内海の島々の歴史研究など、NPO法人ワップフィルム理事長の他に社会問題を意識した映画企画の立案の具現化のため、監督脚本プロデューサーも務める。 新しい形のリージョンフィルム(地域映画)の第一人者。産官学金市民、第三セクターとの協働。制作サイド、出演者サイド共、プロ、アマ、職業問わない工程を終始一貫と(全員参加型秩序)した映画製作を開発。市民主体、地域主体、地域連携、社会連帯を推進し映画を通じ、その諸々の問題解決への未来を見据えた場の構築、上映フューチャーセッションの先駆者。人材育成、事業開発また異色な講演、執筆活動などを行っている。

2012年9月、内閣官房Cabinet Secretariat地域活性化統合事務局地域活性化統合本部)付、地域活性化伝道師に任命。これ迄の様々な社会実体験で培われた0ベースの活動の功績が大きい。

2013年7月、東京都大田区蒲田のキネマ通り商店街の空き家をリノベーションし、キネマフューチャーセンター創設。コワーキングスペースミニシアターの機能を備え、企画、運営。

映画作品[編集]

映画出演[編集]

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]