留置場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

留置場(りゅうちじょう)とは、被疑者の身柄を収容する警察署内の施設。捜査実務では、警察官が被疑者を逮捕警察署に引致後、必要と認められた場合にはその身柄は一定時間、警察署の留置場に収容される。また、勾留状を執行された被疑者の大半についても、勾留場所として警察署の留置場が活用されている[1]。起訴前段階における被疑者勾留の場所として留置場を充てる実務運用の根拠は刑事収容施設法15条にあり、これを代用刑事施設とよぶ[2]俗称として、豚箱(ぶたばこ)と呼ばれる[3]

概要[編集]

代用刑事施設[編集]

留置は、通常で2泊3日、長くても21泊22日が限界で、それ以上の取調べが必要な場合は、起訴し、法務省所管の刑事施設に身柄を移さなければならない。

ただし、刑事施設が定員を超過している場合や、警察が能率を優先させた場合などに、被留置者を刑事施設に移送せず、警察署内の留置施設に留め置かれる場合もある。

これを代用刑事施設と呼び(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第15条)、司法機関ではなく警察官の監督下に置かれることから、自白の強要や冤罪を生みやすいと問題視する意見もある。

弁護人[編集]

弁護人弁護士)は刑事弁護だけで生計を立てることが不可能であるため、他業務と並行して弁護も行っている。代用刑事施設拘置所より場所・時間的に便利な面があるため廃止された場合に接見に行くことが難しくなるなど、弁護活動に障害が生ずる可能性もある。

代用刑事施設のある警察署は主要な街の中心にあるなど交通の便の良いところにあることが多いが、拘置所(拘置支所)や刑務所にある拘置区は街中にある所は少ない。

保護室[編集]

なお「泥酔者を保護するために留置場に入れられる」と勘違いしている人が見受けられるが泥酔者他の「要保護者」が入るのは「保護室」(いわゆるトラ箱)であり警察官職務執行法第3条第1項及び酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律第3条第1項に基づく警察署内の施設であって、留置場とは全く別の施設である(なお、泥酔して何らかの犯罪に及び、逮捕された場合には、留置場行きである)。

このような勘違いの一因として、留置施設によっては夜間の監視体制等の問題から保護室が留置場に隣接しているケースがあることが考えられる。

留置場は「逮捕された身柄」や「勾留状によって勾留された身柄」を収容する施設で、要保護者が留置場に入れられてしまったら逮捕・監禁罪になりかねない。

留置場での生活[編集]

一日の流れ[編集]

  • 06:30 起床・清掃・洗面
  • 07:00 朝食
  • 07:30 運動(官本および私物貸出)
部屋ごとに敷地内の運動場で行う
電動髭剃り爪切りが使用可能
タバコの喫煙も可能(本数は2本まで)※平成25年4月1日より全国の留置施設で禁煙[4]
書籍は3冊までが場内に持ち込み可能
入浴は週2回程度(5日に1回以上が規定。大体は2週間で3回で運用されている)行われ、入浴日は運動と入浴を同時に行う
洗濯は週1回程度行われ、警察官が場内に設置された洗濯機乾燥機を使って洗濯する
  • 12:00 昼食
  • 17:00 夕食
  • 20:30 洗面・就寝準備
  • 21:00 就寝
本などを回収

入場手続[編集]

  • 診断室と称される部屋で身体検査や所持品検査が行われる
  • 貴重品のリストを作成し、場内への持ち込みが認められた所持品以外はすべて預かりとなる

衣服[編集]

  • 逮捕時に着用していた衣服のうち、がついていたり、過度な装飾(金具などのアクセサリー類)がなされているもの、またヒートテックなどの伸縮性の強い衣類も留置場への持ち込みができない(自殺阻止のため)
  • 同条件で外部からの差し入れも可能
  • 十分な衣服を所持していない場合は警察署より貸与を受けることも可能(貸与品であることを示す「トメ」(留)と表記されている)
  • 履物はサンダルを使用する

物品の購入[編集]

  • 洗面用具便箋切手などの指定された商品については「願箋」(がんせん)を提出し購入することが可能である
  • 容疑者の食事については警察署と契約した業者(地元の仕出屋食堂弁当チェーン等)が警察署に配達する弁当が提供される。容疑者の食事は警察側で用意することが法律で決まっており、警察署で出される弁当は、当然のことながら税金で賄われている。そのため「官弁」(かんべん)と言われている[5]
  • 容疑者が官弁に不満があるなどの場合には自費で別メニューの弁当を注文することも可能で、そうした注文弁当は「自弁」(じべん)と呼ばれている[5]
  • 自弁は昼食のみ可能というケースが多いようであるが、 1回100円程度の菓子が購入できたり、夕食時にパックジュースコーヒーが購入できたりと警察署によっては食事以外の自弁制度もある[5]

接見[編集]

  • 外部との接見は面会室で行う
  • 弁護人(≒弁護士)との接見に関しては秘密交通権が認められているため警察官の立会は行われずいつでも行うことができる
  • その他の外部者との接見に関しては指定時間内に警察官の立会いの下で行われる
  • 裁判所より接見禁止とされた場合は弁護人以外(ジャーナリストや家族)との接見が許可されない
  • 警察官立会いの接見の場合はたとえ外国人同士であろうと日本語の使用となる
  • 同様に外部との信書のやりとりも外国語によるものが認められない
  • 物品のやり取りを「交通」と称す。外部から内部への移動は「差入れ」、内部から外部への移動は「宅下げ」と称す
  • 差入れ可能な物品は警察署ごとに異なるが衣類や書籍、一部の日用品に限定される
  • 自殺防止のためヒモまたはヒモ状の物品はもちろん、女性用ブラジャーマスクなども差入れることはできない
  • 薬も差入れることはできない
  • 留置場には常備薬が備えられており、警察官に申し出れば、風邪薬、下痢止め、頭痛薬などの簡単な薬を処方してもらえる[6]
  • あくまでも市販薬を処方するだけで、医療機関から処方してもらい日常的に服用している薬があれば、医療機関まで護送してもらい、医師に処方してもらうことになる[6]
  • 留置場では月に1回、医師の健康診断が行われるが、通常は身体検察室において、簡単な問診と胸に聴診器を当てる程度である[6]
  • 緊急に医療機関の受診を希望する場合は、医療機関まで護送してもらい、警察官立会いのもと、医師の診察を受けることになる[6]

検察送致[編集]

  • 検察庁送致されることを「順送」(じゅんそう)もしくは「押送」(おうそう)、検察より戻る場合は「逆送」(ぎゃくそう)と称す[7]
  • 順送対象者は運動等を優先して行い所定時間に集合し両手錠された上で送致される
  • 検察までは基本的に各警察署を巡回する護送車により送致される
  • 勾留質問などで裁判所に送致される場合も検察まで他収容者と共に送致され、そこから裁判所に送致される

釈放[編集]

  • 勾留期限が満了となる場合、私物を封緘した紙袋に入れ順送され、手続き完了後に検察庁にて釈放される
  • 検察による中間質問または裁判官による勾留質問で釈放となった場合、逆送された後に警察署にて釈放される

その他[編集]

  • 毎日一定時間にニュースや音楽などラジオ番組を聴くことも可能[8]
  • 無料で新聞や備え付けの本を読むこともできる[8]
  • ただし収容者が関係した事件に関する記述は検閲(一部学説の定義による)により墨塗りとされる

脚注[編集]

  1. ^ 留置場 りゅうちじょう〔リウチヂヤウ〕 - コトバンク
  2. ^ 代用刑事施設 ダイヨウケイジシセツ
  3. ^ 松村明編 「豚箱」 『大辞林』(第2版) 三省堂、1995年。ISBN 4-385-13900-8 
  4. ^ 留置施設を全面禁煙に 警察庁、受動喫煙を防止 日本経済新聞 2012/12/20
  5. ^ a b c 官弁と獄メシ 生鮮取引電子化推進協議会 事務局長 織田 哲雄
  6. ^ a b c d 留置場での生活 | 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
  7. ^ 北芝健『刑事捜査バイブル』双葉社、2011年。p.p.190-191。ISBN 978-4-575-30368-1
  8. ^ a b 酒井法子容疑者、留置場ではノーブラ - 日刊スポーツ

関連項目[編集]