学級担任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

学級担任(がっきゅうたんにん、: class teacher, homeroom teacher)は、学級を担任する教員のことである。担任(たんにん)、担任教員(たんにんきょういん)などとも呼ばれ、学校種によっては、担任教諭(たんにんきょうゆ)などとも呼ばれることがある。

学校などの教育機関における学級は、一定数の在校生幼児児童生徒学生)から編成され、学級担任は、学級ごとに定められる。一般的に学級担任は、在校生の教育に関する責任日常業務の中で負っている。

概要[編集]

日本就学前教育幼稚園など)や初等教育小学校など)では、学級担任による教育活動が、ほとんどの時間で行われている。一方、中学校高等学校などの中等教育では、原則として各教科ごとに専門の教員(教科担任)が配置され、学級担任は、自分の専門の教科(自分の専門教科の違う教員が担当する事態も多々見られる。)と、学級活動の時間や道徳の時間(前期中等教育〔中学校など〕まで)を担当する。そのほか、生徒指導進路指導なども、日常的に学級担任が担当する場合が多い。担任持ち上がり制の学校もある。

また、学校事務において、在校生1人1人の学習などの記録である指導要録通知表調査書など、1人1人の在校生にかかわる文書の記載を行うことなども、通例、学級担任の職務である。

必ず各学年ごとに課程修了の認定がなされてから次学年の課程に進む学年制による教育であり、かつ、1つの学年に複数の学級がおかれる場合にあっては、同じ学年同士の学級担任によって学年担任会(学年団、あるいは学年会ともいう)が組織され、学年全体に共通する教育方針の協議などが行われることが多い。また、学年による教育課程の区分を設けない単位制による教育の場合にあっては、学年制に準じることのほか、学校の生徒全体を何らかの基準によって区分し、その区分ごとに担任会(担任団)が組織されることも多い。

関連項目[編集]