ミドルスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミドルスクール(middle school)は、アメリカ合衆国などの中等教育機関。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国には全国共通の教育制度がなく各州さらには学区によっても教育制度は異なる[1][2]

初等教育から中等教育の学校制度には、8-4制、4-4-4制、4-2-2-4制、5-3-4制、6-6制などがあるが、アメリカ合衆国全体では5-3-4制が一般的である[2]バージニア州の公立学校の場合、Elementary School(小学校)、Middle School(中学校)、High School(高校)の6-2-4制が一般的である[1]

アメリカ合衆国の前期中等教育には、Middle School(中間学校)やJunior High School(中学校)のほかIntermediate School(中級学校)がある[2]。また中等教育を一貫して行う6年制の中高一貫校(Combined Junior Senior High School)もある[2]

アメリカ合衆国のミドルスクールは、学年に応じて授業のレベルが決定されているわけではなく、それぞれの生徒は習熟度に合わせた授業を取ることが一般的であり、生徒ごとに取っている授業が違うことも多い[1]

アジア地域[編集]

カンボジア[編集]

カンボジアの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)3年、High school(高校)3年の6-3-3制となっている[3]

パキスタン[編集]

パキスタンの教育制度は、Primary School(小学校)5年、Middle School(中学校)3年、Secondary School(準高等学校)、Higher Secondary School(高等学校)2年の5-3-2-2制となっている[3]

ベトナム[編集]

ベトナムの教育制度は、Primary School(小学校)5年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の5-4-3制となっている[3]

ミャンマー[編集]

ミャンマーの教育制度は、Primary School(小学校)5年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)2年の5-4-2制となっている[3]

アフリカ地域[編集]

エジプト[編集]

エジプトの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)3年、High school(高校)3年の6-3-3制となっている[3]

ガーナ[編集]

ガーナの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)3年、High school(高校)3年の6-3-3制となっている[3]

ギニア[編集]

ギニアの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の6-4-3制となっている[3]

ギニア・ビサウ[編集]

ギニア・ビサウの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の6-4-3制となっている[3]

ザンビア[編集]

ザンビアの教育制度は、Primary School(小学校)7年、Middle School(中学校)2年、High school(高校)3年の7-2-3制となっている[3]

トーゴ[編集]

トーゴの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の6-4-3制となっている[3]

ニジェール[編集]

ニジェールの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の6-4-3制となっている[3]

ブルキナファソ[編集]

ブルキナファソの教育制度は、Primary School(小学校)6年、Middle School(中学校)4年、High school(高校)3年の6-4-3制となっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 世界の学校を見てみよう! アメリカ合衆国 外務省、2018年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d グローバル化時代の国際教育のあり方国際比較調査 第6章 アメリカの教育課程 JICA、2018年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 各国の教育制度 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン、2018年5月28日閲覧。

関連項目[編集]