あの夏、いちばん静かな海。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あの夏、いちばん静かな海。
A Scene at the Sea
監督 北野武
脚本 北野武
製作 舘幸雄
出演者 真木蔵人
大島弘子
音楽 久石譲
撮影 柳島克己
編集 北野武
製作会社 オフィス北野
東通
配給 東宝
公開 日本の旗 1991年10月19日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あの夏、いちばん静かな海。』(あのなつ いちばんしずかなうみ)は、1991年公開の日本映画

ビートたけしが本名の北野武名義で監督した3作目の作品である。本作で初めて、音楽に久石譲が起用された。

ストーリー[編集]

収集車でのごみ回収を仕事とする聾唖の青年・茂がごみとして出された先端の欠けたサーフボードを見つけ、持ち帰る。彼はそのボードに発泡スチロールを継ぎ合わせ、同じく聾唖の彼女・貴子を誘い海へ向かう。

茂はサーフィンにのめり込み、貴子は砂浜に座っていつもそれを見つめていた。修繕したボードはほどなく壊れ、新品を買った彼はますますサーフィンに夢中になる。初めは茂をバカにしていた地元のサーファーたちも、サーフィンに打ち込む彼を見直すようになる。ついに茂は仕事を休みがちになり上司に叱咤される。しかしその後は上司の理解もあり、上達した腕前で大会での入賞も果たす。

そんなある日、いつものように貴子が海にやってくるが、そこには茂の姿は無く、波打ち際で漂う彼のサーフボードだけが残っていた。

出演者[編集]

作品の評価[編集]

  • 作品の随所にを使用したことが特徴であり、後の「キタノ・ブルー」の原点とされることもある。
  • 北野作品で初めてヤクザの登場やバイオレンス描写のない恋愛・青春映画としても話題となったが、次作『ソナチネ』では再びバイオレンス映画に回帰した。
  • 淀川長治は「ビートたけしと言う人は、お年寄りのことを馬鹿にしたりするので嫌いだったが、この映画を観て考えが変わった、一度会いたい」という旨の発言をしている。その後、映画雑誌でのインタビューにおいて、「あのね、日本の映画の歴史の中でね、一番言いたいくらいあの映画好きなのね。なんでか言うたらね、あれってとってもサイレントなのね。サイレントだけど見とったらラブシーンが一番いいのね」との賞賛を残した[1]。また、蓮實重彦もこの映画を絶賛している。
  • 黒澤明も高評価したが、一方で「よくわからないラストシーンはいらなかった」と指摘している。これに対して北野は「観客に対するサービスだった」述べている[2]
  • 北野が『文藝春秋』で勝新太郎と対談した際、「お前、この映画撮ってて気持ち良かっただろ。でも観る側にすれば、これほどキツイものはないよ」と言われた[3]
  • 脚本家の笠原和夫は当初この映画を酷評したが、後に北野映画全体への評価を改めている[4]

エピソード[編集]

  • 北野の監督作品として初めて本人が出演しなかった。
  • 北野作品の中で、2017年現在まで唯一の東宝配給作品である。
  • 主演の大島弘子唯一の映像作品出演作である。バラエティ番組『少女雑貨専門TV エクボ堂』に出演していた際、共演していた司会の兵藤ゆきの紹介で北野と会い、彼は一目見て即座に映画への起用を決めたという。大島はパンフレットのインタビューにおいて「映画出演を続けたい」旨を語っていたが、日本アカデミー賞授賞式のインタビューで役者を続けるかどうか問われ「分かりません」と答え、その後芸能活動を引退した。
  • サーフィンに打ち込む茂を初めはバカにするものの、次第に感化されてしまうボンクラコンビのサッカー少年を演じた小磯勝弥は、子役時代に「たけしくん、ハイ!」で少年期のたけし役を演じていた。
  • 音楽を担当した久石は当初、エリック・サティ風の楽曲をメインテーマとして制作を進めていたが、サブとして作られた「Silent Love」を北野が気に入ったため、こちらがメインテーマに採用された。久石はこの曲だとロマンチックすぎてクールな映画にならないと主張したが、北野にはサティ風だと『その男、凶暴につき』のイメージに戻ってしまい、ラブストーリーにならないという計算があったのだろうと述べている[5]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 98年2月キネマ旬報増刊「フィルムメーカーズ2 北野武」
  2. ^ 「黒澤明が語る日本映画論」
  3. ^ 勝新対談集『泥水のみのみ浮き沈み』文藝春秋社、1994年
  4. ^ 笠原和夫『映画はやくざなり』新潮社、1993年、p117
  5. ^ 久石譲『I am 遥かなる音楽の道へ』メディアファクトリー、p128-130、1992年

外部リンク[編集]