砂の女 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂の女
Woman in the Dunes
監督 勅使河原宏
脚本 安部公房
原作 安部公房
製作 市川喜一、大野忠
出演者 岡田英次岸田今日子
音楽 武満徹
撮影 瀬川浩
編集 守随房子
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年2月15日
(全国公開は1964年4月14日)
アメリカ合衆国の旗 1964年10月25日
上映時間 147分(モノクロ)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

砂の女(すなのおんな、 Woman in the Dunes)は1964年に公開された勅使河原宏監督の日本映画作品。

概要[編集]

安部公房の小説「砂の女」を自ら脚本を担当。1963年昭和38年)に日本シナリオ作家協会の雑誌「シナリオ」1月号に掲載、1964年(昭和39年)に雑誌「映画芸術」2月号に再掲載された。映画撮影は静岡県小笠郡浜岡町の千浜砂丘で行われた[1]

封切は1964年(昭和39年)2月15日にみゆき座ほか東宝系列の洋画ロードショー。そして同年4月14日に全国公開となった。

公開時の惹句は「突然 ある日 仁木順平は失踪した ずりおちた穴の奥深く 激しく開く女がいた[2]」である。併映は岡本喜八監督作品「ああ爆弾」(主演:伊藤雄之助)。

現在の著作権一般財団法人草月会[3]

受賞記録[編集]

国内[編集]

海外[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・脚本:安部公房
  • 製作:市川喜一・大野忠
  • 製作主任:吉田巌
  • 撮影:瀬川浩
  • 音楽:武満徹
  • 美術:平川透徹
  • 照明:久米光男
  • スチール:吉岡康弘
  • 録音:加藤一郎、奥山重之助
  • 音響効果:森啓二
  • 製作:勅使河原プロダクション

ソフト化[編集]

  • ビデオテープは1990年(平成2年)11月1日、CBSソニーグループより発売
  • DVDは2002年(平成14年)4月14日に発売、カンヌ国際映画祭出品後は122分だったが、劇場封切り時の147分バージョンを38年ぶりに公開した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 静岡・浜松・伊豆情報局
  2. ^ a b 「さ行――砂の女」(なつかし 1989
  3. ^ アヴァンギャルド・ニッポン 安部公房×勅使河原宏
  4. ^ 「昭和39年」(80回史 2007, pp. 144-149)
  5. ^ 「1964年」(85回史 2012, pp. 210-218)
  6. ^ HMV&BOOKS