その男、凶暴につき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
その男、凶暴につき
Violent Cop
監督 北野武
脚本 野沢尚
製作 奥山和由
出演者 ビートたけし
白竜
川上麻衣子
佐野史郎
音楽 久米大作
撮影 佐々木原保志
編集 神谷信武
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1989年8月12日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 4億6000万円
興行収入 7億8000万円
配給収入 5億円
テンプレートを表示

その男、凶暴につき』(そのおとこ、きょうぼうにつき)は、1989年8月12日公開の日本映画北野武の映画初監督作。松竹富士配給。興行成績は、配給収入が5億円[1]

キャッチコピーは「コドモには、見せるな。

なお、興行上の理由で、宣伝ポスターでは主演・監督ビートたけしとされ、フィルムのクレジットでは監督北野武、主演ビートたけしとなっている[2]

あらすじ[編集]

首都圏にある某都市に住む男、我妻諒介は犯罪者を追い詰めるためには暴力の行使も辞さない凶暴な刑事。浮浪者を襲った少年たちの一人の自宅へ押し入って殴る蹴るの暴行を加えた挙句、自白を強要するほど。その行き過ぎた捜査と粗暴な性格から、勤務する港南警察署[3]でも危険人物として敬遠されていた。新たに警察署署長になった吉成から注意を受けるほど、警察という組織にあって浮いた存在の我妻だったが、自身を理解してくれる数少ない同僚と他愛もない冗談を言い、菊地という若い新人刑事が相棒となり、ある時はを酌み交わし、完全な孤立は辛うじて免れていた。さらに我妻には、精神障害を持つ妹・灯がおり、我妻は灯のことを大切にしていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

本作の映像の一部を提供した映画[編集]

製作[編集]

深作欣二によると、奥山和由が意向として出したアクション映画という部分にひっかかりがあり、時間を取っているうちにタイミングを逸してスケジュール調整が出来なかったため、彼は監督を降りる[6]。結局、奥山がビートたけしのスケジュールに沿って好きに撮っていいということで、ビートたけしに監督を依頼[7]。ビートたけしは脚本の書き直しを唯一の条件にこれを引き受け[8]、北野武名義で監督を務める事となった。

奥山和由は「コドモには、見せるな。」というキャッチコピーで、危ない映画というイメージで作品を売り出した。

脚本[編集]

脚本を手がけた野沢尚は、内容が大幅に改編されたことに納得出来ず、宝島社刊『別冊宝島144 シナリオ入門』の脚本家アンケートにて「変えられる前の『その男、凶暴につき』」と記入する程だった。亡くなる直前の2004年に出版されたオリジナル・シナリオを元にした長編小説『烈火の月』で、自分なりの決着を付けている[9]

評価[編集]

たけしの処女監督作品は、『キネマ旬報』ではほぼ賛辞一色であったという[10]。山根貞男は、当時数多く登場していた有名人の新人監督の一人と見くびっていたが、徹底してハードな暴力描写に度肝を抜かれたとし、突出した新人監督だと才能を評価した[11]。監督予定だった深作欣二も「面白かった」と感想を述べ[12]松本人志は北野武作品で一番好きな作品としている[13]

野沢尚の評価[編集]

脚本の野沢尚は、他人の手で脚本に手を加えられたことに不愉快さを抱き、そんな作品は駄作に仕上がることを願ってすらいたが[14]、たけしのアイディア力、特にクライマックスにおける妹の銃殺を高く評価していた。ただし、本作が傑作に仕上がったのは偶然であり、「きっとアイツは馬脚を現すに違いない」というのが野沢の北野武評であった[15]

受賞歴[編集]

パロディ[編集]

ビートたけしがレギュラーを務めていた、バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)のレギュラー放送最終回となる、1989年(平成元年)8月26日放送分は、本作の公開直後ということもあり、「タケちゃんマン」コーナーで本作のパロディを行った。北野武監督役を松村邦洋が演じた[16]

その他『その○○、△△につき』という言い回しは、様々な場面で用いられることがある(週刊新潮2017年6月29日号の「その女代議士、凶暴につき」など)。

題名を捩った作品[編集]

その他[編集]

  • この作品の原題だった『灼熱』は、後に『TAKESHIS'』において劇中劇としてポスターが登場している。

脚注[編集]

  1. ^ 大高宏雄は「まずまずの成績」と評している(大高宏雄「北野武『3-4X10月』の位置」『興行価値』鹿砦社、1996年、p.34)
  2. ^ 森昌行『天才をプロデュース?』新潮社、2007年、p.78
  3. ^ 我妻の勤務する港南警察署は、警視庁管内という設定であり、これは架空の署である。
  4. ^ 我妻は後に本作から3年後に公開された映画『魚からダイオキシン!!』に同一キャラとしてゲスト出演している。
  5. ^ http://eiga.com/news/20131023/3/
  6. ^ 深作欣二、山根貞男『映画監督深作欣二』ワイズ出版、2003年、pp.449-450
  7. ^ 東京新聞編集局編『映画監督50人 自作を歩く』東京新聞出版局、2001年、p.143
  8. ^ 「世界のキタノ」北野武に学ぶ自前キャリア育て”. NIKKEI. 2010年9月11日閲覧。
  9. ^ なお、この小説の初出媒体は奇しくも、因縁のたけしが辛口コラムを長期連載中の『週刊ポスト』誌だった。
  10. ^ 田山力哉『辛口シネマ批評 これだけは言う』講談社、1993年、p.62。
  11. ^ 山根貞男『日本映画時評1986-1989』筑摩書房、1990年、pp.277-278
  12. ^ 浅草キッド「VS深作欣二」『濃厚民族』スコラマガジン、2003年、p.20
  13. ^ ビートたけし『頂上対談』新潮社、2001年、p.73
  14. ^ 野沢尚『映画館に日本映画があった頃』キネマ旬報社、1995年、p.22
  15. ^ 『映画館に日本映画があった頃』p.23
  16. ^ 「『オレたちひょうきん族』クロニクル 剽軽者達の果敢な試行錯誤」『笑芸人』1999冬号VOL.1、高田文夫責任編集、白夜書房、1999年、p.45

外部リンク[編集]