39 刑法第三十九条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
39 刑法第三十九条
監督 森田芳光
脚本 大森寿美男
原作 永井泰宇
製作 幸甫
出演者 鈴木京香
堤真一
岸部一徳
吉田日出子
山本未來
勝村政信
國村隼
樹木希林
江守徹
杉浦直樹
音楽 佐橋俊彦
撮影 高瀬比呂志
編集 田中慎二
製作会社 光和インターナショナル
配給 松竹
公開 ドイツの旗 1999年2月17日BIFF
日本の旗 1999年5月1日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

39 刑法第三十九条』(さんじゅうきゅう けいほうだいさんじゅうきゅうじょう)は、1999年に製作された日本映画

概要[編集]

日本の刑法は39条において、心神喪失者を責任無能力として処罰せず、また、心神耗弱者を限定責任能力としてそのを減軽することを定めている。(詳細は責任能力を参照のこと)

特に心神喪失と認定されると不起訴になるか、起訴されても無罪となるということに関しては、社会的に抵抗感を抱く向きもあり、本作もこの点に対し問題提起している。

銀残し」による陰鬱な色彩や不安感を煽る構図、ベテラン俳優陣の抑制の効いたリアルな演技など、個性の強い演出が際立つ。

第49回ベルリン国際映画祭コンペ部門正式出品作品。

なお、本作品を最後に、松竹系の邦画上映館であった丸の内松竹(有楽町マリオン新館5階)は館名を丸の内プラゼールと改称した。

ストーリー[編集]

夫と妊娠中の妻が刃物で惨殺されるという猟奇的な殺人事件が発生した。警察は現場に落ちていた舞台のチケットから犯人を劇団員の柴田真樹と断定、劇場で一人芝居を公演中であった柴田を逮捕した。

柴田の国選弁護人に任命された弁護士の長村時雨は、おとなしかった柴田の表情が、突然人が変わったように凶悪に変貌するのを目撃する。法廷でも突然意味不明の言葉を発する柴田に、長村は司法精神鑑定を請求した。

精神鑑定人に選任されたのは精神科教授の藤代実行。藤代は教え子の小川香深に助手を依頼する。藤代は精神鑑定の結果、柴田は解離性同一性障害(多重人格)で、犯行時は解離状態であり心神喪失状態にあったと鑑定する。

しかし香深は藤代とは別の仮説を立てる。香深は検察官の草間に直訴し、柴田の再鑑定の鑑定人となるのだった…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

映像ソフト[編集]

外部リンク[編集]