ディア・ドクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディア・ドクター
監督 西川美和
脚本 西川美和
原作 西川美和
出演者 笑福亭鶴瓶
瑛太
余貴美子
井川遥
香川照之
八千草薫
音楽 モアリズム
撮影 柳島克己
編集 宮島竜治
製作会社 「ディア・ドクター」製作委員会
配給 エンジンフイルム
アスミック・エース
公開 日本の旗 2009年6月27日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ディア・ドクター』は、2009年に公開された西川美和監督の日本映画笑福亭鶴瓶の初主演映画。

キャッチコピーは「その嘘は、罪ですか。」。

ストーリー[編集]

山間部に位置する人口1千余人の小さな村・神和田村にある村営診療所から村の唯一の医者伊野治(笑福亭鶴瓶)が失踪する。伊野と数年来コンビを組んできたベテラン看護師大竹朱美(余貴美子)や、地域医療を現場で学ぶため2ヶ月前から神和田村診療所で働いていた研修医相馬啓介(瑛太)は突然の伊野の失踪に困惑するばかり。やがて村の依頼を受けた警察がやってきて伊野の捜索を始めるが、捜査を続けるうちに誰も伊野の背景を知らなかったことが明かされる。

かつて、神和田村には医者が一人もいなかった。そんな村にやってきた伊野はいろいろな治療を一手に引き受け、更には老人達の話し相手になってくれる大らかな人柄から村人に慕われるようになる。

そんなある日、伊野は鳥飼かづ子(八千草薫)という一人暮らしの未亡人を診察する事になった。伊野の診療を受けるうちに次第に彼に心を開いていったかづ子は、ある時伊野に「自分の家族に嘘をついて欲しい」と頼む。だが、伊野がその頼みを引き受けたことで、同時に伊野が隠してきたある「嘘」が次第に浮かび上がっていくことになる。

キャスト[編集]

伊野治:笑福亭鶴瓶
神和田村の唯一の医者。村人達から慕われていたが、ある日突然失踪する。
相馬啓介:瑛太
伊野が失踪する二ヶ月前に神和田村にやってきた研修医。
大竹朱美:余貴美子
伊野の診療所に勤務している看護師。
波多野行成巡査部長:松重豊
伊野の捜索にやってきた刑事。
岡安嘉文警部補:岩松了
伊野の捜索にやってきた刑事。
曽根登喜男:笹野高史
神和田村の村長。
鳥飼りつ子:井川遥
かづ子の娘。現在は村を出て東京で医者をしている。
迫田圭子:キムラ緑子
かづ子の娘(長女)。
北岡咲子:滝沢涼子
かづ子の娘(次女)。
中野シゲ子:森康子
井野美佐子:市川千恵子
山岡辰夫:奥野匡
高畑弘三:高橋昌也
高畑晴枝:石川真希
勅使河原恭平:中村勘三郎
救急病院の医師。
斎門正芳:香川照之
村に出入りしている置き薬屋。
鳥飼かづ子:八千草薫
村に住む未亡人。伊野の診療を受けたのをきっかけに次第に伊野に心を開いていった。ある時自分の病状を知り、彼に「自分の家族に嘘をついて欲しい」と頼む。
伊野元教授:飯沼慧
そのほか:水島涼太冷泉公裕安藤玉恵新屋英子田中隆三河原さぶ森富士夫川辺久造
市原清彦志生野温夫掛田誠いか八朗成瀬労石田愛希比佐廉 ほか

スタッフ[編集]

エンディング:モアリズム「笑う花」

受賞歴[編集]

映画賞 受賞
第33回山路ふみ子映画賞
  • 映画賞(西川美和)
  • 映画功労賞(八千草薫)
第1回TAMA映画賞
  • 最優秀作品賞
  • 特別賞(八千草薫)
第34回報知映画賞
  • 助演男優賞(瑛太)
  • 助演女優賞(八千草薫)
  • 監督賞
第22回日刊スポーツ映画大賞
  • 作品賞
  • 監督賞
  • 主演男優賞
  • 助演女優賞(余貴美子)
おおさかシネマフェスティバル2010
  • 主演男優賞
第31回ヨコハマ映画祭
  • 作品賞
  • 脚本賞
  • 撮影賞(柳島克己)
  • 助演男優賞(松重豊)
  • 特別大賞(八千草薫)
第83回キネマ旬報ベスト・テン
  • 日本映画ベスト・テン第1位
  • 日本映画脚本賞
  • 主演男優賞
  • 読者選出日本映画監督賞
第64回毎日映画コンクール
  • 女優助演賞(八千草薫)
2009年度日本映画ペンクラブ賞
  • 日本映画部門ベスト1
第52回ブルーリボン賞
  • 主演男優賞
  • 助演男優賞(瑛太)
  • 監督賞
第19回東京スポーツ映画大賞
  • 主演男優賞
  • 監督賞
第33回日本アカデミー賞
  • 最優秀脚本賞
  • 最優秀助演女優賞(余貴美子)
  • 優秀作品賞
  • 優秀監督賞
  • 優秀撮影賞(柳島克己)
  • 優秀照明賞(尾下栄治)
  • 優秀録音賞(白取貢、加藤大和)
  • 優秀編集賞(宮島竜治)
  • 優秀主演男優賞
  • 優秀助演男優賞(瑛太)
第12回日本シナリオ作家協会
  • 菊島隆三賞(西川美和)
芸術選奨文部科学大臣映画部門
  • 新人賞(西川美和)
新藤兼人賞
  • SARVH賞2009(安田匡裕)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]