限りなき前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

限りなき前進』(かぎりなきぜんしん)は、1937年11月3日に公開された内田吐夢監督、小杉勇主演の日本映画。製作は日活多摩川撮影所。小津安二郎が原作を執筆したこの作品は、勤務する会社のリストラ(定年制の実施)によって主人公が精神に異状をきたすという深刻な物語を喜劇タッチで描くという異色作で、淀川長治など熱狂的なファンの支持を得ていることでも知られる。元の上映時間は99分となっているが、オリジナル版が消失したために現存するバージョン(フィルムセンター収蔵版)は60分を切る不完全なものである。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

戦前の東京。ある会社に25年間勤続する男・徳丸が定年解雇を言い渡される。逆に昇進すると信じて疑わず家まで新築していた徳丸は、生活の基盤を一挙に失い絶望する。

絶望の淵をさまよううち、いつしか徳丸は自分が部長に昇進した妄想にとらわれて発狂し、幻想と現実の区別がつかなくなって出社して、同僚や家族を困らせるようになる。

オリジナル版消失[編集]

終戦後、内田が満州に残留している間に、GHQの検閲を受けない現代劇ということで『限りなき前進』がリバイバル公開されたが、その際、オリジナルのネガに手を加えてラストをハッピーエンドにするという改変が行われた。GHQの方針によるものとも、出演者の意向によるものとも言われているが、改変の経緯は不明である。1954年に帰国した内田は改変の報を聞くと激怒し、再度オリジナルの状態に戻そうとしたがネガもプリントも発見できず、非常手段として改変版で自分の意に沿わない部分を大幅にカットし、そこに本来あったシーンの解説字幕を入れるという未完全版を作成することになった。現存している東京国立近代美術館フィルムセンター収蔵版がこの未完全版であり、現実と妄想の区別がつかなくなった主人公が会社の同僚を招いて宴会をやっている料亭に、娘とその恋人が迎えに来る廊下のカット以降エンディングまでが全てカットされている。内田のトーキー以降の代表作では他に『土』(1939年)が未完全版として現存しているが、こちらは終戦後満州に侵攻したソ連軍が戦利品として持ち去ったプリントが何らかの事情でカットされた後、1960年代東ドイツで発見されるという経緯があり、『限りなき前進』とは状況が異なっている。『限りなき前進』については、最近でも完全版の探索が細々と続けられている。

エピソード[編集]

  • この作品は、後の日本映画では頻繁に見受けられるようになるスポンサー企業とのタイアップ戦略の初期形を見ることができる。この作品の場合は森永製菓であり、轟夕起子が川の岸辺にしゃがみこみ森永ミルクチョコレート(最近復刻販売されたパッケージとほぼ同じデザイン)を食べ、紙パッケージの裏に印刷されている占いを読むという、今となっては貴重な場面である。
  • この作品が若い観客にも知られるようになったのは、淀川長治の力によるものが大きい。1970年代に淀川長治がTBSラジオで受け持っていた『淀川長治私の映画の部屋』で、日本映画の名作として全編のストーリーを語りおろしている。現存しないラストシーンも臨場感たっぷりに語っていて、淀川の語りの中でも一、二を争うものとなっている。なお、淀川はキネマ旬報社の日本映画史上ベストテンや蓮実重彦山田宏一との対談集『映画千夜一夜』巻末のベスト100でも、『限りなき前進』を挙げている。

リメイク[編集]

TBS系 近鉄金曜劇場(1962年11月9日)
前番組 番組名 次番組
限りなき前進

関連項目[編集]

関連書籍[編集]