飛田喜佐夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とびた きさお
飛田 喜佐夫
本名 飛田 喜三(とびた きぞう)
別名義 飛田 喜佐雄
飛田 喜佐男
飛田 喜三夫
生年月日 (1926-03-24) 1926年3月24日(92歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市浅草区千束町(現在の東京都台東区千束
職業子役俳優
ジャンル 演劇劇映画現代劇時代劇教育映画サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1930年 - 1982年
配偶者 あり
著名な家族 飛田喜美雄(実弟)
主な作品
日月と共に

飛田 喜佐夫(とびた きさお、1926年3月24日 - )は、日本の元子役俳優である[1][2]。本名は飛田 喜三(とびた きぞう)[1][2]。別名は飛田 喜佐雄など[1][2]

来歴・人物[編集]

1926年(大正15年)3月24日東京市浅草区千束町現在の東京都台東区千束)に生まれる[1][2]。父・喜平は会社員で、実弟は大映東京撮影所録音技師として活躍した飛田喜美雄である[1][2]。ただし、喜佐夫の別名と誤記している資料もある。

1930年(昭和5年)、父の知人の紹介で電通映画社教育映画部に子役として入社し、1934年(昭和9年)、本名の飛田喜三名義で『日月と共に』『昼寝も出来ない』で映画デビュー[1][2]。同年、日活多摩川撮影所に入社し、1942年(昭和17年)に大映東京撮影所に改称後も引き続き脇役として活躍[1][2]。この間、千束尋常小学校(現在の台東区立千束小学校)を経て、東京主計商業学校を卒業している[1][2]

戦後の1947年(昭和22年)、芸名を飛田喜佐夫に改名[1]。以後も引き続き大映の専属俳優として多数の作品に出演[1][2]1971年(昭和46年)、大映倒産に伴ってフリーとなった後も活躍を続け、1982年(昭和57年)頃まで活躍した[1][2]。また、舞台も戦前から多数出演していた[1]。しかし、以後の消息は明らかになっておらず、存命であれば満90歳以上の高齢である。

出演作品[編集]

電通映画社[編集]

日活多摩川撮影所[編集]

全て製作は「日活多摩川撮影所」、配給は「日活」、特筆以外は全てトーキーである。

大映東京撮影所[編集]

特筆以外、全て製作は「大映東京撮影所」、配給は「大映」、全てトーキーである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、394-395頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年。

外部リンク[編集]