静かなる決闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
静かなる決闘
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
谷口千吉
出演者 三船敏郎
志村喬
三条美紀
千石規子
音楽 伊福部昭
撮影 相坂操一
編集 辻井正則
配給 大映
公開 日本の旗 1949年3月13日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

静かなる決闘』(しずかなるけっとう)は、1949年公開の日本映画。黒澤明大映で監督した作品。菊田一夫原作。三船敏郎主演。性病梅毒)をテーマにした異色作。

ストーリー[編集]

主人公の藤崎(三船敏郎)は戦時中の野戦病院で患者(植村謙二郎)を手術中に、誤って自分の指に怪我をし、患者の梅毒に感染してしまう。

戦後になり父親(志村喬)の病院で働くことになった藤崎は、梅毒の感染を隠し、婚約者の美佐緒(三條美紀)と結婚することが出来ずにいる。美佐緒は藤崎が自分に対して距離を置き、何時までも親しくなれないことに苦悩していた。

ある日、藤崎が自分の病気の秘密を父親に告白しているところを、見習い看護師の峰岸るい(千石規子)に立ち聞きされてしまう。峰岸は元ダンサーで暗い過去を持ち、藤崎の日頃の誠実な行動と発言に反感を抱いていた。その後も藤崎は己の病と闘いながら、訪れる患者に対しては黙々と治療を続けていく。一方、秘密を聞いたことで藤崎に対するわだかまりが解けた峰岸は、人間的に少しずつ成長していくのであった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]