千石規子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せんごく のりこ
千石 規子
千石 規子
1956年
本名 森 礼子
もり れいこ
(旧姓:酒井)
生年月日 (1922-04-29) 1922年4月29日
没年月日 (2012-12-27) 2012年12月27日(90歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府荏原郡駒沢町
(現:東京都世田谷区駒沢)
身長 150cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台バラエティ番組
活動期間 1947年 - 2012年[1]
配偶者 あり(1941年 ‐ )
事務所 東宝芸能
公式サイト 東宝芸能によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
くれない族の反乱
たけしくん、ハイ!
Dr.コトー診療所
映画
静かなる決闘
テンプレートを表示

千石 規子(せんごく のりこ、本名;森 礼子、旧姓;酒井、1922年4月29日 - 2012年12月27日)は、日本の女優。2012年に没するまで東宝芸能に所属していた。東京府荏原郡駒沢村(現東京都世田谷区駒沢)出身。駒沢小学校卒業。

人物・来歴[編集]

小学校を卒業後、ムーランルージュ(水谷八重子一座)を経て、1947年東宝へ入社。同年、森繁久彌とともに映画『女優』でデビュー[1]

戦時中には広島原爆で全滅した移動劇団桜隊に所属していたが、出産で広島にいなかったため、被爆を免れた。

1954年頃から数年間東映に移籍していたが、再び東宝へ戻った。

黒澤明作品に最も多く出演している女優とされ、『野良犬』ではリメイク版(1973年)にも出演した。

「脇役は一つでも緩もうなら全体がダメになる『四隅のネジ』と同じ」「出演依頼がある限り仕事を続けたい」との信念を持ち、テレビドラマでは老け役もこなした。

生涯芸能活動を続け[1]、晩年には『踊る!さんま御殿!!』にも出演していた。

2012年12月27日老衰のために東京都内の病院にて永眠[2]。90歳没。

深浦加奈子2008年に死去)は、生前、尊敬し目標とする女優に千石の名を挙げていた。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ(著作表記)[編集]

NHK
日本テレビ
読売テレビ
  • 乱歩R(2004年) - 伊志田ハル子
TBSテレビ
毎日放送
フジテレビ
関西テレビ
テレビ朝日
朝日放送
テレビ東京

バラエティー番組[編集]

  • 夏休み妖怪バラエティ「オバの魔法使い」(1987年、フジテレビ)

ほか多数

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 東宝特撮女優大全集 2014, p. 47, 文・浦山珠夫「一度見たら忘れない!パワフル個性派女優たち」
  2. ^ 脇役ひと筋70年・女優の千石規子さん、90歳で死去 Archived 2013年1月10日, at the Wayback Machine. スポーツ報知 2013年1月10日閲覧

参考文献[編集]

  • 『<保存版>別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』別冊映画秘宝編集部 編、洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7

外部リンク[編集]