鍵師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鍵師』(かぎし)は、1990年代にフジテレビ系列金曜エンタテイメント』で放送されていたテレビドラマシリーズの1つ。1993年から1997年にかけて全5作が放送された。

概要[編集]

東京の下町で深川ロック・サービスの幟を自転車に立てて営業をする錠前屋、水谷浩二(渡辺謙)を主人公としたドラマ。主人公と岸田今日子演ずる母親の二人の軽妙なやりとりは、渡辺・岸田出演でほぼ同時期に放送された『御家人斬九郎』と同様である。

第1作では、浩二には死んだ兄の妻である義姉(萬田久子)と甥がいるとの設定であるが、第2作以降には登場しない。

キャスト[編集]

  • 水谷浩二(渡辺謙) - どんな錠前でも開けてしまうという天才。鍵師(ロック・スミス)と自称している。
  • 白井留美(小林聡美) - 隣の花屋の娘。浩二にベタ惚れだが、相手にされていない。
  • 水谷フミ(岸田今日子) - 浩二の母親。

シリーズ作品[編集]

スタッフ[編集]