パンとあこがれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

パンとあこがれ』はTBSポーラテレビ小説」枠で1969年3月31日から9月27日まで放送された連続テレビドラマである。白黒作品。全156回。

概要[編集]

「ポーラテレビ小説」第2作。新宿中村屋を創業した相馬黒光と夫相馬愛蔵との波瀾万丈な半生を描く一代記ドラマ。登場人物は全て仮名になっている。ヒロインには文学座の新人だった宇津宮雅代が抜擢され、本作以降新人女優による主演が定例となる。

物語[編集]

1893年(明治26年)仙台。貧乏士族の末娘吉本綾は名門仙台女学院に入学した。父はすでに亡く、一家の生活は兄孝太郎の収入に頼っている。胸を病む姉美代を抱えた吉本家には綾を進学させる余裕はなかったが、綾の熱意にほだされて、母の敬が内職をすることでなんとか遣り繰りをしていた。女学生生活を謳歌する綾は親友静子の兄朔に片想いするが、学校の方針に不満を抱く上級生に感化されて一緒に建白書を提出、大騒動の末自主退学を余儀なくされる。やがて恩師野口の紹介で見合いをした相馬隆蔵と結婚することになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考資料[編集]

TBS ポーラテレビ小説
前番組 番組名 次番組
三人の母
(1968.9.30 - 1969.3.29)
パンとあこがれ
(1969.3.31 - 1969.9.27)
安ベエの海
(1969.9.28 - 1970.3.28)