ポーラテレビ小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポーラテレビ小説(ポーラテレビしょうせつ)は、1968年昭和43年)10月から1986年(昭和61年)9月まで、TBS系列で放送されていた帯ドラマシリーズである。

概要[編集]

婦人ニュースの後枠[編集]

それまで『ポーラ婦人ニュース』(朝日放送)としてポーラ化粧品本舗(現・株式会社ポーラ:ポーラ・オルビスホールディングス傘下)が一社提供していた枠をドラマ枠に変更することを放送局側が要請したが、ポーラ化粧品側が今までの数倍も経費がかかることを理由に難色を示し交渉は難航した。放送局側は、視聴時間帯が主婦を中心とした女性であることを強調し、ドラマ枠への変更と、ポーラのスポンサー継続を取り付けた。開始2年後に平均視聴率が10%に達し、さらに5年後には15%を超える勢いとなった。

オープニング[編集]

  • 初期のオープニングは、ヨハン・フィリップ・クリーガーメヌエットをBGMに、白地にギリシャ彫刻様の女性像が次々に現れ、その後女性の声で「ポーラテレビ小説」とコールされ、提供読みのないものであった。そしてドラマ本編放送後に、渡辺美佐子によるポーラ化粧品のコマーシャルが流れるものであった。当時のポーラ化粧品の主力商品は、ポリシマやエバンジル、シルフィーなどの、比較的高級な基礎化粧品が多かったが、これら商品のうち1、2品目を扱って解説するような形で商品を宣伝され、その最後に商品と値段が画面で表記されるという形式だった。この手法はテレビ朝日(当時:NETテレビ)系列で放映された『ポーラ名作劇場』でも踏襲されたが、オープニング音楽は名作劇場の方が若干長めとなっていた。
  • 再放送のオープニングは白地に「ポーラテレビ小説」と「(当時のシンボルマーク)ポーラ化粧品→POLA」という画面が映されるのみで、昼間の放映に見られるオープニング音楽やコマーシャルは一切流れないシンプルなものであった。
  • 遅れネット局でもオープニング音楽やコマーシャルを付け加えて放送された。

ヒロインとスポンサー[編集]

タイトル通りポーラ化粧品本舗の単独提供で、NHK連続テレビ小説[1]と同じように女性を主人公とした物語が多く放送された。NHKの連続テレビ小説と同様に新人女優登竜門として、このシリーズから女優の宇津宮雅代木内みどり丘みつ子音無美紀子中田喜子萩尾みどり岡江久美子岡まゆみ五十嵐めぐみ名取裕子山本みどり樋口可南子かとうかずこ(現・かとうかず子)宮崎美子根本律子(現・根本りつ子)、賀来千香子や、後にテレビキャスターとして活躍する浜尾朱美などを輩出した。特に『文子とはつ』は、藤真利子香野百合子をダブルヒロインとして、木曽を舞台に育ちの違う乳姉妹がたどる女の半生を描き、視聴率が20%を超える作品となった。

スポンサー降板・再放送廃止[編集]

1983年10月 - 1984年3月放送の第31作『千春子』をもって、『ポーラ婦人ニュース』以来続いたポーラ化粧品がスポンサーを降板。同時に朝8:10 - 8:30の再放送も終了したため、JNN系列外局へのネットも同様に打ち切りとなった。これ以降は複数社提供となったため、シリーズタイトルも単に「テレビ小説」とされた。1986年7月クールの第40作『恋とオムレツ』をもって終了。18年の歴史の幕を閉じた。

再放送枠とワイドショーとの関係[編集]

朝8:10からの再放送枠がスタートしたのが1972年4月であるが、これは、『モーニングジャンボ』が『モーニングジャンボJNNニュースショー』と『モーニングジャンボ奥さま8時半です』に分割された際、8時から8時30分までが空白の時間帯となったことが理由である。しかし番組自体は20分のため、前半10分間は『8時の空』が放送された。

沿革[編集]

  • 1968年9月 - 1986年9月
連続テレビ小説(NHK)と同様、1年を4 - 9月までの上半期と10月 - 翌年3月までの下半期に分けて放映していた。なお末期の1984年下半期(「一度は有る事」)以降は3か月単位(1クール)に縮小された。

放送時間[編集]

本放送と再放送の時間帯はNHKの連続テレビ小説の逆で、本放送が昼、再放送が朝となっている。

本放送[編集]

  • TBS系列局
    • 1968年9月30日 - 1974年9月28日: - 12:40 - 13:00(福島テレビも含む)
    • 1974年9月30日 - 1986年9月26日:月 - 12:40 - 13:00(1975年4月以降の青森テレビ、1979年4月以降のテレビ山口、1983年9月までの福島テレビも含む)
  • 他系列局
    • 1974年9月28日まで:月 - 土 8:10 - 8:30(青森テレビ・テレビ山口・日本テレビ系列局)
    • 1974年9月30日 - 1984年3月:月 - 金 8:10 - 8:30(1975年3月までの青森テレビ・1979年3月までのテレビ山口・日本テレビ系列局。1983年10月・11月の福島テレビを除く)、
    • 1983年10月3日 - 11月25日の福島テレビ:月 - 金 7:40 - 8:00
    • 他系列局では1日遅れで、なおかつ8:10 - 8:30で放送されていた局はTBSにおける再放送と同時ネットで放送されていた(但し放送時間は局や時期によって異なる)。

再放送[編集]

  • 一部を除くTBS系列局(1983年4月 - 9月の福島テレビも含む)で実施された。
    • 1974年9月28日まで:月 - 土 8:10 - 8:30
    • 1974年9月30日 - 1984年3月:月 - 金 8:10 - 8:30
    • ただしTBS系列局でも、岩手放送山陰放送長崎放送琉球放送などは再放送の時間帯に自社制作番組や他の再放送番組などを放送していたため、再放送が未ネットだった系列局もあった。

放送リスト[編集]

ネット局[編集]

※系列は放送終了時点(打ち切り時はネット打ち切り時)のもの。太字は1984年4月以降のネット局。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 同時ネット 制作局、現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森放送 日本テレビ系列 遅れネット 1969年11月まで
青森テレビ TBS系列 遅れネット
→同時ネット[2]
1969年12月開局から
1975年3月30日まではNETテレビ系とのクロスネット局
岩手県 岩手放送 同時ネット 現:IBC岩手放送、再放送なし
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 遅れネット 1984年3月打ち切り[3]
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1984年3月打ち切り
1980年3月までは日本テレビ系単独加盟局
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 同時ネット
→遅れネット
1983年11月25日まで、1983年10月 - 11月は再放送なし
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局[4]
テレビユー福島 TBS系列 同時ネット 1983年11月28日のサービス放送中から[5]
ポーラ提供期間は4ヶ月間のみ
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット 1970年3月まで
テレビ山梨 TBS系列 同時ネット 1970年4月開局から
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 遅れネット 1984年3月打ち切り
石川県 北陸放送 TBS系列 同時ネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列 遅れネット 1984年3月打ち切り
近畿広域圏 朝日放送 TBS系列 同時ネット 1975年3月28日まで
毎日放送 1975年3月31日から、腸捻転解消に伴う移行
岡山県
→岡山県・香川県
山陽放送 1983年3月までの放送免許エリアは岡山県のみ
1983年4月より相互乗り入れに伴い香川県でも放送
鳥取県 日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット 1972年9月の鳥取・島根の電波相互乗り入れまで[6]
島根県
→島根県・鳥取県
山陰放送 TBS系列 同時ネット 再放送なし、1972年9月までの放送エリアは島根県のみ
1972年9月より鳥取・島根の電波相互乗り入れで山陰放送に一本化
広島県 中国放送
山口県 山口放送 日本テレビ系列 遅れネット 1970年3月まで
テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
遅れネット
→同時ネット[2]
1970年4月から
1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 遅れネット 1984年3月打ち切り
愛媛県 南海放送[3]
高知県 高知放送 1970年3月まで[3]
テレビ高知 TBS系列 同時ネット 1970年4月開局から
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 『加奈子』まで再放送なし
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送 『加奈子』まで再放送なし

備考[編集]

  • 朝日放送と毎日放送のネットチェンジ(いわゆる「腸捻転解消」)の時期に放送していた、『わたしは燁』の最終回の放送は、本放送を朝日放送(1975年3月28日・12:40 - )で、翌週の月曜日の朝の再放送は毎日放送(1975年3月31日・8:10 - )で放送された。
  • また、朝日放送が放送していた時代に全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)を放送する際、および、ネットチェンジ後に毎日放送が放送していた時代に選抜高校野球大会(春の甲子園)を放送する際、準々決勝(ベスト16の場合もあり)までは本番組を優先して放送したが、準決勝の時は第一試合終了後に、また決勝戦のときは試合終了後に時差放送されていた[7]
  • 放送当時他系列とのクロスネットだった3局は以下の対応がとられていた。
    • 青森テレビは1969年12月開局と同時に青森放送から移行を受ける形でネットを開始したが、NETテレビ系列メインのクロスネット局として開局したため(JNNは番販で参加)、8:10 - 枠での遅れネットとなったが、1975年3月31日のANN脱退・JNN正式加盟で『お美津』から同時ネットとなった。
    • フジテレビ系列とのクロスネット局だったテレビ山口は、1970年4月開局と同時に山口放送から移行する形で8:10 - 枠での遅れネットを開始。1978年9月のANN脱退後もテレビ朝日アフタヌーンショー』の同時ネットを1979年3月まで継続したため(『アフタヌーンショー』は1979年4月に山口放送へ移行)、同時ネットは1979年4月2日(『からっ風と涙』開始と同日)からとなった。
    • 福島テレビは1983年4月1日にTBS系列メインのクロスネット局から、フジテレビ系フルネット局に変更されてからも(JNN脱退・FNN加盟、ネットチェンジと同時に再放送の直後枠を『モーニングジャンボ奥さま8時半です』から『おはよう!ナイスデイ』へ変更)、視聴者保護のため『白き牡丹に』・『おゆう』は本放送・再放送とも同時ネットで放送し、『千春子』に関しては、福島テレビが1983年10月1日にフジテレビ系マストバイに完全移行したため、1983年10月4日から11月25日(TBSにおける1983年11月24日放送分まで)までは本放送のみ当時フジテレビ系列のローカル枠だった月 - 金7:40 - 8:00に遅れネットで放送された(1983年10月3日は『おゆう』最終回の再放送)。なお、TBSにおける『千春子』1983年11月25日放送分は、テレビユー福島のサービス放送期間中の8:10 - の再放送枠で放送された。同時に他系列局からTBS系新局への放映権移行も福島テレビ→テレビユー福島のケースが最後となった。

他系列遅れネット終了[編集]

  • 1984年3月の『千春子』終了と同時に前述の通りポーラがスポンサーから撤退し、複数社提供に移行したのに伴い、最後まで遅れネットを続けた秋田放送・山形放送・北日本放送・福井放送・四国放送・南海放送(いずれも日本テレビ系列)の6局は本枠のネットを打ち切った。これにより、1984年4月2日開始の『あなた』以降はJNN系列25局のみでの放送となった。また、6局で放送されるTBS系製作一社提供ドラマは、『花王 愛の劇場』(1999年10月に複数社提供に移行・2009年3月終了)・『東芝日曜劇場』(2002年10月に複数社提供に移行)・『ナショナル劇場』→『パナソニック ドラマシアター』(2013年3月を以って他系列ネット打ち切り)の3本となった[8]

最後まで本枠の1日遅れネットを続けた6局における打ち切り後に切り替えた番組は以下の通り。

放送対象地域 放送局 後番組 備考
秋田県 秋田放送 ときめき生情報810
(TBS)
秋田放送・南海放送は1992年9月まで、
四国放送は1985年3月までTBS平日朝の同時ネット継続
徳島県 四国放送
愛媛県 南海放送
山形県 山形放送 ズームイン!!朝!
日本テレビ
『千春子』終了を以ってTBS平日朝の番組のネット受け終了
『ズームイン!!朝!』は飛び降り解消でフルネット化
福井県 福井放送
富山県 北日本放送 『おはようKNBです』
(自社制作番組)
『千春子』終了を以ってTBS平日朝の番組のネット受け終了
『おはようKNBです』は本枠の時間帯に移動
『ズームイン!!朝!』は放送時間30分拡大

1984年4月の複数社提供移行に伴い本枠を打ち切りとなった他系列6局で現在放送されている番組は、秋田放送・山形放送・北日本放送・四国放送・南海放送は『スッキリ!!』(日本テレビ)を、福井放送は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)をそれぞれ放送している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時間帯がちょうど・昼とも重複した。当時のテレビ情報誌や月曜日の新聞の番組表には「今週のみどころ」として両番組の1週間のあらすじが並べて掲載された。
  2. ^ a b 青森テレビは1975年3月まで、テレビ山口は1979年3月までは、系列外局と同様に8:10 - 8:30に放送された。
  3. ^ a b c JNNにも番販で参加していた(高知放送は1970年3月まで、秋田放送・南海放送は1992年9月まで)。
  4. ^ 福島テレビは開始当初は日本テレビ系、1971年10月 - 1983年3月はTBS系とフジテレビ系〈FNSのみ加盟〉とのクロスネット局だった。
  5. ^ 11月22日から25日は再放送枠のみ。
  6. ^ 1972年9月の鳥取・島根の電波相互乗り入れまでは、日本海テレビの放送対象エリアは鳥取県のみであった。
  7. ^ NHKのテレビ小説や大河ドラマの昼の再放送も同じ扱いだった時期もある。
  8. ^ 『花王 愛の劇場』はTBS系列局が複数社提供に移行後も秋田放送・福井放送は花王一社提供で枠終了まで継続した他、『東芝日曜劇場』はTBS系列局が複数社提供に移行後も秋田放送・福井放送・四国放送は日本生命一社提供で放送している。山形放送・北日本放送・南海放送の3局はTBS系新局(テレビユー山形チューリップテレビあいテレビ)へ『花王 愛の劇場』・『東芝日曜劇場』・『ナショナル劇場』の放映権が移行している。

外部リンク[編集]

TBS 平日12:40 - 13:00枠(1968年10月 - 1986年9月)
前番組 番組名 次番組
テレビガイド
(12:40 - 12:45)
ポーラ婦人ニュース
(12:45 - 13:00)
ポーラテレビ小説

テレビ小説
新伍のお待ちどおさま
(12:00 - 12:55)
※15分拡大
ミニ番組
(12:55 - 13:00)
TBS系 土曜12:40 - 13:00枠(1968年10月 - 1974年9月)
テレビガイド
(12:40 - 12:45)
ポーラ婦人ニュース
(12:45 - 13:00)
ポーラテレビ小説
米朝ファミリー
和朗帝

(12:00 - 12:55)
ABC制作
テレビガイド
(12:55 - 13:00)
TBS系 平日8:10 - 8:30枠(1968年10月 - 1969年9月)
おはよう・にっぽん
(8:00 - 9:00)
ポーラテレビ小説
※再放送
ポーラテレビ小説
(8:05 - 8:25)
※5分繰上げ
ミニミニミュージック
(8:25 - 8:30)
TBS系 平日8:05 - 8:25枠(1969年10月 - 1971年3月)
ヤング720
(7:30 - 8:10)
※5分繰上げ
ポーラテレビ小説
(8:10 - 8:30)
ポーラテレビ小説
※再放送(一旦休止)
モーニングジャンボ
(6:50 - 9:55)
TBS系 平日8:10 - 8:30枠(1972年4月 - 1984年3月)
モーニングジャンボ
(6:50 - 9:55)
※『奥さま8時半です』を
分離独立
ポーラテレビ小説
※再放送(再開)
TBS系 土曜8:10 - 8:30枠(1968年10月 - 1969年9月)
芥川也寸志 土曜パートナー
(8:00 - 9:00)
※30分繰下げ
ポーラテレビ小説
※再放送
ポーラテレビ小説
(8:05 - 8:25)
※5分繰上げ
ミニミニミュージック
(8:25 - 8:30)
TBS系 土曜8:05 - 8:25枠(1969年10月 - 1971年3月)
ヤング720
(7:30 - 8:10)
※5分繰上げ
ポーラテレビ小説
(8:10 - 8:30)
ポーラテレビ小説
※再放送(一旦休止)
土曜デポルテ
(7:20 - 8:15)
味の散歩
(8:15 - 8:20)
蝶子征太郎のおはようスタジオ
(8:25 - 9:20)
TBS系 土曜8:10 - 8:20枠(1972年4月 - 1974年9月)
土曜デポルテ
(7:20 - 8:15)
※5分縮小
トッププロのアタックゴルフ
(8:15 - 8:30)
ポーラテレビ小説
※再放送(再開)