窪田篤人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

窪田 篤人(くぼた あつんど、1929年12月10日 - 1998年5月16日)は、日本脚本家東京都出身。趣味は旅行。所属団体は日本放送作家協会日本脚本家連盟

来歴・人物[編集]

1947年浜松一中を卒業後、劇団ムーラン・ルージュ文芸部に入り、処女作「桃色の宿題」を発表。解散後は脚本家として活動。1970年逸見稔が立ち上げた創作作家集団SHP・葉村彰子向田邦子松木ひろし津田幸夫らとともに担当。

代表作[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • さいざんす二刀流(1954年)
  • とんち教室(1954年)
  • ウッカリ夫人とチャッカリ夫人 やりくり算段の巻(1954年、東宝)
  • 若き血は燃えて(1954年)
  • 少年姿三四郎 第一部山岳の決闘(1954年)
  • 少年姿三四郎 第二部大川端の決闘(1954年)
  • 柔道流転(1955年)
  • 柔道流転 黒帯無双(1955年)
  • 姿三四郎(1955年)
  • 続・姿三四郎(1955年)
  • 俺は犯人じゃない(1956年)
  • 復讐は誰がやる(1957年)
  • アンコなぜ泣く(1958年)
  • 美しい庵主さん(1958年、日活)
  • 夜霧の南京街(1958年)
  • 不道徳教育講座(1959年)
  • 雨に咲く花(1960年)
  • 幌馬車は行く(1960年)
  • 大暴れマドロス野郎(1961年、日活)

小説[編集]

  • 「新宿ムーラン・ルージュ」

ミュージカル[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 『映像メディア作家人名事典』日外アソシエーツ、1991年、218頁。ISBN 4816911111