新伍のお待ちどおさま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新伍のお待ちどおさま
ジャンル ワイドショー
演出 東阪企画/TK:鈴川知子
出演者 山城新伍
冨士眞奈美
岡江久美子
五月みどり
ほか
製作
プロデューサー 塩川和則/後藤史郎
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
40分番組時代
放送期間 1985年11月4日 - 1986年9月
放送時間 月 - 金曜 12:00 - 12:40
放送分 40分
55分番組時代
放送期間 1986年10月 - 1987年9月
放送時間 月 - 金曜 12:00 - 12:55
放送分 55分
45分番組時代
放送期間 1987年10月 - 1990年3月30日
放送時間 月 - 金曜 12:00 - 12:45
放送分 45分

新伍のお待ちどおさま』(しんごのおまちどおさま)は、1985年11月4日から1990年3月30日までTBS系列局で放送されていたTBSテレビ製作のワイドショーである。1987年9月までは、フジテレビ系列FNSのみに加盟)とのクロスネット局だったテレビ山口でも放送されていた。

概要[編集]

山城新伍が司会を務めていた帯番組で、山城がゲストとともに政治・社会・スポーツ・芸能などについて語り合っていた。山城の友人である梅宮辰夫が包丁さばきを披露する料理コーナー、山城と横山やすしがトークバトルをするコーナー、細川隆一郎三宅久之を交えて政治・社会批評をするコーナーもあった。

1985年9月にスタートした『おじゃまします』がわずか1か月半で打ち切られたことから、それに続くつなぎ番組として開始された。前番組と同様に、毎日公開放送を行っていた。当初は新宿コメディシアターからの生放送だったが、後にTBS旧社屋にあったGスタジオからの生放送になり、末期には当時日比谷シャンテにあったTBSスタジオで行うようになった。なお、日比谷シャンテのスタジオは後に閉鎖され、映画館「シャンテ シネ3」(後のTOHOシネマズシャンテ スクリーン3)に改装された。

新聞のテレビ欄は文字数が限られていることから、こちらではほぼ毎回「新伍」のみ記していた。

2018年11月18日に、CS TBSチャンネル2にて、「3カ月連続 朝丘雪路特集」の企画として、本番組の第116回(1986年4月)放送をCS初放送。ちなみに、この日のパネラーは、冨士真奈美小沢遼子山之内三紀子の3人が出演。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 月 - 金曜 12:00 - 12:40 (1985年11月4日 - 1986年9月)
  • 月 - 金曜 12:00 - 12:55 (1986年10月 - 1987年9月) - 1986年秋の改編で終了した『テレビ小説』の放送枠を一部吸収して15分拡大。
  • 月 - 金曜 12:00 - 12:45 (1987年10月 - 1990年3月30日) - 『家庭の問題』の放送開始に伴い、放送枠が10分縮小。

レギュラー出演者[編集]

スタジオ[編集]

  • コメディシアター(番組スタート時)
  • TBS Gスタジオ(TBS旧社屋)
  • 日比谷シャンテTBSスタジオ(1989年 - 1990年)

ネット局[編集]

備考[編集]

1987年、春日三球・照代の春日照代が、この番組の生放送中にクモ膜下出血で倒れ、後に死去した。

TBS系列 月 - 金曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
コント山口君と竹田君のおじゃまします
(1985年9月17日 - 1985年11月1日)
※12:00 - 12:40
新伍のお待ちどおさま
(1985年11月4日 - 1990年3月30日)
ぴりっとタケロー
(1990年4月2日 - 1990年9月28日)
※12:00 - 12:45
TBS系列 月 - 金曜12:40枠
テレビ小説 恋とオムレツ
(1986年6月30日 - 1986年9月26日)
※12:40 - 13:00
新伍のお待ちどおさま
(1986年10月 - 1990年3月30日)
【放送枠拡大分】
ぴりっとタケロー
(1990年4月2日 - 1990年9月28日)
※12:00 - 12:45
TBS系列 月 - 金曜12:45枠
テレビ小説 恋とオムレツ
(1986年6月30日 - 1986年9月26日)
※12:40 - 13:00
新伍のお待ちどおさま
(1986年10月 - 1987年9月)
【放送枠拡大分となったが、1987年10月廃枠】
家庭の問題
(1987年10月12日 - 1990年9月28日)
※12:45 - 13:00