ひるドラ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひるドラ』は、2008年9月1日から2009年3月27日まで、TBSなどJNN系列向けに月曜 - 金曜の毎日(年末年始は除くが、祝日は放送)、13:30 - 14:00 (JST) に放送されたドラマシリーズのタイトル。ハイビジョン制作字幕放送

概要[編集]

ひるドラの収録が行われたMBSスタジオ in USJ(原則、毎日放送製作のドラマで使用していた)

この番組は、毎日放送 (MBS) と中部日本放送 (CBC) が交互に制作・放送していたドラマ30を引き継ぐ形で、2008年9月1日に「キッパリ!!」(CBC制作)の第2シリーズでスタートした。ドラマ30に引き続き、MBSとCBCが交互に制作・放送の体制で、2008年は9・10月期をCBCが、11・12月期をMBSが担当、2009年は1・2月期をCBCが、3月期をMBSが担当した[1][2][3]

特徴としては前枠『ドラマ30』に比べ、コメディータッチを前面に出したホームドラマとなっていた。MBS制作の作品は、大阪制作(MBSスタジオ in USJ)の場合と東京制作(緑山スタジオ・シティTMC砧スタジオなど)の場合があった。CBC制作の作品は主にCBC本社のスタジオと愛知県内及び近県のロケ地で行われた。

2008年12月3日、キー局・TBS井上弘社長が前時間帯に放送されている『愛の劇場』と共に、2009年3月での枠終了を明言した[4]。2008年12月8日に行われた会見ではCBCのメディア戦略局長が「何ひとつ決まっておりません」としながらも、会見後の質問に対し「またニーズがあれば昼ドラをやりたい」と回答した[2]

2009年3月2日から放送の『おちゃべり』が最終作品となり、同年3月27日の放送をもって終了、同時に「ひるドラ」もわずか全4作品・7か月で枠終了となった。また、前身枠『ドラマ30』から通算して全104作品放送され、MBS・CBC交互制作の帯ドラマ枠は17年の歴史に幕を下ろした。

『ひるドラ』終了後の次番組は、2009年4月よりCBC制作の平日11:55 - 12:00は『おとなの教室[5]』、金曜13時台が同じくCBC制作の『えなりかずき!そらナビ』、同14時台がMBS制作の『バンバンバン』がいずれも放送開始となり(すでに放送終了済み。)、時間枠としては2009年3月30日より『ひるおび!』がスタートした(月 - 木曜日のみ)[6][7][8]

放送作品一覧[編集]

MBS制作[編集]

CBC制作[編集]

  • キッパリ!!(2008年9月1日 - 同年10月3日) 主演:奥山佳恵的場浩司(第2シリーズ)(この枠の第1弾の作品)
    • 10月31日最終回の予定であったが、共演者だった加勢大周が覚醒剤取締法・大麻取締法両違反で逮捕された事を考慮して10月3日放送分の第25回で打ち切りとなった。
    • 10月6日 - 10月31日放送分は、2007年にドラマ30で放送された第1シリーズ(『キッパリ!』)の再放送20回分[9]にて対応し、この期間ひるドラは休止となった。
  • オーバー30(2009年1月5日 - 同年2月27日[1])主演:島崎和歌子

ネット局[編集]

ドラマ30#ネット局を参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “島崎和歌子がCBC最後の昼ドラ主演”. 日刊スポーツ. (2008年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081208-438072.html 2011年2月18日閲覧。 
  2. ^ a b “島崎和歌子、昼ドラ“休止”に笑顔でコメント「ラストとは思わない」”. ORICON STYLE. (2008年12月8日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/60895/full/ 2011年2月18日閲覧。 
  3. ^ “星野真里“昼ドラ”ラストヒロイン”. デイリースポーツ. (2009年1月21日). http://daily.co.jp/gossip/2009/01/21/0001664975.shtml 
  4. ^ “民放初!ゴールデン枠で2時間ニュース放送へ…TBS”. スポーツ報知. (2008年12月3日). オリジナル2008年12月4日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-1204-0435-08/hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081203-OHT1T00234.htm 
  5. ^ 2009年9月25日までの番組名は「ひるネタ!おとなの教室」。放送時間は13:50 - 13:55に移動となり、その後同時間帯で『ごごネタ!』を開始するも、2015年3月30日からは放送開始時刻が13:52に繰り下げられ、2016年3月31日をもってCBC制作の全国ネットのミニ枠が終了。
  6. ^ “オーサカキングも終了…毎日放送「4月大幅改編」”. スポニチアネックス大阪. (2009年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200901/08/ente216418.html 2011年2月18日閲覧。 
  7. ^ “【2009年1月20日 年頭社長会見 大石社長発言要旨】”. 中部日本放送. (2009年1月20日). http://hicbc.com/whatscbc/press/090120_kaiken/index.htm 2011年2月18日閲覧。 
  8. ^ ただし、「-そらナビ!」「バンバンバン」については、2009年度のみ両局担当の全国ネットセールスを移動させたうえで、体裁上「ひるおび!」の1コーナー内包(フロート番組コンプレックス)の扱いとして放送された
  9. ^ 10月6日は再編集した前半部のハイライト。10月7日から後半19話分を1回ずつ再放送する形を取った

関連項目[編集]

  • ドラマ30(1992年4月6日からこの枠開始の前週である2008年8月29日まで放送されていた同時間帯の帯ドラマの枠名)
  • 愛の劇場(この枠と同じ日に終了し、この枠の前の時間帯に放送されていたTBS制作の帯ドラマ枠)

外部リンク[編集]

毎日放送中部日本放送TBS 月 - 木曜13:30 - 14:00枠
前番組 番組名 次番組
ドラマ30
※13:30 - 14:00
ひるドラ
【ここまで毎日放送と中部日本放送の交互制作枠】
ひるおび!・午後
※12:00 - 14:55
【ここからTBSの固定制作枠】
毎日放送・中部日本放送をはじめとするTBS系列 金曜13:30 - 13:55枠
ドラマ30
※13:30 - 14:00
ひるドラ
【ここまで毎日放送と中部日本放送の交互制作枠】
ひるおび!・えなりかずき!そらナビ
※12:55 - 13:55
【ここから中部日本放送の固定制作枠】
毎日放送・中部日本放送をはじめとするTBS系列 金曜13:55 - 14:00枠
ドラマ30
※13:30 - 14:00
ひるドラ
【ここまで毎日放送と中部日本放送の交互制作枠】
ひるおび!・バンバンバン
※13:55 - 14:55
【ここから毎日放送の固定制作枠】