猪野学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いの まなぶ
猪野 学
生年月日 (1972-10-07) 1972年10月7日(48歳)
出生地 日本の旗日本三重県
身長 170cm
血液型 O型
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1996年 -
事務所 オフィスコバック
公式サイト 猪野学HP
主な作品
テレビドラマ
ディア・ゴースト
ピュア・ラブ
声優
スパイダーマン』シリーズ
冬のソナタ
テンプレートを表示

猪野 学(いの まなぶ、1972年10月7日 - )は、三重県出身の俳優声優

来歴[編集]

1996年青年座研究所を卒業、劇団青年座に入団。

2002年から2003年放送の『ピュア・ラブ』シリーズでは青年僧侶・陽春役に挑み、本来、体重が56㎏のところ、陽春を演じるときは、53kgまで体重を絞って臨んだ(「陽春体重」と自称している)。それが見事にハマって、ファンを増やす。

2005年に青年座を退団。劇団の先輩の西田敏行が所属する、現在の所属事務所のオフィスコバック緒形直人と共に移籍。

2009年1月2日 - 2009年1月18日に新宿「THEATER/TOPS」にて公演したHIGH LIFE公演 「アケミ」 は、非常に評判が高く、役者内のみならず、HIGH LIFEを知らずに観劇に来た数も多数であった。

2011年12月、城山羊の会公演の舞台「探索」に出演。作家により「こういう役もあうだろう」というあてがきで台本が創られ、今までの役柄とは対照的な役柄を演じ、自身は公演前に「今までの役とギャップが強すぎるので、観客が引いてしまうのではないか」と気にしていたが、これを観たファンや知人から「この役を演じて良かった。役者としての幅が拡がった」と評判は良いものとなった。また、同時にこの役を演じるにあたりファンからは「もっと派手に思い切ったほうが良い」と声があがり、千秋楽までにどんどん進化していった。

人物[編集]

  • 俳優業の傍ら、『スパイダーマン』などでのトビー・マグワイア吹き替えでも知られる。猪野によると、パーカーがスパイダーマンに扮するシーンのアフレコは花粉用マスクを重ね付けした上で収録したといい、理想の音を出す為に音響スタッフと苦心した事を後年明かしている[1]
  • 劇団青年座在籍中から、劇団での仲間と「HIGH LIFE(ハイライフ)」というユニットを組んでいる。ユニットメンバーは、猪野学・鈴木浩介・綱島郷太郎・小林正寛・蟹江一平である。
  • プライベートではロードバイクが大好きで趣味が高じて、2008年12月NHK総合【男自転車ふたり旅〜イタリア1200kmを行く〜】に出演。2014年10月からNHK BS-1にてチャリダー★にレギュラー出演している。

出演[編集]

太字はメインキャラクター

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1997年

1999年

ゲーム[編集]

2003年

2004年

2007年

2014年

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

トビー・マグワイア

映画(吹き替え)[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]