青田典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおた のりこ
青田 典子
プロフィール
別名義 森田 典子(旧姓)
玉置 典子(本名)
森 陽子
愛称 てんこ
バブル青田
生年月日 1967年10月7日
現年齢 49歳
出身地 愛媛県 松山市
血液型 O型(Rh+)
公称サイズ(1995年時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 88 - 58 - 85 cm
カップサイズ E
靴のサイズ 23.5 cm
活動
モデル内容 グラビア
備考 水着
他の活動 女優、歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

青田 典子(あおた のりこ、1967年昭和42年〉[1]10月7日 - )は、日本タレント女優、元アイドル歌手である。かつての女性アイドルグループ 『C.C.ガールズ』のひとりとしても知られる。 グレートデン所属。

本名;玉置 典子(たまき のりこ)、旧姓・森田(もりた)。

人物[編集]

愛媛県松山市生まれ[1]。松山市立津田中学校、東京都立八王子東高等学校を経て、東洋女子短期大学中退。

現在の夫は音楽グループ 『安全地帯』の玉置浩二

経歴[編集]

「森田典子」

キャリア最初期の仕事として、テレビの人気深夜番組 『オールナイトフジ』(フジテレビ)に、当時の現役モデルなどによる女性グループ 『シーエックス』の一員として、本名の「森田 典子」でレギュラー出演。

「森陽子」

1986年(昭和61年)から翌年にかけては「森陽子」「森田典子」名義での活動実績があり、男性雑誌 『BUNTA』『月刊プレイボーイ』『平凡パンチ』のグラビアページではヌードも披露している。

C.C.ガールズ

1990年平成2年)、オスカープロモーションが主催したコンテスト、「日本美人大賞」に出場して準グランプリを受賞した。翌年、芸名を青田典子に改めて、同コンテストの上位入賞者で『C.C.ガールズ』を結成し、リーダーを務めてデビュー。当時の愛称は「てんこ」だった[2]。同年日本テレビ音楽祭新人賞、1993年(平成5年)にはゴールデン・アロー賞グラフ賞、1994年(平成6年)には「JAL沖縄キャンペーンガール」、1995年(平成7年)にはハット(帽子)グランプリ特別賞を受賞した。

グループ卒業後

C.C.ガールズは1998年(平成10年)11月に卒業、その後青田はソロでの女優・タレント活動を開始し、映画Vシネマのヒロインクラスの役を務めるほか、バラエティーのMCなど幅広く出演した。

2004年(平成16年)頃からは、バラエティ番組『ロンドンハーツ』に出演。「格付けしあう女たち」のコーナーで、そのキャラクターから「L'amant(ラマン)青田」、「バブル青田」と呼ばれ人気になり、2005年(平成17年)冬スペシャルでは、バブルを代表する画家、ラッセンにヌードの絵を描いてもらった。また、同コーナーでの決めゼリフ、「ジーザス・クライスト(Jesus Christ)」が大爆笑をとりブレイクした。 2007年(平成19年)4月からは、『孤独の賭け〜愛しき人よ〜』、『地獄の沙汰もヨメ次第』(共にTBSテレビ)、『ドリーム☆アゲイン』(日本テレビ)と、3クール連続でドラマ出演した。

私生活[編集]

2007年(平成19年)5月結婚歴があることが女性雑誌に報じられた[3]。それは、青田が2004年(平成16年)11月に1歳年下の実業家と結婚、翌年10月に離婚していたという内容であった。

その事実を認めたオスカープロモーションは、「当時の状況を考えると、それほどのものではないと判断、報告が先延ばしになってしまった」とした。また、これについて会見した青田は、その実業家とはその後もお互いの家を行き来する「恋人状態」であることを告白、記者会見で涙を流した。

一方、2010年(平成22年)5月になると、音楽バンド 『安全地帯』の玉置浩二との交際が発覚した。青田は翌6月、「玉置を献身的に支えたい」として芸能活動を休止、同7月に玉置と再婚した。

その他のエピソード[編集]

高校の同級生には、夭逝したプロウィンドサーファー・飯島夏樹がいた。

ビートたけしが「青田は、元プロ野球選手解説者だった故青田昇の娘」だと述べているが、これはたけしの間違いで、正確には元女優・タレントの青田浩子が青田昇の娘である。

現在の夫・玉置のサポートに徹しており、毎日手料理を作るほか、玉置のコンサートツアーのリハーサルに同行し客席から音声をチェックしたり、楽屋でもスタイリストのように振る舞う[4]

バブル青田[編集]

バブル青田」は、青田の歌手としての別名である。青田は元々歌手志望だったが、C.C.ガールズ時代にリリースした曲(初期は「D.D.GAPS」のユニット名でリリース)はヒットしなかった。そこで『ロンブー』の田村淳が『ロンドンハーツ』(以下『ロンハー』)で青田を「バブル青田」としてソロCDデビューさせようと企画。プロデューサーは、淳と同じ吉本興業所属(当時)で、青田自身も大好きという小室哲哉だった[5]

小室は自身の全盛期だった1997年(平成9年)の未発表曲を提供[6]。作詞は、青田のカラオケの十八番である安室奈美恵の楽曲、『Chase the Chance』を作詞した前田たかひろ。タイトルは、そのまま『ジーザス』となった。

青田はカラオケBOXで練習をしたり、カウンターテナー米良美一などからボイストレーニングを受け、レコーディングに挑んだ。CDデビュー会見で『ロンハー』メンバーに初めて報告。また、そこで同じ日に『ロンハー』で共演している熊田曜子もCDデビューすることが分かり、2人は一週間後の『オリコン』売り上げ記録で勝負し、負ければ故郷で『ジーザス』を披露する事に(結果は青田が12位、熊田が15位となり、熊田が自らの故郷・岐阜で披露)。さらに、幕張メッセでデビューライブを行うことも通達された。

振り付けはTRFSAMETSUCHIHARUが担当。ダンスレッスンを受け、ジュリアナ時代に流行した“ジュリ扇”を使ったダンスが完成した。曲の最後の決めポーズは「イナバウアー」ならぬ「イナバブル」。ライブに向け青木さやかと同じケビン山崎のジムで体を絞り、ウエストを68cmから60cmにしダイエットも成功。9000万円の費用を投じた幕張メッセのステージは見事成功。そこでCDジャケットが披露されたが、ジャケット撮影の時間がなかったため青田の運転免許証の写真(スッピン顔)が使われた。『ロンハー』共演者の青木さやかは『ジーザス』がお気に入りと公言している。

ディスコグラフィ[編集]

C.C.ガールズなどのグループ名義分については、同項目を参照のこと。

TENKO 名義[編集]

ミニアルバム[編集]

  • なみだ(2002年4月21日発売)

バブル青田 名義[編集]

シングル[編集]

DVD[編集]

  • 泡踊り(2006年12月20日発売)

電子書籍[編集]

写真集[編集]

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b C.C.ガールズ結成以前の公称プロフィールは、誕生日を1966年(昭和41年)10月7日としている
  2. ^ メンバーに、同じ「のりこ」である原田徳子がいたため
  3. ^ 女性セブン2007年5月31日
  4. ^ [1],goo
  5. ^ 実際の所は、淳も含めた番組サイドからのブッキングではなく、小室側から出た企画であるという説もある(番組内で「小室さんから声がかからなかったら実現しなかった」との発言有り)
  6. ^ 後に1996年に訂正

関連項目[編集]

外部リンク[編集]