秋野太作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あきの たいさく
秋野 太作
本名 津坂 匡章(つさか まさあき)
別名義 津坂 まさあき
生年月日 1943年2月14日(73歳)
出生地 日本の旗 日本東京市台東区[1]
身長 170 cm
血液型 O型
職業 俳優タレントエッセイスト
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1967年 -
活動内容 1963年俳優座養成所入所
1966年:俳優座入団
1967年:『徳川の夫人たち』でデビュー
1968年:『男はつらいよ
1969年:上記の劇場版
1971年:『天下御免
1972年:『必殺仕掛人
1975年:『江戸の旋風』、『俺たちの旅
1977年:『気まぐれ本格派
1980年:『熱中時代
1986年:『ザ・ハングマンV
1987年:『おもいっきり探偵団 覇悪怒組
1999年:『サラリーマン金太郎
配偶者 太地喜和子1974年
温碧蓮(1975年 - )
著名な家族 実弟(津坂浩史
長男(つさかたくじ
長女(奥本有里
次女(津坂早紀
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
主な作品
泣いてたまるか
『天下御免』
必殺シリーズ
『江戸の旋風』シリーズ
『俺たちの旅』
『ザ・ハングマンV』
『サラリーマン金太郎』シリーズ
『男はつらいよ』シリーズ
備考
デビューから1976年までは本名を名乗っていた。

秋野 太作(あきの たいさく、1943年2月14日[2] - )は、日本俳優タレントエッセイストである。本名および旧芸名は津坂 匡章[2](つさか まさあき)。一時は津坂まさあきの名も使用していた[2]オールライトカンパニー所属。身長170cm、体重65kg。娘は女優津坂早紀[2]

来歴・人物[編集]

東京市台東区で生まれ、生後間もなく大分県杵築市の母の実家に移り[1]、4歳のとき東京に戻り、以降は文京区で育った[1]文京区立第六中学校卒、東京都立文京高等学校卒、日本大学法学部中退[1]。 俳優座養成所第15期生[2]俳優座座員[2]を経て現在はオールライトカンパニー所属。俳優座時代、一時太地喜和子と結婚していたが短期間で離婚し、その後NHKステージ101』の初期メンバーだった元タカラジェンヌの女優温碧蓮と再婚している。息子はダンサー・経済学者のつさかたくじ、娘は女優・モデルの津坂早紀。また、実弟津坂 浩史(つさか ひろし)も俳優デビューしたが、引退した。芸名を秋野太作にしたきっかけは、日本テレビドラマ、『俺たちの朝』での役名であったことからであり、この番組が「秋の大作」という触れ込みでの新作発表であった為、それをヒントにして改名したという。

秋野の独特のキャラクターが話題になり、バラエティ番組にも積極的に出演している。特に、日本テレビ踊る!さんま御殿!!』は明石家さんまを驚愕させるほどのキャラクターで人気を得ており、バラエティ番組進出のきっかけとなった。また、テレビ東京の『いい旅・夢気分』『土曜スペシャル』など旅番組に欠かせない存在で、娘の早紀と共演することが多い。

幼少の頃母親がいなかったため、「母」をテーマにした童謡が授業で流されると悔しかったという。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 斉藤明美 『家の履歴書 男優・女優篇』 キネマ旬報社2011年、130-134頁。ISBN 978-4873763538
  2. ^ a b c d e f 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、19頁。ISBN 978-4-8169-1852-0

関連人物・項目[編集]

外部リンク[編集]