ゴンゾウ 伝説の刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴンゾウ〜伝説の刑事〜
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2008年7月2日 - 9月10日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 猪崎宣昭
橋本一
脚本 古沢良太
プロデューサー 松本基弘
伊東仁
須藤泰司
横塚孝弘
出演者 内野聖陽
筒井道隆
本仮屋ユイカ
大塚寧々
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 小谷美紗子「Who -08-」
外部リンク BS朝日

特記事項:
第27回向田邦子賞受賞[1]
テンプレートを表示

ゴンゾウ 伝説の刑事』(ゴンゾウ でんせつのけいじ)は、2008年7月2日から9月10日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送された日本の刑事ドラマ。主演は内野聖陽

第27回向田邦子賞受賞作[1]。2008年9月度のギャラクシー賞(月間賞)受賞。

「夏の単独作品第4弾」。

概要[編集]

タイトルの「ゴンゾウ」とは、警察用語で能力や経験があるのに働かない警察官という意味の隠語、もしくは、英語 (gonzo)風変わり・ばか者などの意味を持つ俗語[2]

刑事ドラマであるが、作中に「この世界に愛はあるのか」という問いかけが何度も登場するように、脚本家古沢良太ノベライズ本解説で、この作品を『刑事ドラマのふりをした人間ドラマ』と表現している[3]

ストーリー[編集]

舞台は、警視庁井の頭警察署。主人公はかつて捜査一課に在籍し、3年前のある事件をきっかけに、現在は備品係に所属する警察官黒木俊英。毎日、職務中にテレビゲームにのめり込んでいる変人扱いの彼には、ゴンゾウというあだ名がつけられていた。

ある日、ヴァイオリニストの女性が射殺される。その時、彼女の知人であった女性警察官が一緒にいた事から、世間に注目される。先輩刑事の代理として捜査本部に復帰したゴンゾウは、さまざまな拳銃事件を解決していく。過去に関係のあった女性の、少女時代の幻影に苦しむ黒木は、「この世界に、愛はあるの?」 という女性の残したキーワードが、一連の殺人事件に関係していることに気づく。

ストーリーは一話完結ではなく、一人の女性の射殺事件の真相究明と、それに伴い明かされる黒木が3年前関わった事件が焦点となっている。

登場人物[編集]

警視庁井の頭警察署[編集]

黒木 俊英
演 - 内野聖陽[4]
会計課・備品係の係長。階級は警部補。毎日ゲームに勤しみ、仕事は事務員のルミ子に押し付ける。かつて「伝説の刑事」と呼ばれた警視庁捜査一課・殺人犯捜査第7係の元エース。
恋人であった杏子が殺害されたことがトラウマになり、幻覚を見てマンションの屋上から飛び降りた。
遠藤 鶴
演 - 本仮屋ユイカ
刑事課所属。交通課から転属したばかりの新米刑事で、刑事課のアイドル的存在だった。階級は巡査。両親と兄は神奈川県警キャリア警官で、自分だけ落ちこぼれだと思っており、比較されたくなくて警視庁の採用試験を受けた。第1話でヴァイオリニストのもなみとの帰路、共に銃で撃たれ重傷を負う。無垢な性格のもなみに劣等感を抱き、「コンサートなんてなければ良いのに」と思った直後に銃撃事件が起こった為、罪の意識にさいなまれていた。復帰後は本事件に尽力し、捜査本部が解散した後も事件に疑問を抱き、真実を追い続けた。
日比野 勇司
演 - 高橋一生
刑事課所属。階級は巡査。黒木が捜査本部へ入ることが気に食わなかった。しかし徐々に黒木の人柄や腕を認めていく。第一容疑者として、かつて逮捕した飯塚を誤認逮捕し、彼から絶縁を言い渡されるものの、献身的に面会に行く姿勢から徐々に飯塚の信頼を取り戻し、姉の捜索を依頼される。結果として事件の核心をつかむ事ができ、飯塚との関係も修復された。
田端 ルミ子
演 - 吉本菜穂子
会計課・備品係の事務員。書道七段。好物はうなぎ。日々黒木にコキ使われている。
川渕
演 - 戸井田稔
井の頭署署長。定年を2年後に控えている。
寺田 順平
演 - 綿引勝彦
刑事課所属。現場一筋の刑事。階級は巡査部長。第2話で負傷し休職する。岡林の死によって事件が解決したものの、まだ真相がある事に勘付き、「自分が解決したと孫に自慢する」ために復帰した。
松尾 理沙
演 - 大塚寧々
井の頭警察署内にある「被害者こころのケア相談室」の被害者カウンセラー。松尾メンタルクリニックの院長。精神科医。黒木も通院しカウンセリングを受けている。

警視庁捜査一課・殺人犯捜査第13係[編集]

佐久間 静一
演 - 筒井道隆
殺人犯捜査第13係係長。階級は警部。駆け引き上手な頭の切れる人物。天野もなみ射殺事件の捜査本部に黒木を加えるよう要請する。かつては黒木の部下で、また松尾とは肉体関係を持っていた。
岸 章太郎
演 - 菅原大吉
殺人犯捜査第13係主任。階級は警部補。かつて黒木の同僚であった。
小倉
演 - 青山勝
殺人犯捜査第13係の刑事。
森岡
演 - 小林正寛
殺人犯捜査第13係の刑事。
上村
演 - 和田正人
殺人犯捜査第13係の刑事。

警視庁捜査一課[編集]

氏家 隆
演 - 矢島健一
捜査一課管理官。階級は警視。上司と部下の板挟みに苦しむ中間管理職
渋沢 歳三
演 - 中村育二(第5話・第7話・第8話)
捜査一課長。階級は警視正。捜査一課時代の黒木を買っていた。

日本青空クラブ[編集]

岡林 和馬
演 - 白井晃(第5話 - )
ボランティア団体「日本青空クラブ」会長。片足を引きずっている。
綾乃
演 - 三輪ひとみ(第5話・第6話・第9話・最終話)
日本青空クラブの元会員。
中村
演 - 反田孝幸(第5話・第6話・第9話・最終話)
日本青空クラブの元会員。
乙部 功
演 - 内田朝陽(第5話・第6話・第8話 - )
日本青空クラブ会員。ボランティア仲間の綾乃や中村と共に入会し、岡林に見込みがあると唯一認められるが、地下で保管されていた火器類を見てしまい、井の頭署へ相談しに出頭した。実は黒木が関った二つの事件の真犯人である。幼少期は乙部醤油の裕福な息子だったが、経営が悪化し、父親が母親に暴力を振るうようになり、乙部は父親を殺害。母親は自殺。口癖は「この世界に、愛はあるの?」。

殺人事件の被害者[編集]

天野 もなみ
演 - 前田亜季(幼少期:岡村日向子〈第4話・第8話・第9話〉)
新人ヴァイオリニスト。純真無垢そうな女性。胸に銃弾を受け死亡。キャバクラで務めた事がある、柿沼と交際していた事があるなど、後ろ暗い噂があったものの、柿沼の決死の証言により、その純真さが証明された。
佐伯 杏子
演 - 池脇千鶴[5](第6話 - )(幼少期:小野花梨〈第6話 - 第8話〉)
黒木が“ゴンゾウ”となるきっかけとなった女性。同時に黒木のトラウマであり、「この世界に、愛はあるの?」と少女時代の姿で幻影として囁く。
幼少期に黒木に救われるが、成長して大人になり荒れたときに黒木と再会、「いつでも助けてやる」と言っていたのに、その後は何故助けてくれなかった、と恨み言をぶつけるも、そのまま結ばれ、恋人同士となった。
しかしある日、「愛を裏切ったものに報いを」という手紙と共に自宅で射殺体で見つかってしまう。見つかったときはまだ瀕死であったが、その際に黒木に対して「この世界に、愛はあるの?」と言い残して死亡する。黒木は自分への恨み言とずっと思っていたが、実際は真犯人である乙部の口癖を伝えようとしたものである。
幼少期に黒木に買ってもらった人形を大人になっても大切に保管していた。

その他[編集]

飯塚 慎吾
演 - 加藤虎ノ介(第2話・第3話・第8話・第9話)
覚醒剤使用の前科がある男。日比野の誤認により家宅捜査を受けた際、寺田を負傷させてしまう。
飯塚 早苗
演 - 遠野凪子(第8話 - )(幼少期:麻井香音〈第8話・第9話〉)
飯塚慎吾の姉。幼少のころは天才少女と呼ばれるほどのヴァイオリニストだったが、もなみの登場を機に、その地位を追われて行った。それからは荒れた人生を送っており、もなみとの再会を機に自身の人生はもなみのせいだと思い込むようになる。乙部と関係を持った直後にもなみに死んでほしいと呟いてしまい、実行された事を知って部屋に閉じこもっていた。日比野の必死の説得により部屋を出て警察署へ避難し、犯人の似顔絵作成に協力した。
佐久間 絹江
演 - 有馬稲子(第4話 - 第6話・第8話 - )
佐久間静一の母親。静一が黒木との捜査で帰宅できなかった時に倒れ、右半身不随に。車椅子生活を送り、介護支援を受けている。周囲や静一に悪態をつくが、秘かに静一を誇りに思っている。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

梅原
演 - 石橋蓮司
教授。女子大生殺害事件の容疑者。
ニコラス
演 - 正名僕蔵(第8話にも出演)
未成年の少女を買春して窃盗癖もある。本名は不明。
栗原のおばちゃん
演 - 前沢保美
黒木に犬の捜索願いを依頼しにきた。

第2話[編集]

遠藤 辰也
演 - 村上連
鶴の兄。神奈川県警のキャリア。階級は警部。

第3話[編集]

ロダン・杉浦 正彦
演 - 金田明夫(最終話にも出演)
運送会社を営んでいたが倒産したためホームレスに。
杉浦 詩織
演 - 邑野みあ
杉浦の娘。
杉浦 芙美子
演 - 小野洋子
杉浦の妻。

第4話[編集]

天野 孝作
演 - 秋野太作(最終話にも出演)
天野もなみの父親。
天野 光恵
演 - 浅利香津代(最終話にも出演)
天野もなみの母親。不妊症の末にできた娘を溺愛していた。
望月 香織
演 - 神農幸[6]
音楽教師。
柿沼 仁
演 - 遠藤憲一(最終話にも出演)
悪質な投資コンサルタント。もなみと付き合っていた。もなみとは真剣な交際を行っていたが、突如彼女に別れを告げる。破産の後に行方をくらますも、妙子からの連絡を受け、黒木に電話をかける。黒木が駆けつけた際には何者かによって既に瀕死にされていたが、もなみの潔白を証言した。
小峰 妙子
演 - 舟木幸(最終話にも出演)
柿沼の妹。兄の行方を捜している。
ヤクザ
演 - パク・ソヒ
柿沼を探しているヤクザ。

第5話[編集]

津田 栄一郎
演 - 左とん平(最終話にも出演)
かつて拳銃イカヅチを製造していた並木製工に勤めていた旋盤工。綿貫に依頼され、使用しない事を条件にイカヅチを修復したが、この銃が事件に使われたことを知り、自身の右手を粉砕し、綿貫の殺害を決意する。
綿貫 清
演 - 櫻井章喜
拳銃ブローカー。通称タヌキ。
藤岡
演 - 工藤俊作
関東竜神会幹部。
レポーター
演 - 中野若葉(第6話にも出演)
天野もなみの殺人事件を取材している女性アナ。

最終話[編集]

乙部 富士子
演 - 寺田路恵
乙部功の親族。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 監督 視聴率
第1話 2008年7月02日 ダメ警官登場 猪崎宣昭 12.5%
第2話 2008年7月09日 第一容疑者 10.4%
第3話 2008年7月16日 目撃者ロダン 橋本一 12.0%
第4話 2008年7月23日 天使の証明 10.8%
第5話 2008年7月30日 幻の拳銃 猪崎宣昭 10.3%
第6話 2008年8月06日 潜入捜査 10.9%
第7話 2008年8月13日 3年前の真実 橋本一 06.3%
第8話 2008年8月27日 鍵を握る女 12.2%
第9話 2008年9月03日 真犯人 猪崎宣昭 09.6%
最終話 2008年9月10日 夏の終わり 12.4%
平均視聴率 10.7%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

BS放送[編集]

下記の日程にてBS朝日で放送されている。

  • 2010年1月4日 - 同年3月8日(毎週月曜19時00分 - 19時55分)
  • 2010年11月1日 - 同年11月18日(月曜 - 木曜18時00分 - 18時55分)

関連商品[編集]

  • ゴンゾウ〜伝説の刑事 オリジナルサウンドトラック(ユニバーサル シグマ) - 2008年8月27日発売。
  • ノベライズ本『ゴンゾウ〜伝説の刑事』(編著:松田美智子朝日新聞社朝日文庫〉)ISBN 9784022644497 - 最終回放送翌日の2008年9月11日に発売。全10話の脚本をもとに小説化された。
  • また、最終回でDVD化が発表され、2008年12月26日に発売。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
警視庁捜査一課9係(season3)
(2008.4.16 - 2008.6.18)
ゴンゾウ 伝説の刑事
(2008.7.2 - 2008.9.10)
相棒(season7)
(2008.10.22 - 2009.3.18)