綿引勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたびき かつひこ
綿引 勝彦
本名 綿引 勝彦
別名義 綿引 洪
生年月日 (1945-11-23) 1945年11月23日(73歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 173 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1970年代 - 現在
配偶者 樫山文枝
主な作品
テレビドラマ
天までとどけ』シリーズ
ナニワ金融道』シリーズ
鬼平犯科帳』シリーズ(中村吉右衛門版)

綿引 勝彦(わたびき かつひこ、1945年11月23日[1][2] - )は、日本俳優。本名:同じ。旧芸名:綿引 洪

東京都出身[1][2]日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業、日本大学藝術学部中退。劇団民藝[1]を経て、劇団綿帽子主宰。

血液型AB型

来歴・人物[編集]

日本大学鶴ヶ丘高等学校を卒業後、日本大学藝術学部に入学するも中退し、劇団民藝に入団。

一連のヤクザ映画での悪役・コワモテの兄貴分といったイメージが強かったものの、『天までとどけ』シリーズでの良き父親役が当たり役となって以降、善人役も増えてきている。

1990年代後半にはゲーム『ピカチュウげんきでちゅう』(NINTENDO64)のCMでコミカルな味を出し新境地を開く。その後、『ポケットモンスター』のCMに立て続けに出演し、「ポケモンおじさん」と称された。最初はこのCM依頼に「起用する役者さん間違ってませんでしたか?」と驚いたことをTBS系『ズバリ言うわよ!』(2007年6月5日放送分)で語っていた。

私生活では劇団民藝在籍中に、女優で現在も民藝に在籍している樫山文枝と結婚しており、おしどり夫婦としても有名。

WXIII 機動警察パトレイバー』には主人公・久住武史役で声の出演を果した。

2005年、胸部動脈瘤を患い、出演予定だった舞台を降板。現在は回復している。

2011年から放送開始された、ブルース・ウィリス出演のダイハツ工業ミライース」CMシリーズにおける宣伝部長役で注目を集めている。2012年には同シリーズでウィリスの吹き替えに挑戦するCMが制作され、さらにウィリス出演の映画『セットアップ』・『エクスペンダブルズ2』で彼の吹き替えを担当した[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

毎日放送[編集]

中部日本放送[編集]

  • ウルトラマンメビウス - アライソ整備長
    • 第15話「不死鳥の砦」(2006年)
    • 第26話「明日への飛翔」(2006年)
    • 第38話「オーシャンの勇魚」(2007年)

フジテレビ[編集]

関西テレビ[編集]

東海テレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

朝日放送[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、226頁。
  2. ^ a b 綿引勝彦 - 日本タレント名鑑
  3. ^ あのCMでブルース・ウィリスを吹き替えた俳優をDVDで起用!発売の話題化を図る”. AdverTimes. 2012年5月16日閲覧。
  4. ^ “中井貴一、刺青姿披露!ユースケ・サンタマリア&ピエール瀧と悪に染まる「きんぴか」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月28日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/28/36026.html 2015年11月30日閲覧。 
  5. ^ パトレイバー WXIII”. マッドハウス. 2016年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]