松本基弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 基弘(まつもと もとひろ、1963年8月21日 - )は、日本テレビドラマ映画プロデューサーテレビ朝日社員。

人物[編集]

東京都墨田区生まれ。後に愛知県春日井市高蔵寺町に転居。血液型A型。名古屋市立向陽高等学校北海道テレビの名物ディレクター・藤村忠寿はラグビー部の後輩)を経て早稲田大学教育学部卒業後、1987年テレビ朝日入社。

入社直後ワイドショー部に配属。人手不足の折、すぐに取材ディレクターを任され、ネタ決めから構成・取材・編集なんでも一人でやらせてもらえる幸運に恵まれたという。 その後、番組が「欽ちゃんのどこまで笑うの」に代わり、“大将”こと萩本欽一から“ふり”、“おち”、“フォロー”笑いの三原則を学んだらしい。

※その後、ドラマ班チーフプロデューサーとなり、主にテレビ朝日水曜9時枠ドラマを担当。「相棒」「エースをねらえ!」「刑事部屋」「PS-羅生門-」「警視庁捜査一課9係」「ゴンゾウ」を制作。
  • 2007年 「相棒season5元日スペシャル・バベルの塔」で日本民間放送連盟優秀賞を受賞。
  • 2008年 「相棒-劇場版‐」全国公開。興行収入08年度前期No.1となる。「相棒」水谷豊、寺脇康文が橋田壽賀子賞を受賞。「ゴンゾウ」脚本の古沢良太が向田邦子賞を受賞。
※この年より、ゼネラルプロデューサーとなる。

主なプロデュース作品[編集]

テレビ[編集]

土曜ワイド劇場[編集]

連続ドラマ[編集]

スペシャルドラマ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]