和泉聖治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いずみ せいじ
和泉 聖治
本名 木俣 堯美 (きまた あきよし)
生年月日 1946年9月25日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1972年 -
著名な家族 木俣堯喬 (父)
葉山瑛子 (実母)
木俣和子 (義母)
珠瑠美 (義母)
谷身知子 (義叔母)
事務所 プロダクション鷹
ムービーブラザース
主な作品
映画
『沙耶のいる透視図』
南へ走れ、海の道を!
パッセンジャー 過ぎ去りし日々
極道(やくざ)渡世の素敵な面々
相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜
テレビドラマ
ホテルウーマン
HOTEL(ホテル)』(シリーズ4)
相棒
おみやさん
Vシネマ
修羅がゆく
借王(シャッキング)

和泉 聖治(いずみ せいじ、1946年9月25日 - )は、日本の映画監督である。本名は木俣 堯美(きまた あきよし)[1]ムービーブラザース代表取締役。プロダクション鷹常務取締役を歴任した[1]

経歴[編集]

父は実父は彫刻家・劇作・舞台演出家で成人映画監督の木俣堯喬。継母はピンク映画の往年の人気女優で成人映画監督の珠瑠美

京都外国語大学付属西高校卒業後、船乗り、ダンプの運転手、バーテンなどをしながら、イラストレーターを志した。 1966年に上京。偶然見たジャン・リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ!!』で映画に魅せられ、父の経営する“プロダクション鷹”に入社する。

1968年から父・木俣に師事しながら演出修行を続け、1972年にミリオン製作の『赤い空洞』で監督デビューする。以降、年に4~7本以上というハイペースで数多くピンク映画を次々と量産する。

1982年には、渡辺裕之主演『オン・ザ・ロード』〈1982、松竹〉で一般映画に進出。白バイ警官と彼にはねられた女性とのラブロマンスを東京から鹿児島まで追うストーリーをアメリカのアクション映画を思わせる演出で仕上げた。

以後もピンク映画、にっかつロマン・ポルノなどと並行しつつ、1983年には高樹沙耶の鮮烈デビュー作『沙耶のいる透視図』(諸事情により公開は1986年)、ローバジェットながら暴走族の若者たちの青春像を鮮烈に描いた『魔女卵』〈1984〉、ミュージカル仕立てのシブがき隊主演『バロー・ギャングBC』〈1985〉、沖縄・フィリピンを舞台に弟を殺された兄がその弟の恋人とともにやくざ組織に復讐戦を挑む岩城滉一安田成美共演のアクション作品『南へ走れ、海の道を!』〈1986〉などシャープな映像とテンポのいい演出で一般映画を連発。

この頃にはテレビドラマの世界でも活躍し、当初は単発ドラマのシナリオを担当。1984年には中井貴恵火野正平共演による『都会に堕ちた女』〈フジテレビ、1984年10月26日放送〉を初執筆岸本加世子主演による『ヴァージン・ロード』〈フジテレビ、1984年11月17日放送〉ではATP賞糸井重里荻野目慶子主演による『たとえばこんなメロドラマ』〈TBS、1985年9月25日放送〉ではギャラクシー賞を受賞

1985年には木曜ドラマストリート番組内の一本、渡辺典子主演による『明日を殺さないで』〈フジテレビ、1985年10月31日放送〉ではテレビ初演出。以降、山田邦子初主演作品『ザ・ブス-人呼んで幻の背中美人 今夜はワタシが主役』〈TBS、1987年7月8日放送〉、後にドラマ『相棒』でコンビを組む事となる水谷豊と初顔合わせとなった『遮断機の下りる時』〈KTV、1989年4月17日放送〉、現在売れっ子のシナリオライターとして活躍する岡田恵和のテレビドラマ脚本デビュー作『香港から来た女』〈TBS、1990年4月21日放送〉など数多くの単発ドラマを手掛ける。

1988年には陣内孝則主演の東映作品『極道(やくざ)渡世の素敵な面々』を監督し、チンピラから一人前のやくざになっていく男の姿を描いた安部譲二原作による本作は前年の同じ陣内孝則主演による『ちょうちん』で芽吹いた“東映ニューやくざ路線”を定着させる演出を見せた。

これ以降、東映での仕事が多く続き、修学旅行を舞台とした高校生たちの青春映画『この胸のときめきを』、ジョージ秋山の同名漫画でヤクザと結婚した娘の生活を描いた『恋子の毎日』〈1988〉、陣内孝則・柳葉敏郎のコンビで送る若きやくざと大学生の奇妙な友情を描いた『さらば愛しのやくざ』、大友康平主演による上京してきた一人の青年のサクセスストーリー『ゴールドラッシュ』〈1990〉、鎌倉フィレンツェを舞台に揺れ動くヒロインの姿を描くラブストーリー『フィレンツェの風に抱かれて』、加勢大周主演による青春アクション『シャイなあんちくしょう』〈1991〉、小林旭主演によるひとりのヤクザの壮絶な生きざまを描いた任侠ロマン『修羅の伝説』〈1992〉、同じく小林主演による経済ヤクザの生き様を描いたドラマ『民暴の帝王』〈1993〉など多彩なジャンルの作品群を手掛ける。

1991年にはトップクラスのホテルウーマンへの道を駆け昇っていくサクセスストーリーを描いた沢口靖子主演の『ホテルウーマン』〈KTV、1991〉で連続ドラマの演出も手掛け、1993年には日本テレビ開局40周年記念となる宮沢りえ本木雅弘主演による往年の人気ドラマのリメイク作『西遊記』〈NTV、1993年3月28日放送〉のスペシャルドラマも演出し、26.9%の高視聴率を獲得。

その後もホテルで繰り広げられるさまざまな人間模様を描く人気シリーズ『HOTEL(ホテル)』〈TBS、1995〉、市川崑監督をはじめ有名監督が次々とメガホンをとったことで話題となった役所広司主演による刑事ドラマ『刑事追う!』〈テレビ東京、1996〉(第10話「消された情報屋」を演出)など連続ドラマの演出にも手掛けるようになる。

また、この頃からはVシネマも数多く手掛けるようになり、1995年には組長殺しの汚名を着せられた若き侠客が自分を罠に嵌めた敵に立ち向かっていく様を描いた哀川翔主演による人気シリーズ『修羅がゆく』や終戦直後の横浜を舞台に無敵の愚連隊を率いた“モロッコの辰”と呼ばれる伝説の男の波乱の生涯を描く柳葉敏郎主演の和製ノワール・ムービー『Morocco 横浜愚連隊物語』二部作〈1996〉、哀川翔・志賀勝夏樹陽子が繰り広げる借金に苦しむ男女3人組が巧妙な騙しの手口で大金を得ようとする姿を描いたコメディ『借王(シャッキング)』シリーズ、戦後混乱期の新宿を舞台に伝説的な愚連隊として安藤昇とともにその名を轟かせていた男・加納貢の青春時代を描く的場浩司主演の和製ノワール・ムービー『実録新宿の顔 新宿愚連隊物語』二部作〈1997〉などVシネマの世界でも多岐に渡る活躍をする。

同時期に映画に目を向ければ、東映以外からもオファーがあり、稲垣吾郎主演による美しい家庭教師と少年の恋を描く日米合作の青春映画『プライベート・レッスン』〈1993〉やイルカが棲息する小笠原諸島の自然を背景に一組のカップルの恋を描くラブ・ファンタジー『イルカに逢える日』〈1994〉、後藤久美子主演によるキャンプ場での出会いを描いたラブ・ストーリー『キャンプで逢いましょう』〈1995〉を手掛ける。

その後は、東映からのオファーが相次ぎ、次々と起きる家庭の騒動を通して中年サラリーマンの家族の姿を描いたハートフル・コメディ『お日柄もよくご愁傷さま』〈1996〉、老舗の料亭の暖簾を取り返すために立ち上がった7人の流れ板たちの活躍を描いた『流れ板七人』〈1997〉、欠陥住宅と家庭崩壊に悩まされる中年サラリーマンの姿を通して家族の絆を見つめるハートウォーミング・コメディ『大安に仏滅!?』、故三船敏郎の愛娘である三船美佳映画初出演の白血病に冒された少女と彼女のクラスメイトたちの厚き友情を描いた実話を基にしたヒューマン・ドラマ『友情 Friendship』〈1998〉、エジプトを舞台に日本人ジャーナリストが美術品の密売組織に闘いを挑むアクション・ロマン『Nile ナイル』〈1999〉など八面六臂の活躍を続ける。

2000年6月3日には土曜ワイド劇場において放送された水谷豊寺脇康文両主演による刑事ドラマ『相棒』の記念すべき第一回を演出。以降、同番組内の単発ドラマとして始まった全3作の演出を担当。2002年10月には連続ドラマとして開始。以後、人気を博してシリーズ化となり、同シリーズのメイン監督を務める。

2007年には正月に放送された『相棒season5 元日スペシャル・バベルの塔』で日本民間放送連盟優秀賞を受賞

2008年には『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』を監督。同作品は350万人の観客動員を突破。興行収入44.4億円を上げ、本年度上半期No.1大ヒットとなった。

また、2010年には第2作となる『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』を監督。こちらも興行収入30億円を超える大ヒットとなった。

『相棒』のメイン監督を務める一方、中村雅俊主演の元刑事である私立中年探偵の活躍を描く『オヤジ探偵』〈ANB、2001~〉や渡瀬恒彦主演による資料課の刑事が「迷宮入り事件」に挑む『おみやさん』〈ANB、2002~〉など他の連続ドラマの人気シリーズも手掛け、2008年にはテレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとなるピアニストの妻が一本の電話をきっかけにその運命を大きく狂わせていく様を描く米倉涼子主演のサスペンス・ミステリー『氷の華』〈EX、2008年9月6日・7日放送〉では二夜連続放送の演出を務めた(第一夜 〈16.8%〉、第二夜〈18.0%〉)。

現在も『相棒』を中心に多忙な演出家として幅広く仕事を手掛ける。私生活では1991年7月に結婚。二女がいる。

おもなフィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • 赤い空洞』 : 1972年公開(成人映画・映倫番号 不明)
  • 情事の報酬』 : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1972年8月公開(成人映画・映倫番号 不明)
  • 変質者』 : 主演谷身知子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1972年11月公開(成人映画・映倫番号 17760)
  • 悩ましい痴態』 : 脚本木俣堯喬、主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1973年10月公開(成人映画・映倫番号 17735) - 木俣堯喬と共同で監督、68分の上映用プリントをNFCが所蔵
  • 『美人秘書 愛戯の手ほどき』 : 製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1974年2月公開(成人映画・映倫番号 17909)
  • 『浮気めぐり』 : 主演津田知世、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1974年5月公開(成人映画・映倫番号 17963)
  • 『新妻 乱れ姿』 : 製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1974年6月公開(成人映画・映倫番号 18058) - 監督・脚本
  • 『横浜シャイアン 女の湿地帯』 : 1974年公開(成人映画・映倫番号 不明) - 監督・脚本、DVDビデオグラム発売
  • 『セックス谷わたり』 : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1975年6月公開(成人映画・映倫番号 18383)
  • 『セックスドキュメント 連続婦女暴行魔』 : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1975年9月公開(成人映画・映倫番号 18463)
  • 『花の高2初体験』 : 主演路さとみ、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1975年11月公開(成人映画・映倫番号 18527)
  • 『女唇のわななき』(『女房のわななき』) : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1975年12月公開(成人映画・映倫番号 18549)
  • 『女子大生事件 SEXアルバイト』 : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1976年2月3日公開(成人映画・映倫番号 18586)
  • 『衝撃!! 蒼い性の告白』 : 主演南ゆき、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1976年3月2日公開(成人映画・映倫番号 18631)
  • 『女囚性欲魔』 : 主演小山マヤ、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1976年5月11日公開(成人映画・映倫番号 不明)
  • みだれ枕』 : 原作樋口一葉、主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1976年7月6日公開(成人映画・映倫番号 18696) - 木俣堯喬と共同で監督、DVDビデオグラム発売
  • 『パパ私やったわ!』 : 主演葵由美、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1976年8月24日公開(成人映画・映倫番号 18771)
  • 『発情』 : 主演結城マミ、製作プロダクション鷹、配給日活、1976年10月9日公開(成人映画・映倫番号 18850)
  • 『日本国刑法第177条 強姦罪』 : 企画木俣堯喬、主演南ゆき、製作プロダクション鷹、配給日活、1977年2月23日公開(成人映画・映倫番号 19014) - 監督・脚本
  • 『㊙暴力性犯罪』 : 主演中島葵、製作プロダクション鷹、配給日活、1977年6月公開(成人映画・映倫番号 19116) - 監督・脚本
  • 『私はフリーセックスよ 女の快感』(『女の快感』) : 主演宮崎あすか、製作プロダクション鷹、配給大蔵映画、1977年7月29日公開(成人映画・映倫番号 19157)
  • 『主婦売春グループ 濡れた淫婦』 : 主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給日活、1977年9月3日公開(成人映画・映倫番号 19199)
  • 『モーテル性実態』 : 主演泉リコ、製作プロダクション鷹、配給大蔵映画、1977年9月10日公開(成人映画・映倫番号 19188)
  • 『異常性欲魔』 : 脚本木俣堯喬、主演梨沙ゆり、製作プロダクション鷹、配給日活、1977年11月12日公開(成人映画・映倫番号 19251)
  • 『のけぞり現場 淫絶女優』 : 主演ティミー杉本、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1977年12月公開(成人映画・映倫番号 19249)
  • 『主婦売春 男好きの女』 : 脚本木俣堯喬、主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給日活、1977年12月10日公開(成人映画・映倫番号 19267)
  • 『不倫の午後 肌狂い』 : 脚本木俣堯喬、撮影久我剛、主演珠瑠美、製作プロダクション鷹、配給日活、1978年2月18日公開(成人映画・映倫番号 19337)
  • 『青春女子大生 びしょ濡れ』 : 主演梨沙ゆり、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1978年4月公開(成人映画・映倫番号 19338)
  • 『異常性ハンター 制服狙い』 : 脚本木俣堯喬、撮影久我剛、主演言問季里子、製作プロダクション鷹、配給日活、1978年5月20日公開(成人映画・映倫番号 19430)
  • 『狙われた変態猟色』 : 主演ティミー杉本、製作プロダクション鷹、配給大蔵映画、1978年5月公開(成人映画・映倫番号 19405)
  • 『若妻寝室秘話』 : 主演高倉ひとみ、製作プロダクション鷹、配給大蔵映画、1978年7月3日公開(成人映画・映倫番号 19451)
  • 『変態サラリーマン 人妻狂い』 : 主演言問季里子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1978年7月公開(成人映画・映倫番号 19431)
  • 『処女初犯 しびれる』 : 主演高田理絵、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1978年8月公開(成人映画・映倫番号 19496)
  • 『女秘書 舐める』 : 主演くどう麻屋、製作プロダクション鷹、配給にっかつ、1978年9月9日公開(成人映画・映倫番号 19530)
  • 『欲望団地 乱交若妻』 : 主演くどう麻屋、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1979年1月9日公開(成人映画・映倫番号 19571)
  • 『狂った性欲者 主婦襲う!』 : 主演桂たまき、製作プロダクション鷹、配給にっかつ、1979年2月17日公開(成人映画・映倫番号 19682)
  • 『好き好き女子大生 性虐』 : 主演桂たまき、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1979年3月13日公開(成人映画・映倫番号 19690)
  • 『異常性欲犯 まわす』 : 脚本木俣堯喬、撮影久我剛、主演柚木彩花、製作プロダクション鷹、配給にっかつ、1979年6月23日公開(成人映画・映倫番号 19808)
  • 『処女を剥ぐ』 : 主演柚木彩花、製作青年群像、配給ミリオンフィルム、1979年8月14日公開(成人映画・映倫番号 19834)
  • 『人妻監禁』 : 主演柚木彩花、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1979年11月公開(成人映画・映倫番号 19920)
  • 『女高生 異常体験』 : 主演柚木彩花、製作プロダクション鷹、配給にっかつ、1979年11月11日公開(成人映画・映倫番号 19955)
  • 『暴漢 処女を襲う』 : 主演朝霧友香、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1979年12月8日公開(成人映画・映倫番号 19977)
  • 『乱行若妻 濡れにぞ濡れし』 : 主演風間舞子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1980年3月11日公開(成人映画・映倫番号 110048)
  • 『セックスドキュメント 若妻監禁』 : 主演風間舞子、製作プロダクション鷹、配給にっかつ、1980年3月29日公開(成人映画・映倫番号 110082)
  • 『私は犯されたい!』 : 主演風間舞子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1980年5月6日公開(成人映画・映倫番号 110074)
  • 『マリアの告白 少年狩り』 : 主演あおい恵、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1980年9月公開(成人映画・映倫番号 110180)
  • 『女子大生激撮 剥ぐ』 : 主演朝霧友香、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1980年10月公開(成人映画・映倫番号 110227)
  • 『制服売春 衝撃のテクニック』 : 主演朝霧友香、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1981年2月6日公開(成人映画・映倫番号 110362)
  • 『人妻交換 絶頂』 : 主演神山市子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1981年2月公開(成人映画・映倫番号 110302)
  • 『人妻交換24時 失神します』 : 主演亜希いずみ、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1981年6月公開(成人映画・映倫番号 110410)
  • 『四畳半レポート いじる』 : 主演風間舞子、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1981年7月10日公開(成人映画・映倫番号 110499)
  • スローなブギにしてくれ』 : 監督藤田敏八、製作角川映画、1981年公開 - 出演・「作業服の男」役
  • オン・ザ・ロード』 : 1982年公開 - 監督・脚本
  • 『キャリアガール・乱熟』 : 主演水月円、製作プロダクション鷹、配給ミリオンフィルム、1983年3月公開(成人映画・映倫番号 111026) - 監督・脚本
  • 『股間連発クリニック』 : 主演響恭子、製作・配給新東宝映画、1984年4月公開(成人映画・映倫番号 111400)
  • 『愛獣 熱く凌す』 : 製作・脚本木俣堯喬、主演沢田和美、製作AMI企画、配給にっかつ、1984年10月20日公開(成人映画・映倫番号 111582) - 監督、64分の上映用プリントをNFCが所蔵
  • 魔女卵』 : 1984年公開 - 監督・脚本
  • 『ワイセツな女 黒い肌に泣く』 : プロデューサー木俣堯喬、主演麻生かおり、製作AMI企画、配給にっかつ、1985年3月23日公開(成人映画・映倫番号 111731) - 監督・脚本
  • 『生撮り解禁ツアー むしとられたビキニ』 : プロデューサー木俣堯喬、脚本橋本以蔵、主演聖女隊、製作AMI企画、配給にっかつ、1985年7月20日公開(成人映画・映倫番号 111841)
  • バロー・ギャングBC』(1985年
  • 南へ走れ、海の道を!』(1986年
  • 『プライド・ワン』(1986年)
  • 『沙耶のいる透視図』(1986年)
  • 湘南爆走族』(1987年
  • パッセンジャー 過ぎ去りし日々』(1987年)
  • 極道渡世の素敵な面々』(1988年
  • この胸のときめきを』(1988年)
  • 恋子の毎日』(1988年)
  • 監禁 なぶる』 : 監督珠瑠美、脚本木俣堯喬、製作プロダクション鷹、配給エクセスフィルム、1989年5月6日公開(成人映画・映倫番号 112844) - 演出協力(最後の成人映画)
  • さらば愛しのやくざ』(1990年
  • 『ゴールドラッシュ』(1990年)
  • 『フィレンツェの風に抱かれて』(1991年
  • シャイなあんちくしょう』(1991年)
  • 修羅の伝説』(1992年
  • 民暴の帝王』(1993年)原作:溝口敦
  • プライベート・レッスン』(1993年)
  • 『イルカに逢える日』(1994年)
  • キャンプで逢いましょう』(1995年
  • 修羅がゆく』(1995年)
  • 『修羅がゆく 戦争勃発』(1996年
  • 『お日柄もよくご愁傷さま』(1996年)
  • 『Morocco 横浜愚連隊物語』(1996年)
  • 『Morocco 横浜愚連隊物語2』(1996年)
  • 『修羅がゆく3 九州やくざ戦争』(1996年)
  • 流れ板七人(劇場映画版)』(1997年
  • 『実録 新宿の顔 新宿愚連隊物語』(1997年)
  • 『実録 新宿の顔2 新宿愚連隊物語』(1997年)
  • 借王』(1997年)
  • 『借王2』(1997年)
  • 『大安に仏滅!?』(1998年
  • 友情 Friendship』(1998年)
  • 『借王4』(1998年)
  • 『新・極道渡世の素敵な面々 女になった覚えはねぇ!』(1998年)
  • 『新・極道渡世の素敵な面々2 きりとりブルース』(1999年
  • 『ドンを撃った男』(1999年)
  • 『平成金融道 マルヒの女』(1999年)
  • 『新宿やくざ狂犬伝 一匹灯』(1999年)
  • 『借王 THE MOVIE 沖縄大作戦』(1999年)
  • 『平成金融道 裁き人』(1999年)
  • 『借王 ナニワ相場師伝説』(1999年)
  • 惚れたらあかん 代紋の掟』(1999年)
  • 『ナイル』(1999年)
  • 『借王 THE MOVIE 2000』(2000年
  • 『鬼極道』(2000年)
  • 『悪名』(2001年
  • 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』(2008年
  • 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』(2010年
  • HOME 愛しの座敷わらし』(2012年
  • 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』(2014年

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

脚本[編集]
  • 金曜女のドラマスペシャルフジテレビ
    • 都会に堕ちた女 妙義山白骨殺人事件(1984年10月26日)
    • 失踪・夫が消えた!(1986年5月16日)
  • ヴァージン・ロード(1984年11月17日、フジテレビ)
  • 日生ファミリースペシャル(フジテレビ)
    • のぶ子のマイウェイ(1985年6月13日)
  • 水曜ドラマスペシャル(TBS)
    • たとえばこんなメロドラマ(1985年9月25日)
  • 金曜ドラマスペシャル(フジテレビ)
    • 北陸トンネル、蒸発殺人行 汚れちまった悲しみに…(1986年3月14日)
演出[編集]

映画の出演作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年鑑[1973], p.251.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]