修羅の伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修羅の伝説
監督 和泉聖治
脚本 黒田義之
原作 勝目梓「掟の伝説」
製作 俊藤浩滋
製作総指揮 岡田裕介
出演者 小林旭
音楽 ニック・ウッド
主題歌 小林旭「雪散華」
撮影 佐々木原保志
制作会社 東映
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 1992年1月15日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

修羅の伝説』(しゅらのでんせつ)は、1992年日本映画。主演:小林旭、監督:和泉聖治、製作:東映。国内では1992年1月15日に公開された。

ストーリー[編集]

とある地方都市・砂泊に小さなシマを持つ笠部組の若頭・大滝は、仁義に厚い昔気質の極道。彼は弱小の組を守るために死力を尽くし、妻や子を優しく見守り、異郷のフィリピン娘・友子に暖かい愛をささげていた。そんなある日、正体不明の鉄砲玉に組長が襲われる。そんな状況を陰で見守るマル暴の刑事・桐野。大滝と桐野は立場こそ全く違ったが、妙に気の合う友情で結ばれていた。桐野の情報でその襲撃を仕掛けたのが関西系の小田一家だと知る大滝。その裏に潜む政界絡みの巨大な陰謀を突き止めた彼は全面戦争をも辞さないと腹に決める。笠部組と小田一家の戦争がいよいよ暗雲の兆しを見せ始めたころ、ムショ暮らしを了えた本堂が大滝の前に顔を見せた。そして、小田一家相手に暴れ回る本堂。ところがそんな折、笠部が東京のホテルで撃たれ死亡。復讐の鬼と化した大滝は、たったひとりで小田一家に殴り込みをかけるのだが・・・

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

プロデューサーの俊藤浩滋が、勝目梓原作の『掟の伝説』を元に自腹でVシネマにしようと脚本を作ったら、社長の岡田茂が読んで「面白い、一般映画で撮ってくれ」と指示し製作された[1]。また数年間、大作映画が作られていなかった東映東京撮影所での撮影も合わせて頼まれた。俊藤が『南へ走れ、海の道を!』(1986年)を観て、監督に和泉聖治を起用。主演には『制覇』(1982年)以来、10年ぶりの映画出演となる小林旭がキャスティングされた。本社営業部は「小林ではお客がこない」と難色を示した[1]。岡田から「旭は財産やから、来年の企画を何か考えろ」と指示され、翌1993年『民暴の帝王』が製作された[1]。『キネマ旬報』1993年2月下旬号は、本作の興行成績を惨敗と特記している[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 俊藤浩滋山根貞男『任侠映画伝』講談社、1999年、275-279頁。ISBN 4-06-209594-7
  2. ^ 「1992年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1993年平成5年)2月下旬号、キネマ旬報社、1993年、 148頁。

外部リンク[編集]