相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相棒 > 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ
相棒 -劇場版III-
巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ
監督 和泉聖治
脚本 輿水泰弘
製作 松本基弘
伊東仁
遠藤英明
西平敦郎
土田真通
出演者 水谷豊
成宮寛貴
伊原剛志
釈由美子
風間トオル
渡辺大
吉田鋼太郎
宅麻伸
及川光博
石坂浩二
音楽 池頼広
制作会社 東映東京撮影所
東映テレビ・プロダクション
製作会社 「相棒-劇場版III-」パートナーズ
配給 東映
公開 日本の旗 2014年4月26日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 21.2億円[1]
前作 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜
次作 相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断
テンプレートを表示

相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』(あいぼう げきじょうばん スリー きょだいみっしつ! とくめいがかり ぜっかいのことうへ)は、2014年4月26日に全国東映系にて公開された日本映画

概要[編集]

テレビ朝日系の刑事ドラマシリーズ『相棒』の劇場版第3作で、前作『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』以来、3年5か月ぶりの劇場版である。杉下右京の相棒が神戸尊(及川光博)から甲斐享(成宮寛貴)に変わって以降、初の劇場版となっているが、前相棒である尊も登場するため、新旧の相棒が同一作品に登場する初のシリーズにもなっている。監督は和泉聖治、脚本は輿水泰弘。テレビ朝日開局55周年記念作品。

キャッチコピーは「全ての「謎」を終わらせる。」、「相棒史上、最高密度のミステリー。」「その島に触れてはならない「秘密」が眠る。」。

時系列はseason11とseason12の間の2013年に位置づけられており、season12 第1話で退職した三浦信輔も登場している。

今作ではシリーズ初の沖縄ロケが敢行されている。4Kでの撮影。

公開前の2014年3月には、東宝配給のアニメ映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』とのコラボレーションも行われた[2]。詳細は名探偵コナン 異次元の狙撃手#コラボレーションを参照。

丸の内TOEI1他全国334スクリーンで公開され、公開初週土日2日間で動員21万2534人、興収2億7454万8100円の成績となり、日本の国内映画ランキングでは5位でスタートした[3]

2015年4月19日(日)にはテレビ朝日系の『日曜エンタ日曜洋画劇場特別企画』で地上波初放送[4]文字多重放送 / データ放送。放送枠は21:00 - 23:19)。平均視聴率は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[5]

2016年10月9日(日)にもテレビ朝日系の『日曜エンタ・日曜洋画劇場特別企画』で放送された。season15のスタートを記念した特別企画となり、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)からのスペシャルメッセージのほか、『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』の特別映像も併せて放送された[6]。しかし、出演者の成宮寛貴が同年12月9日を以って芸能界を引退したため、地上波放送はこれが最後となっている。

ストーリー[編集]

とある朝、いつものように警視庁に出勤した杉下右京と甲斐享。特命係の部屋に向かおうとした所、組織犯罪対策5課の課長、角田六郎に「珍客が来ている。」と告げられた右京達。

部屋に向かうと一人の男性が立ち上がり右京に声をかけた。彼の名は神戸尊。かつて特命係に在籍し、右京と共に数々の事件を解決に導いてきた人物で現在は警察庁長官官房付となっている。

右京とは知り合いのようだが、自分は初めて会う人物。右京の紹介を通して、かつて右京の相棒を務めた彼と今現在、右京の相棒を務めている人間として挨拶を交わす享。

一通りの挨拶を終えた尊は「馬に蹴られて男性が死亡した事件を御存知ですか?」と問うてきた。享の持っていた新聞に載っていた事もあり、右京は無論知っていたが、尊は鳳凰島という聞き慣れない島に行って事故について調べてきてほしいと言うのだ。

鳳凰島は、民間人が私有地として所有している島であり、そこには「民兵」と言う民間の自衛官達が訓練のためにそこで合宿のような生活を送っているが、そこで非合法兵器を製造していると言う噂が立っていたのだった。その非合法兵器とは生物兵器の事なのだが、そこには防衛省つまり自衛隊が絡んでおり、そこからのOBばかりが揃っており、更には警察と自衛隊には昔から複雑な因縁が絡んでいる事もあり、容易に手を出せない状況にあるとの事。

そこでいつも事件が起こると勝手に捜査に乗り出す特命係に捜査させるように享の父、峰秋からの密命を受けて特命係にまで来たことを一通り説明した尊は強制はしないとしながらも、八丈島経由の鳳凰島行きの二人分のチケットを置いて特命係を去っていった。残された二人は気が進まないと思いながらも、捜査する事を決め、実況見分と称して二人は島へと向かう事にした。

八丈島署の刑事の案内により、島に着いた二人は、民兵のリーダー格の神室司と挨拶をし、早速民兵の住む施設に案内してもらった右京達。早速捜査に乗り出した右京と享だが、調べていく内にこれは単なる事故ではなく殺人という事を悟った右京だが、そこから国防に関する政府や防衛省の大きく複雑な陰謀が絡んだ未曾有の事件に発展していく事になる事を右京達はまだ知らなかった。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

杉下 右京
演 - 水谷豊
警視庁特命係係長 警部。冷静沈着で風変わりな変人だが、ずば抜けて高い推理力・洞察力を持ち、権力に迎合することなく難事件を解決する。紅茶通でもあり、様々な知識や雑学を披露する時もある。
甲斐 享
演 - 成宮寛貴
警視庁特命係 巡査部長。元々は所轄の新米刑事だったが、ある事件を右京と共に解決した事がきっかけで右京に引き抜かれる形で特命係に異動した。以後、数々の事件を解決に導いている。
神戸 尊
演 - 及川光博
警察庁長官官房付[7]。元・特命係警部補。今回は右京と享を、警察庁が監視しているとある孤島(鳳凰島)に誘う。
甲斐 峯秋
演 - 石坂浩二
警察庁次長 警視監。甲斐享の父。
今回は特命係の二人に対し、尊を通して民兵達が訓練をこなしながら暮らす孤島(鳳凰島)に捜査に向かうよう仕向け、後に伊丹達、捜査一課も送り込む役割を担う。
伊丹 憲一
演 - 川原和久
警視庁捜査一課 巡査部長。三浦、芹沢ら“トリオ・ザ・捜一”リーダー格。
三浦 信輔
演 - 大谷亮介
警視庁捜査一課 巡査部長。“トリオ・ザ・捜一”最年長でトリオのなだめ役。
芹沢 慶二
演 - 山中崇史
警視庁捜査一課 巡査。“トリオ・ザ・捜一”。
角田 六郎
演 - 山西惇
警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課長 警視。「暇か?」と言って特命係の部屋で特命係のコーヒーを飲みながら油を売ったり、特命係に仕事を頼んだりしている。
米沢 守
演 - 六角精児
警視庁刑事部鑑識課 巡査部長。右京と馬が合い、特命係への捜査協力を惜しまない、特命係の強い味方。
大木 長十郎小松 真琴
演 - 志水正義久保田龍吉
警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課 巡査部長。
内村 完爾
演 - 片桐竜次
警視庁刑事部長 警視長。特命係を目の敵にする頑固者で面子を重視する。
中園 照生
演 - 小野了
警視庁刑事部参事官 警視正。内村の腰巾着。
大河内 春樹
演 - 神保悟志
警視庁警務部人事第一課首席監察官 警視正。尊とは旧知の仲で彼を気にかけている。
月本 幸子
演 - 鈴木杏樹
小料理屋「花の里」二代目女将。
笛吹 悦子
演 - 真飛聖
日本国際航空キャビンアテンダント。享の彼女。

ゲストキャラクター[編集]

神室 司
演 - 伊原剛志
元陸上自衛隊 普通科 三等陸佐。脚の負傷の後遺症で常に杖を付かないと、歩けない。
高野 志摩子
演 - 釈由美子
元陸上自衛隊 武器科 三等陸曹。民兵の紅一点。
岩代 純也
演 - 瀬川亮
元陸上自衛官で現在は即応予備自衛官。33歳。若狭産業に勤務している。鳳凰島で殺害(当初は馬に蹴られて死亡と報道)された。
丹波 元史
演 - 神尾佑
元陸上自衛隊 機甲科 陸曹長。
因幡 義典
演 - 金児憲史
元陸上自衛隊 衛生科 三等陸尉。
相模 太郎
演 - 渡邉紘平
元陸上自衛隊 化学科 二等陸曹。
三橋 謙
演 - 生島勇輝
元陸上自衛隊 普通科 陸士長。
柿沼 秀喜
演 - 中薗光博
元陸上自衛隊 普通科 陸士長。
桂浜 泰三
演 - 六平直政
八十島警察署の刑事。
綿貫 孝雄
演 - 風間トオル
防衛省防衛政策局 次長補。峰秋とは、エルドビア大使館以来の旧知の仲。
多賀 周治
演 - 渡辺大
陸上自衛隊 特殊作戦群。
栗山 朔太郎
演 - 吉田鋼太郎
参議院議員 防衛大臣政務官。
若狭 道彦
演 - 宅麻伸
若狭産業社長。

スタッフ[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

2014年10月8日発売。発売元はテレビ朝日、販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン。Blu-ray版は4K撮影マスターを使用した高画質仕様。

  • 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
      • 「相棒 -劇場版III-」のココがスゴイ
  • 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ 豪華版BOX(5枚組・初回完全限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と共通)
    • ディスク2:特典DVD1
      • Making of 「相棒 -劇場版III-」
    • ディスク3:特典DVD2
      • キャスト・インタビュー
    • ディスク4:特典DVD3
      • 製作報告会見
      • 列島横断! 完成披露上映会
      • TOKYOプレミアムイベント(レッドカーペットイベント / 舞台挨拶)
    • ディスク5:特典DVD4
      • 初日舞台挨拶
      • 大ヒット御礼舞台挨拶
      • PR映像集
    • 封入特典
      • 特製ブックレット
    • デジスタック一体型特製オリジナルケース仕様

相棒 -劇場版III- 序章[編集]

相棒 -劇場版III- 序章』(あいぼう げきじょうばん スリー じょしょう)は、映画公開前よりNTTドコモが展開するdビデオで、2014年3月29日から4月19日まで配信された携帯動画ドラマ。本作は右京と享が事件を解決していくのではなく、過去にトリオ・ザ・捜一が解決した事件の内容をその事件のファイルを読みながら解決までの過程を紐解いていく形となる。そのため2つの時系列を交互に展開していく形となり、右京達が調書を読んでいる時点では、『劇場版III』での事件の直後となる2013年初夏となり、トリオ・ザ・捜一が本作での事件を捜査している時点ではseason10とseason11の間の2012年6月に位置する。4月26日に公開された『劇場版III』に繋がるエピソードが明かされる[9]

キャスト(序章)[編集]

  • 杉下右京 - 水谷豊
  • 甲斐享 - 成宮寛貴
  • 伊丹憲一 - 川原和久
  • 三浦信輔 - 大谷亮介
  • 芹沢慶二 - 山中崇史
  • 角田六郎 - 山西惇
  • 米沢守 - 六角精児
  • 内村完爾 - 片桐竜次
  • 中園照生 - 小野了
  • 梶山祥夫 - 東根作寿英
  • 梶山夏実 - 森脇英理子
  • 井上浩和 - 寺十吾
  • 松坂忠義 - 嶋田久作
  • 高野志摩子 - 釈由美子
  • 綿貫孝雄 - 風間トオル

スタッフ(序章)[編集]

  • 監督 - 近藤俊明
  • 脚本 - 戸田山雅司
  • 音楽 - 池頼広
  • ゼネラルプロデューサー - 松本基弘
  • プロデューサー - 伊東仁西平敦郎土田真通
  • 撮影 - 笹村彰
  • 美術 - 伊藤茂
  • 編集 - 只野信也
  • 照明 - 中島淳司
  • VE - 澤野晃
  • 選曲 - 辻田昇司
  • MA - 藤沢信介
  • 持道具 - 榊さくら
  • ヘアメイク - 山北真佐美
  • 褐演 - 船越幹雄
  • 助監督 - 小波津靖
  • 車輛 - ストロングワーク
  • 制作デスク - 橋本憲
  • 録音 - 今井善孝
  • スクリプター - 広川貴美子
  • 音響効果 - 渡邊基
  • EED - 横田勇一
  • セット付 - 望月寿久
  • スタイリスト - 斎藤真喜子
  • プログラミング - 高山元勝
  • ロケハン担当 - 松原剛
  • 制作担当 - 青木啓二
  • ラインプロデューサー - 今村勝範
  • 装飾 - 山本信毅
  • 衣装 - 村上晶子
  • 殺陣 - 二家本辰己
  • スチール - 阿部昌弘
  • 劇用車 - インペリアル
  • 宣伝 - 西尾浩太郎
  • 編成 - 尾木晴佳
  • コンテツビジネス - 白倉由紀子
  • ホームページ - 越沼真理子
  • BeeTV制作 - 柳﨑芳夫、三宅裕士、内部健太郎、原祐樹
  • BeeTV編成 - 森下正樹、佐藤修弘
  • BeeTV宣伝 - 佃田淳、大井奈津子、米澤孝浩
  • 協力 - アップサイド、紀和美建、東京美工、高津装飾美術、東京衣装、WEST RURIE、東映ラポ・テック、東映デジタルラボ
  • 制作協力 - BeeTV
  • 制作著作 - テレビ朝日、東映

配信日程[編集]

話数 配信日 サブタイトル
第1話 2014年3月29日 密室
第2話 4月05日 謎の女
第3話 4月12日 隠蔽
第4話 4月19日 真相

地上波での放送日程[編集]

放送局 放送日程[10]
朝日放送 4月22日 16:00 - 16:56
九州朝日放送 4月28日 15:58 - 16:54
福島放送 4月29日 13:05 - 14:00
琉球朝日放送 5月02日 16:00 - 16:56
広島ホームテレビ 5月03日 9:30 - 10:30
テレビ朝日 5月03日 16:25 - 17:25
静岡朝日テレビ 5月05日 13:05 - 14:00
山形テレビ 5月06日 15:00 - 15:56
青森朝日放送 5月09日 15:55 - 16:53
長野朝日放送 5月17日 14:25 - 15:25
瀬戸内海放送 5月26日 15:45 - 16:45

脚注[編集]

外部リンク[編集]