勝目梓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勝目 梓(かつめ あずさ、男性、1932年6月20日 - )は、日本の小説家

東京生まれ。幼い頃両親が離婚し、母とともに九州に渡る。鹿児島県立伊集院高等学校中退。長崎で炭鉱夫として働き、労組の責任者となるが闘争に敗れて退職。ほか養鶏業、自動車教習所教員など、さまざまな職を転々とし、三年間の結核療養ののち作家を目指す。1962年、初めて書いた小説で文學界新人賞に応募、一次予選通過。愛人を作ること三度、64年、愛人とともに上京、運送会社の運転手として働きながら、『文藝首都』同人となり、翌年、19歳で入会してきた中上健次を知り、中上の才能に打ちのめされる。1966年、34歳で、同誌の推薦作「玩具の花」を『新潮』に発表。1967年、「マイ・カアニヴァル」(『文藝首都』)で上半期芥川賞候補、1968年、「遠景」を『文學界』に、1969年、「花を掲げて」を同誌に発表、直木賞候補となるが、芽が出なかった。70年、森敦と出会い、毎朝激励の電話を受けるなどして文学について教わった結果、娯楽小説に転じる決意をする。1974年、42歳の時に「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞、1975年から官能小説を中間小説誌に発表するようになり、1977年、45歳で、初の単行本『マン・フラワー号のハント旅行』(グリーンアロー・ブックス) を刊行、1978年、五冊目の単行本『獣たちの熱い眠り』がベストセラーになり、以後、主としてバイオレンス官能作家として、今日まで300冊近い著作を出している。1981年、日本文芸大賞受賞。

俳人でもあり、句会を20年以上にわたって主宰し、「一煙」の俳号をもつ。「鷹羽狩行集」(1986年)に長文の解説を掲載しており、2004年の『俳句の森を散歩する』は、46人の俳人をとりあげて精細に論じている。

上京後、高瀬千図と恋愛関係に入り、高瀬は二女を産むが、勝目が流行作家となってようやく妻との離婚が成立、結婚。しかし高瀬が作家デビューしてのち、協議離婚。

初期の作品「玩具の花」「寝台の方舟」は、1983年の『寝台の方舟』で初めて単行本となった。2006年、『小説家』、2007年、『老醜の記』で初めて私小説に手を染め、純文学を諦めて量産作家となった屈折を明らかにした。

日本推理作家協会賞選考委員。

主な作品[編集]

  • 夜を真昼に 双葉社 1978 のち徳間文庫
  • 獣たちの熱い眠り 徳間書店 1978 のち文庫、講談社文庫
  • 処刑台の昏き祭り 徳間書店 1979 のち文庫、「昏き処刑台」講談社文庫
  • 欲望の密室 実業之日本社 1979 のち角川文庫
  • 夜の牙 日刊スポーツ出版社 1979 のち徳間文庫
  • 人喰い花 青樹社 1980 のち徳間文庫
  • いつも雑踏の中にいた 文化出版局 1981 のち集英社文庫
  • コードネームは紅い薔薇 有楽出版社 1983 のち光文社文庫
  • 寝台の方舟 講談社 1983 のち文庫
  • 天使たちの肖像 文藝春秋 1985 のち文庫
  • ボクサー 渡嘉敷勝男にみる「男」の研究 実業之日本社 1987 のち集英社文庫
  • 抱擁 白水社 1990 (物語の王国)
  • 俳句の森を散歩する 小学館 2004
  • 棘 文藝春秋、2004 のち文庫 
  • 小説家 講談社 2006
  • 老醜の記 文藝春秋 2007