バロー・ギャングBC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バロー・ギャングBC
Barrow Gang BC
監督 和泉聖治
脚本 橋本以蔵
製作 稲垣博司
増田久雄
製作総指揮 小澤敏雄
出演者 薬丸裕英
本木雅弘
布川敏和
音楽 羽田健太郎
主題歌 シブがき隊「DJ in My Life」
撮影 杉村博章
編集 大島ともよ
製作会社 CBSソニーグループ
配給 東映クラッシックフィルム
公開 日本の旗 1985年4月27日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1.6億円[1]
テンプレートを表示

バロー・ギャングBC』(バロー・ギャングビーシ―)は、1985年に公開されたシブがき隊主演映画第3弾。監督は和泉聖治CBSソニーグループ製作、東映クラッシックフィルム配給[2]

この後、本格的に映画製作に参入するソニー・ミュージックエンタテインメントグループ製作映画第1弾[2][3]。  

ストーリー[編集]

先輩から海賊放送バローギャングを引き継いだ浩(ヤックン)、一郎(フックン)、駿(モックン)の三人。オンエア中に電波法違反を捜査していた刑事・伊坂(伊東四朗)に乗り込まれ、逃げ込んだライブハウスで駿の友達のサツキ(網浜直子)に助けられる。三人はスクーターを売り払ってワゴンを買い、ワゴンからオンエアすることになった。サツキもバローギャングの一員に加わる。

バローギャングは若者の人気を呼び、町中にリクエストやメッセージが集められた。その中の一通に2000人の高校生を集め、ダンスフェスティバルを開きたいという投書があった。投書の主・松本と四人は出会い、バローギャングはダンスフェス開催に協力することになった。放送でダンスフェス参加を呼びかけるバローギャングだが、三人の通ってる高校ではダンスフェスへの参加が禁止され、参加したものは停学になると言う。そこで一郎は放送室に閉じこもり、ダンスフェス開催を訴える。

ダンスフェス当日、三人は会場に行く途中にサツキを迎えに行く。そこへ以前からサツキにつきまとっていた暴走族のリーダー、ジョニー(決して外人ではない)が仲間を連れてやってきて、サツキを連れ去ってしまう。三人はバローギャングカーで追跡、埠頭に追い詰める。駿とジョニーの対決となるが、ピンチになりながらも駿はジョニーを倒した。そこへ刑事・伊坂が現れる。しかし彼は四人にこれでバローギャングをやめることを約束させると彼は去って行った。

四人のワゴンがフェスの会場に到着、2000人の歓声が聞こえてきた。ダンスフェスは青春のメモリアルに満ちあふれていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌:シブがき隊「DJ in My Life」(発売元:CBSソニー
  • 挿入曲:シブがき隊「Farewell バロー・ギャング」

脚注[編集]

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1986年昭和61年)2月下旬号、キネマ旬報社、1986年、 127頁。
  2. ^ a b バロー・ギャングBC”. 日本映画製作者連盟. 2020年1月16日閲覧。
  3. ^ 「V.D. HOT NET WORK 今やビデオ会社は日本映画の重要な供給源」『キネマ旬報別冊 Video days(ビデオデイズ) 創刊2号』1988年1月号、キネマ旬報社、 8頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]