魚からダイオキシン!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魚からダイオキシン!!』(さかなからダイオキシン)は、1992年日本映画。歌手の内田裕也が主演・企画・脚本を手掛けた映画で、これまた歌手の宇崎竜童がメガホンを撮った異色作品である。1979年若松孝二監督作『餌食』をアレンジしたリメイク映画でもある。

東京都都知事選挙に関する映像は、内田が実際に1991年東京都知事選挙に出馬した時のものを使用している。

あらすじ[編集]

しがない中年のロックンローラーYUYAは、都知事選に立候補するもあえなく落選。仕方なくニューヨークへ行くが、旅先で知り合ったクルド人のミュージシャンに衝撃と感銘を受け、帰国する。日本に紹介しようとかつての仲間だったNAKANEに売り込むが、以前とは違い今や大物になって業界を牛耳る存在にまでなった彼には、YUYAは目障りな存在でしかなく、かつての恋人アサミはクスリ漬けにされ、ヘロインを横流しさせていた。その事実を知ったYUYAは激しい怒りと失望を覚える。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]