ポップ対歌謡曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産ミュージック・ギャラリー
ポップ対歌謡曲
Asahi-Broadcasting-Corp-hq-01.jpg
生放送が行われた日産大阪ギャラリーが入居してた朝日放送本社
(現在は解体)
ジャンル 音楽バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1967年4月-1995年9月
放送時間 平日 13:30~14:00
放送局 朝日放送ラジオ(ABCラジオ)
出演 タレント・落語家(日替わり)
テーマ曲 世界の恋人
提供 日産自動車
テンプレートを表示

ポップ対歌謡曲(ポップたいかようきょく)とは朝日放送ラジオ(ABCラジオ)1967年4月から1995年9月に放送されていたラジオ番組である。放送時間は平日の13:30-14:00。

概要[編集]

提供は日産自動車である。放送も日産大阪ギャラリー(当時の朝日放送本社1階に所在、大阪市大淀区のち北区大淀南)からの公開生放送で、正式タイトルも「日産ミュージック・ギャラリー ポップ対歌謡曲」となっている。

内容は、タレント2組が「ポップ(洋楽)側」「歌謡曲(邦楽)側」に分かれ、各陣営に寄せられたリクエストはがきを紹介してクイズで対戦し、正解した方のリクエスト曲がかかるというもの。クイズは4問(番組終了前数年間のみ3問)で原則司会者から出題されるが、ラスト一題は駆け出しの若手芸人や落語家の弟子が、体を張って調査したナンセンスなデータの近似値クイズを出題することがあった。出演者たちのアドリブの応酬が激しく、リクエスト曲が数秒しかかからない[1]という事態は日常茶飯事であったが、聴取者からの支持は厚く、関西地区のラジオ聴取率調査では、23期連続(11年半)に亘って、ベスト10入りを果たした[2]

本番組終了後の後番組は、同じ日産自動車提供による『妹尾和夫のニッサンおじゃマップKANSAI!』[3]

出演者[編集]

若き日の明石家さんま島田紳助が、上岡龍太郎の司会の下で戦っていたこともあったほか、吾妻ひな子桂枝雀、桂三枝(現・六代目桂文枝)、笑福亭鶴光笑福亭鶴瓶藤本義一横山やすし横山ノック、桂朝丸(現・二代目桂ざこば)、中村鋭一なども出演するなど、1970年代から1980年代の関西のお笑いタレントが殆どこの番組には出演。司会は大久保怜、初代森乃福郎キダ・タローらが務めた。

1967年11月ごろ[4]
1975年[5]
  • 月:笑福亭仁鶴
  • 火:上岡龍太郎
  • 水:山本竜二(1975年3月まで)→ 森乃福郎(1975年4月から)
  • 木:桂三枝(1975年4月からは土曜日へ)→ 四代目林家小染(1975年4月から)
  • 金:大久保怜
  • 土:森乃福郎(1975年4月からは水曜日へ)→ 桂三枝(1975年4月から)
1976年~1977年[6]
1981年[7]
1982年~1983年[8]
  • 月:上岡龍太郎、島田紳助・松本竜介、明石家さんま、桂雀々(レポーター)
  • 火:桂文珍、西川のりお・上方よしお、笑福亭鶴瓶(1983年3月まで)→ 桂文珍、西川のりお・上方よしお、海原さおり・しおり(1983年4月から)
  • 水:笑福亭仁鶴、月亭八方、海原小浜
  • 木:板東英二、オール阪神・巨人、海原さおり・しおり(1983年3月まで)→ 板東英二、太平サブロー・シロー今いくよ・くるよ(1983年4月から)
  • 金:大久保怜、ゲスト、ゲスト
  • 土:桂春蝶、桂朝丸、春やすこ・けいこ(1983年3月まで)→ 桂春蝶、桂朝丸、町野あかり(1983年4月から)
1986年[9]
  • 月:キダ・タロー、太平サブロー・シロー、西川のりお・上方よしお
  • 火:笑福亭仁鶴、横山ノック、海原小浜
  • 水:桂文珍、桂べかこ、月亭八方
  • 木:笑福亭鶴光、MAKOTO、桂雀々
  • 金:鏡宏一、ゲスト
  • 土:桂春蝶、桂朝丸、オール阪神・巨人
1987年~1989年3月[10][11][12][13]
1989年4月~1991年3月[14][15][16][17]
1991年4月~1993年3月[18][19][20][21]
1993年4月~1995年9月[22][23][24][25][26]
  • 月:西川のりお、小高紀子、若井小づえ・みどり(1993年9月まで) → 村上ショージ、小高紀子、若井小づえ・みどり(1993年10月~1994年9月) → 宮川大助、前田五郎亀山房代(1994年10月~1995年9月)
  • 火:桂雀々、桂ざこば、桂九雀(1994年9月まで) → 桂南光笑福亭松葉、桂雀々(1994年10月~1995年9月)
  • 水:遙洋子、桂小枝、キダ・タロー(1994年9月まで) → 亀山忍、桂小枝、キダ・タロー(1994年10月~1995年3月) → 神吉宏充、桂小枝、キダ・タロー(1995年4月~1995年9月)
  • 木:新野新、DE-JA、中田カウス・ボタン(1993年9月まで) → ぼんちおさむ、DE-JA、中田カウス・ボタン(1993年10月~1994年3月) → 羽川英樹鈴木美智子トゥナイト(1994年4月~1995年9月)
  • 金:ハイヒールリンゴ、非常階段、大木こだま・ひびき(1993年9月まで) → ハイヒールリンゴ、大木こだま・ひびき、坂田利夫(1993年10月~1995年9月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、解答者がゲスト歌手の時に、稀にリクエスト曲が本人の楽曲の場合ワンコーラスかかる場合があった。
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年6月号「中波四十七局 全国行脚記録帳 ABC朝日放送の巻」(p.83 - 90)
  3. ^ ラジオ新番組速報版 1995年秋号 p.74 - 75
  4. ^ 朝日新聞関西版マイクロフィルム 1967年11月号より
  5. ^ 季刊ランラジオ(自由国民社)1975年1月号 p.16(朝日放送番組表)、1975年6月号 p.46(朝日放送番組表)より
  6. ^ 季刊ランラジオ 1976年5月号 p.54(朝日放送番組表)、1976年11月号 p.46(朝日放送番組表)、1977年5月号 p.48(朝日放送番組表)より
  7. ^ 月刊ラジオマガジン 1981年6月号 p.79(朝日放送番組表)、季刊ランラジオ 1981年11月号 p.62(朝日放送番組表)
  8. ^ 月刊ラジオマガジン 1982年8月号 p.161(朝日放送番組表)、1982年12月号 p.161(朝日放送番組表)、1983年12月号 p.161(朝日放送番組表)
  9. ^ ラジオ新番組速報版春号(三才ブックス、ラジオマニア2016(三才ブックス)p.165再掲載)より
  10. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス) 1987年春号 p.120 - 121
  11. ^ ラジオ新番組速報版 1987年秋号 p.120 - 121
  12. ^ ラジオ新番組速報版 1988年春号 p.122 - 123
  13. ^ ラジオ新番組速報版 1988年秋号 p.130 - 131
  14. ^ ラジオ新番組速報版 1989年春号 p.142 - 143
  15. ^ ラジオ新番組速報版 1989年秋号 p.136 - 137
  16. ^ ラジオ新番組速報版 1990年春号 p.136 - 137
  17. ^ ラジオ新番組速報版 1990年秋号 p.136 - 137
  18. ^ ラジオ新番組速報版 1991年春号 p.78 - 79
  19. ^ ラジオ新番組速報版 1991年秋号 p.78 - 79
  20. ^ ラジオ新番組速報版 1992年春号 p.74 - 75
  21. ^ ラジオ新番組速報版 1992年秋号 p.74 - 75
  22. ^ ラジオ新番組速報版 1993年春号 p.74 - 75
  23. ^ ラジオ新番組速報版 1993年秋号 p.74 - 75
  24. ^ ラジオ新番組速報版 1994年春号 p.74 - 75
  25. ^ ラジオ新番組速報版 1994年秋号 p.74 - 75
  26. ^ ラジオ新番組速報版 1995年春号 p.74 - 75