野中和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野中和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1944-01-01) 1944年1月1日(73歳)
身長 159cm
体重 55kg(現役時)
血液型 O型
競艇選手情報
所属 大阪支部
登録番号 2291
登録期 27期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1969年3月24日
選手引退日 2009年12月10日
記念優勝  56 回
SG優勝  17 回
GI優勝  39 回
GII優勝   1 回
GIII優勝   4 回
一般戦優勝  71 回
通算優勝 132 回
通算勝率  7.50
通算勝利 出走6501回 2574勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

野中 和夫(のなか かずお、1944年1月1日[1][2] - )は、大阪府堺市出身[2]の元ボートレーサー
通称「モンスター[3]

来歴[編集]

1944年1月1日、大阪府堺市に生まれる[2]
日本電気技術専門学校(現・日本理工情報専門学校)卒業。競艇選手になる前は3年間、菱電サービス(現三菱電機ビルテクノサービス)のエレベーター技師として働いていた経験もある[4]。また、空手選手としても有名であった(1966年 全国空手道選手権大会 男子組手3位)。野中は長期出張が増える中で空手との両立に悩み、菱電サービスを退職して大阪の自動車修理工場に勤務するようになる[4]

横山やすしの誘いで[編集]

横山やすしとは、堺市立旭中学校時代の同級生でもあり、大の親友。「野中」「雄二(本名)」と呼び合っていた[† 1]。また、後にやすしが所属する阪田エージェンシーの社長で住職の阪田教揮とも親友。野中は横山に誘われて当時山梨県本栖湖にあった競艇選手養成所の試験をともに受験した。その結果、横山は強度の近視のため不合格となったが野中は合格した[5]

競艇選手として[編集]

1969年3月24日住之江競艇場でデビュー。その競走に横山やすしも応援に駆けつけ競走後に抱きしめた。これまでにSG17勝(史上最多)を挙げ、1995年には当時6つあったSG競走を全て制覇する「グランドスラム」を達成。翌1996年には新設されたSG・オーシャンカップ競走も制覇して7冠グランドスラマーとなった。しかしながら笹川良一会長が死去した1990年代後半あたりからは衰えが目立ち、また若手選手へのレース中の暴行疑惑が問題化するなどトラブルメーカーとしても知られていた。

2005年3月より、競艇選手の団体組織である社団法人日本モーターボート選手会の会長に就任する。レースには2月の戸田競艇場でのレースを最後に出場していない。日本モーターボート選手会の会長を2009年までの4年間努める。

2009年11月18日、年齢的な問題(2009年で65歳)から「まだ走りたい気持ちはあるが減量が利かない体になってきた」との理由で、福岡競艇場でのトークショーに出演している際に引退を表明した[† 2]。同年12月19日に住之江競艇場で行われる賞金王決定戦の期間中に引退セレモニーを行い、それに先立ち12月10日に選手登録を返上した。

引退時のコメント「自分の人生は、本当に競艇一筋のものでした。故横山やすし氏から「俺の代わりに競艇選手になってくれ」と言われて競艇選手になったのがきっかけですが、故笹川良一前会長をはじめ、住之江競艇場の関係者の皆様には殊のほか面倒をみていただき、また、全国のお客様から長きにわたり、いつも熱いご支援をいただいたことが、一競艇選手としての誇りであり心の支えであったと思います。

選手として引退はしますが、これからはこれまで私を支えていただいた全国のお客様や関係者の方々に感謝の気持ちを伝えていきながら、選手の立場を離れて別の視点からより多くの人に競艇の様々な魅力を伝えていきたいと考えております。これまでの暖かいご声援、誠にありがとうございました。」[† 3]

2010年(平成22年)、ボートレースの殿堂入りを果たした。[† 4]

「モンスター」と言う名前の由来[編集]

期間最高勝率9.53(当時は現在のようなSGレースで2点増し及びG1レースの1点増しがなく、SGのみ1点増しであった)や、SG競走の制覇記録17など数多くの記録を打ちたて未だ破られていないことから「モンスター」と呼ばれていた。また、酒を好み横山と二人で銀座や新宿で酒を大量に飲む姿も、「モンスター」と呼ばれる由縁である。また、クラブのボーイに車の鍵を渡し車をプレゼントしたと言う豪快な一面を持つ。

エピソード[編集]

  • 「勝負師」と呼ばれることを極力嫌う。「俺は勝負師やない、勝ち師や。勝負師とは勝ったり負けたりする人のことやから、俺は勝つことしか考えとらん。」との理由から、自らを「勝ち師」であると称した。
  • ヒゲがトレードマーク。
  • 野中は酒と女性を好み生涯女性を絶やす事無く、ピーク時には7人の女性と交際をしていたと言われる。

主なタイトル[編集]

SG[編集]

なおチャレンジカップ競走1998年新設)、賞金王シリーズ戦1997年のSG昇格以後)は未勝利である。

通算成績[編集]

  • 出走回数:6501 SG優勝回数:17回(歴代最多) GI優勝回数:39回 1着回数:2574回 生涯獲得賞金:18億5537万1637円
  • 賞金王(年間最多賞金獲得選手)7回、年間最多優勝回数16回は、いずれも歴代最多。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ やすしの告別式では、友人代表として、涙ながら「雄二よ、今度俺がそっちへ来たら、お前と一緒に(競艇で)走ろう!その時は古いエンジンも持って来たる!」と弔辞を読んだ。
  2. ^ モンスター野中…トークショーで引退表明! - スポニチAnnex・2009年11月19日
  3. ^ BOAT RACE オフィシャル WEB 野中和夫選手 引退のお知らせについて
  4. ^ ボートレース大村 六十周年記念

  5.^野中は陰部が異常に大きく多くの女性から「モンスター」と呼ばれていた。

出典[編集]

  1. ^ 蛭子能収『競艇入門』、ポケットブック社、1992年11月、P158。
  2. ^ a b c 木村1992、279頁。
  3. ^ 木村1992、270頁。
  4. ^ a b 木村1992、280頁。
  5. ^ 木村1992、280-281頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]